プロミスでキャッシングをする前に押さえておきたい点は?

プロミスは消費者金融の中でもサービス面が一番優れているという声がよく聞かれます。三井住友銀行グループの傘下に入っているのでお金を借りる時の不安もありません。キャッシングをするならプロミスを選ぶという人も多いですが、利用する前に押さえておきたい点もあるので見ていきましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。年収によって多額の借り入れが出来ない事もあるので利用する前に押さえておく必要があります。

またプロミスは毎月1回以上の収入を得ている事が利用条件となっています。該当していないと審査が否決になってしまうので利用する前に押さえておきましょう。

キャッシングのお得な借り方について

キャッシングをしたことがある方もない方も朗報があります。キャッシングを行うにあたり、どうしても金利や遺族と言うものが付き物ではありますが、それを少しでも相殺できるようなお得なキャンペーンやお得なキャッシングの方法があることをご存知でしょうか?

1つは消費者金融が行っているキャンペーンで、「初めての利用の方は最大で90日間金利がかからない」と言うキャンペンを行っている消費者金融からキャッシングを申し込むと言うことが良いとされています。他社でいつでも利用履歴があっても、初めて利用する消費者金融では金利がかからずに借りることができるのです。

そしてもう一つは、消費者金融がポイントサイトなどに広告を載せている場合があり、そのポイントサイトをつたって利用するとポイントがキャッシュバックされると言うキャンペーンを行っています。

私はその方法で3000円分のポイントがキャッシュバックされました。金利がかからずにかつお得に利用するのであればこの2つの方法をぜひ行っていただきたいと思います。

J.Score(ジェイスコア)のスコアレンディングの魅力

スコアレンディングの魅力はAIスコアにより年率・限度額が決まることで、自分にとって最適な借り方が見つかります。J.Score(ジェイスコア)が提供するサービスで、利用者の夢をサポートするために誕生しました。年率は0.9%~12.0%と低く、限度額は10万円~1000万円です。消費者金融で10万円を借りると18.0%の金利になることが多いので、少なくとも6.0%も低金利で借入できるのです。

AIスコアはJ.Scoreの公式サイトで無料診断すればわかりますし、デモスコア体験も用意されています。借入はパソコンやスマホでネット完結できるので、すぐにお金を調達したい場合で有利です。AIスコアがアップすればより好待遇で借入できる可能性があるので、現在の自分にマッチングした利用が実現します。

アイフルのおまとめMAXの特徴や商品概要は

アイフルでは同社のキャッシングサービスの利用経験があり、他社からも借り入れをしている人に対して債務を一本化して返済負担の軽減ができるおまとめMAXというおまとめローンの取り扱いがあります。おまとめMAXの概要や特徴を確認しましょう。

まず貸付条件ですが2018年9月4日時点で融資限度額が最高で800万円まで実質年率が3.0%から17.5%となっています。なおこの商品は貸金業法に基づくおまとめローン商品に該当するため、借入総額が年収の3分の1を超えていても利用できます(総量規制対象外)。

申込方法はアイフルの店舗に来店して相談しながら契約できる他、専用のフリーダイヤルで電話から問い合わせをすることも可能となっています。

金利の低さで選ぶならジェイスコア

少しでも低い金利でお金を借りたいと考えるのであれば、J.Score(ジェイスコア)がおすすめです。ジェイスコアは年率0.8%から12.0%と、銀行系のカードローンよりも更に低い金利が採用されています。

そのため、利息は少しでも少ない方が良い、お得にお金を借りたいと考えるのであればジェイスコアを選んでおいて損がありません。

そんなジェイスコアでは、いくつかの質問に答えることで適用される金利や可能な限度額の上限などを事前に知ることができます。そのため、本当に低い金利で借りることができるかなどの不安を感じず、申込み手続きができると人気になっています。

そんなジェイスコアの金利に興味を持っているのであれば、アカウント作成から始めてみると良いでしょう。

カードローンとはどのようなものか

一言にカードローンといっても具体的にどんなサービスであるのか、と言うことを明確に理解している人というのはそんなに多くないです。では、どのような物であるのか、と言うことですが簡単にいえば決められた限度額までを何度も繰り返し借りる事ができるサービス、と言うことになります。当然、金融サービスです。

例えばカードローンのカードを発行してもらうときに貴方にはいくら万円まで貸すことができます、と言うことが決められます。その範囲内であれば借りて、そして返すということを繰り返す事ができるようになっていますから、いざと言う時にお金をすぐに工面する事が容易になるサービスである、と言えるわけです。これがよい点といえるでしょう。

キャッシングは人間社会に必要なシステムだから存続している

だいぶ以前に格言めいた本を読んでいたら、借金をして奢るタイプの人と付き合ってはいけないと書かれていて、そんなものかなと思ったことがありました。覚えているということは、どこかで意識している言葉だということです。

しかし、それがいざ自分の番になると、格言の通りには行かないものだということも経験しました。急速に親しくなった彼女からせがまれてた夏の旅行計画。先立つものが足りないのでペンディングにしようか迷いました。

断腸の思い出それをすれば間違いなく彼女は去る。悩みに悩んで格言の教えを翻し、キャッシングの審査を申し込むと、即日振り込んでもらえました。すると気持ちにゆとりが出来、もちろん彼女を旅行に連れて行きました。今は上手くいっています。

キャッシングという社会システムが存在するのは、人間に必要だからです。ありがたいものだと思います。

三井住友銀行のカードローンの申し込みと承認

私は以前、三井住友銀行のカードローンの申請とその承認を受けましたが、その時の事をお話しします。まず、私は、インターネットで、三井住友銀行がカードローンの利用の募集をしているのを知りまして、申込をすることにしました。

パソコンの画面から、必要事項を記入いたしまして、申込をしました。すると、翌日、三井住友銀行から連絡がありまして、もう少し、詳しい内容を知りたいとのことでありました。

それと、申込額が、100万円以上でありましたので、所得証明書の代わりになるようなものがないか、尋ねてきました。そこで、私は、行っている事業の請求書のコピーをファックスで送ることにしました。ファックスを受け取った三井住友銀行に職員は、これでOKであると言いまして。

その後、カードローンの借り入れの承認が下りました。私は、喜びまして、そのカードローンのカードが家に届きますと、早速、利用させてもらいました。

アコムとは一番大きい

消費者金融の中で最も大きいとされているのがアコムです。ある意味で老舗であるといえます。しかし、最近では銀行との提携なども行っているので単体としての消費者金融ではないともいえるようになってきてしまっているのですが、それでも色々とメリットがあるところではあります。

無利息期間などもしっかりとありますから、お金を借りる先としてはなかなかお勧めできる要素があるといえのは間違いない部分になりますから、それは覚えておくとよいでしょう。何処で借りるべきであるのか、というのは金利などから考えることです。アコムの場合は決して際立ってよいというわけではないのですが、それでも問題ないレベルではありますから、心配することはないでしょう。

アコムカードの乗り換えに挑戦

国内の大手消費者金融の中で知名度が高いのはアコムですが、三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているので、大手企業ならではの安心感が魅力的ですね。

 筆者がアコムと初めて契約したのは、去年の2月で発行したカードはショッピングにも使える「ACマスターカード」でした。

 カードを発行してから間もなくは、ショッピングにも使えて便利かなと思いましたが、筆者はクレジットカードでショッピングする時はポイントも稼ぐことをモットーにしているため、次第にそのカードは使わなくなりました。

 なぜならば、ショッピングを利用してもポイントが付かない点に嫌気が刺してしまったからです。それが主な理由で、そのカードを先月に解約したばかりです。

 ですが、アコムカードの魅力は、1000円単位で融資を受けることができる点ではないでしょうか。例えば、急にお金を使う用事ができた場合はとても役に立ちます。

 それはさておき、「ACマスターカード」を解約してから、直ぐに「ローンカード」に乗り換えられるのか、検証の意味でポイントサイトを通して申し込みました。

 先ずは、インターネットからWEBで申請をしました。その後間もなくACセンターから連絡が来たので、その後の手続きは翌日に自動契約機に行きその後の手続きを進めました。

 コンタクトセンターとやり取りしている時に聞かれたことは、カードを発行する目的と身近にいる家族の名前を尋ねられたりしました。その他には、免許書・銀行のキャッシュカード・収入証明書の提示と、顔認証が主な内容でした。

 手続きの段階でコンタクトセンターからは、混み合っているので審査にやや時間が掛かりますと言われましたが、審査に要した時間は正味30~40分程度でした。

 コンタクトセンターとやり取りしている時に、以前にACマスターカードを契約していた歴がありますよねと言われたので、以外と審査はスムーズに進みました。

 そして、自動契約機のメリットは、WEB申込でありがちな入力ミスをその場で直せるのです。

 ちなみに、筆者は恥ずかしいながらも氏名のふりがなの入力を間違えていたことに気づきました。

 WEBは、自宅に居ながらでも手続きができるので便利ではありますが、万が一入力ミスがあったりすると、審査に多くの時間を要したりするのです。また、申込みの時に添付する身分証明書などの写りが不鮮明なため審査に時間が掛かってしまうデメリットもあるのです。

 ちなみに、ACマスターカードを解約してから短期間のカードの乗り換えは問題がありませんでした。 

変化を見せる主婦の実態とは

主婦でもキャッシングができることについては、多くの人の共通認識になっているでしょう。ご主人様の了解があれば、なおさら融資を受ける可能性が増しますが、ない場合でもキャッシングを受けることは可能です。

ネット上では、「主婦でもオッケー」などという謳い文句が多く見られます。キャッシングをサービスとして行う消費者金融業者やクレジットカード会社などにとっては、大切な顧客といえるのではないでしょうか。最近では、主婦の多くがパートやアルバイト、内職などをしているケースが多く、ある程度の小遣いを持っているのです。昔のようにご主人様の収入だけが頼りというような状況ではありません。少しでも収入があることで、キャッシングをすることにも積極的になる主婦が増えています。

カードローンでお小遣稼ぎができる

例えばゲンダマというポイントサイトがあります。最近はそれらのサイトでカードローンを契約すると、3000~10000円ほどのポイントがもらえる案件が載っています。セントラルという消費者金融なら最大30日間の無利息サービスがあるので、お金を借りる必要のない方でもお小遣稼ぎができるのです。

先程のセントラルなら現在約10000ポイントもらえ、もちろんポイントは現金に交換できます。つまりセントラルで5万円ほど借りて即効で返済すれば、無利息なのでお小遣稼ぎができるというわけです。

今やカードローンの一つや二つ契約するのは当たり前の世の中ですから、このようなお小遣稼ぎもアリなのです。またいざという時のために1枚くらいローンカードを持っておいても良いでしょう。

キャッシングは総量規制対象外となることも

キャッシングというサービスは消費者金融系と銀行系があります。銀行の場合はカードローンなどと呼ばれることもありますが要するにお金を貸してもらうサービスであることには違いはないです。担保なし、保証人なし、と言う形になります。この貸付金に関しての規制としてあるのが総量規制です。

しかし、これは貸金業法によって課せられていることであり、あくまで消費者金融のみに適用されることになります。総量規制とは年収の三分の一を超える金額を貸せない、というものになっています。ですが、キャッシング業者でもこれが対象外になるパターンがあります。その一つがおまとめローンであり、この場合は総量規制が適用除外となりますので覚えておきましょう。

主婦がキャッシングを使う時に注意しておくべき事とは

キャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、いくつかのポイントを押さえておく事が大切です。一般的にキャッシングの利用には、申込みをして審査を通過する必要があります。申込み方法は自動契約機やWeb申込みなどが用意されていますので、本人確認書類の提出と申込み内容の入力を的確に行います。また、消費者金融会社では一定の収入がある者というように利用条件を設定していますので、主婦の場合、正社員やパートやアルバイトをしていれば、この利用条件をクリア出来る可能性が高まります。

年齢条件も確認が必要であり、満20歳以上満70歳未満などという条件をクリアしている必要があります。審査では過去にどのような借り入れをしたのかがチェックされる事があります。他の融資サービスを使っていて期日までに確実に返済していれば問題はありません。

モビットのキャッシングでお金を借りるメリット

モビットでお金を借りるメリットとしては、業者の安心感があります。モビットは大手金融機関の傘下で貸金業を営んでいる会社なので得体のしれない怪しげな業者とは違い、安心してキャッシングを利用することができるのです。また、モビットでは対応の素早さに定評があり、キャッシングの申し込みから実際に融資が実行されるまでに時間が非常に早いのが特徴になっています。

そのため、すぐにでもお金が必要だというときでもモビットのキャッシングなら申し込みをした当日中に融資を受けることができるので、予定外の出費にも慌てずにお金の工面をすることができます。これからキャッシングの利用をしてみようとお考えの方は、モビットのキャッシングに申し込むことをおすすめします。

プロミスのカードローンをWEB完結で契約するメリット

大手消費者金融のプロミスのカードローンは、店頭窓口や無人契約コーナーへ来店して契約手続きができるほか、店舗への来店が一切不要で契約ができるWEB完結という方法で契約することも可能です。プロミスのカードローンをWEB完結で契約するメリットについて解説をしていきます。

・すぐに契約ができる

プロミスのカードローンはインターネットから申し込みをした場合には最短で30分で審査が完了します。審査完了後に来店不要で速やかに契約ができますし、来店して手続きをするよりも即日借り入れができる可能性が高くなります。

・バレずに契約できる

WEB完結で契約をした場合にはカードレスでの取引となりますし、自宅に郵送物が届かずに契約ができます。そのため家族にも内緒でカードローン契約がしやすくなっています。

年収によるキャッシングの限度額について

手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングはすぐにお金を借りたい人にとってはとても頼りになるサービスです。担保も保証人もなしに即日融資を受けることも可能だからです。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、ある程度まとまった金額を借りたいというときには年収による限度額には注意が必要になってきます。

この年収によるキャッシングの限度額については総量規制という法律で定められており限度額は最大でも年収の三分の一までとなっています。なお、この年収による限度額は例外が認められることはありません。

そのため、消費者金融のキャッシングを利用する場合には、その限度額は最高でも自分の年収の三分の一までということを理解しておく必要があります。

キャッシングの初回利用時の利息は決まっている

あなたがあるキャッシング業者を初めて利用する場合には適用される金利が決まっており、それに利用額を乗じた金額が利息になる、と言えばビックリするでしょうか。すべてのキャッシング利用者に当てはまるわけではありませんが、ほとんどに当てはまります。

キャッシング業者が提示する金利には最低金利から最高金利まで幅がありますが、そのキャッシング業者を初めて利用する場合に適用されるのは最高金利であることがほとんどだからです。例えば、金利が5%から18%というキャッシング業者があるとすれば、初めてその業者でキャッシングを利用する場合の金利はほぼ18%になるということです。キャッシングの金額を年率18%に乗じれば支払わなければならない利息額は計算できるのです。

銀行カードローンを利用してお金を借りる理由は?

銀行カードローンは審査回答が遅いので即日融資を受けるのが難しい事が多いです。即日融資を受けたい人は不都合になってしまいますが、それでも銀行カードローンを利用する人は多いです。そこでなぜ銀行カードローンを利用してお金を借りるのか理由を見ていく事にしましょう。

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されているので借り入れした時に利息が多く加算されてしまいます。特に多額の借り入れをした時は返済するのが大変になってしまいます。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されているので加算される利息が少なくなります。返済する時に大変になるリスクを回避する事が出来るので銀行カードローンを利用してお金を借りる人が多いです。

バカには出来ない最低借入額とATM利用手数料!

カードローンは、銀行ATMや消費者金融の専用ATMのほか、コンビニATMでも利用が可能です。そのため、日本全国どこでも借り入れや返済ができ、出張先や旅行先で手元に現金が無いという場合でも安心して利用が可能です。しかし、カードローンを契約する際には、借入時の最低借入額とATM利用手数料に注意が必要です。

例えば、必要以上の借入額となると無駄な利息が発生し、負担が増えてしまいます。また、ATMも同様であり、1000円単位での借り入れとなると手数料に無駄を感じてしまうこともあります。そのため、カードローンを契約する際は、最低借入額が1000円単位であること、ATM利用手数料が無料であるということに注目するのがおすすめです。1000円単位の借り入れであれば、必要以上に利息を払う必要がなく、ATM利用手数料が無料であれば少額の借り入れを気にする必要がありません。

カードローンはどれが良いのか

カードローン利用を検討した時に、どのカードローンが良いのかということは多くの人が悩むポイントかと思います。なにせたくさんのカードローンがありますから、初めての場合悩まれるのも無理はないと考えられるのではないでしょうか。ですのでこれからカードローンを選ぶ時に役に立つアドバイスをしていきたいと思います。

カードローンを選ぶ時には、特徴を比較すると選びやすいです。利息の安さを重視するのか、審査の速さを重視するのか、きっと人によって重視するポイントは異なります。特徴をそれぞれ比較していくことで、自分が重視するポイントをおさえているカードローンを選び出すことができるでしょう。この方法であれば難しいことは何もありませんし、どなたも例え初めてであったとしてもとても簡単にカードローン選びができると言えるのではないでしょうか。

多くの人たちにとってこれらのことが参考になり、良いカードローン選びができれば幸いです。

プロミスは最短即日でお金を借りられる

キャッシングは慣れていない人でも非常に簡単に手続きができるので多くの人が気軽に利用しています。誰でもすぐにお金を借りれるのですが、きちんと複数の業者の特色を比較してから申し込んだ方が無難です。消費者金融から融資を受ける時にはお金を手にするまで数日ほどかかります。

急にお金が必要になった時になるべく時間をかけずにキャッシングをしたい人はプロミスを利用するといいです。プロミスは最短即日でお金を借りられるのが大きなメリットです。また、消費者金融はよくキャンペーンをしているのでお得に借りられるチャンスはないか調べた方がいいです。

キャッシングを賢く活用すれば、生活がしやすくなるので積極的に利用するべきです。

プロミスのおとくらぶでお得にキャッシング

大手消費者金融であるプロミスには実はキャッシング以外にも利用することで得られる特典があります。それは「おとくらぶ」というもので、特別年会費などかからずに利用することができ、ピザーラやドミノピザ、ナポリの窯などの飲食店が割引価格で食べれたり、お台場の大江戸温泉やよみうりランド、第一ホテル東京シーフォートなども割引価格で利用することができるとてもお得な特典になっています。

おとくらぶはプロミス会員なら誰でも利用することができ、登録方法も簡単で公式サイトからIDを入力してログインしたら、おとくらぶの新規登録から手続きを進めるだけですぐに利用することができます。ただし前回の借り入れから半年以上経っている場合などは再度利用するまでは特典を受けられなかったりもするので確認が必要です。

総量規制に引っ掛かって借りられないときには銀行カードローンを

どうしてもお金が必要になったという場合、その金額が比較的少額であるならば消費者金融のキャッシングは借入先として最も便利です。即日融資を受けられるというのが消費者金融のキャッシングのウリとなっており、そのウリ通りにその日のうちにお金を借りることができるからです。

ただし、消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りようとするときには総量規制による貸付制限に注意をしておく必要があります。総量規制による貸付制限は消費者金融や信販会社、クレジット会社からの借入時に適用されますが、総量規制が適用される借り入れでは最大でも年収の三分の一までしかお金を借りることができない決まりになっているからです。

そのため、自分の年収の三分の一を超える金額を借りたいと思ったときには、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込んだほうがいいかもしれません。

即日や小額融資でフリーターの人が陥りやすい罠

フリーターの人ですと、収入が基本敵意安定的ではありませんので、ちょっと働く時間が減ってしまうと

収入が減ってしまうような危険性というのも大きいと思います。

そんな方が、光熱費や生活費のために小額融資や即日融資を利用すると結構危ないものです。

フリーター方が月に手に入れられる収入は10万円台くらいがやっとといった感じです。

そこからの支出を考えるとほとんどお金は残らないでしょう。

そこに基本的な生活に必要なお金をとられるとなるとどうなるでしょう? 慢性的に

収益構造が赤字になりやすい環境が出来やすくなるのです。

そうなると、やはり普段の収入と支出から考えるとかなり返済が厳しい環境におかれやすいと思います。

ですので、生活費や光熱費に困ったときには、徹底的に節約してキャッシングしないようにしましょう。

おまとめローンに積極的なところとは?

おまとめローンとなると、かなり借金がいっぱいになっているレベルですが、積極的に手を出すところも結構あります。

例えば地方銀行です。地方銀行は大手の銀行に顧客を取られている傾向がありますから、

おまとめローンとなると、大手ではおまとめできなかった人を拾えるチャンスでもありますから、おまとめローンを利用するチャンスではあります。

消費者金融も意外に積極的で、顧客が増えるチャンスでありますから審査は意外に甘くなっているといえます。

消費者金融も、近年おまとめローン専門のサービスを展開するなど、結構積極的な部分からもうかがえるでしょう。

その他にもネット銀行もおまとめローンには積極的です。ネット銀行は新興が多いですから、顧客獲得に積極性を発揮しているのです。

プロミスの新規の契約者に対してのサービスが増えました!

プロミスと新規に契約を行うと、30日間の無利息サービスが受けられるのは有名ですが、それに加えて最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドカードのプレゼントが始まりました。

この三井住友VISAプリペイドカードとは、残高の分だけクレジットカードと同様に利用できるプリペイドカードです。チャージが行えるので、残高使い切ってしまってもカード自体はそのまま利用できます。

最初に1,000円がチャージされたカードがプレゼントされ、そして、このカードをプロミスの振込キャッシングの振込先(借り入れがチャージになります)として指定すると、更に1,000円分のチャーンが無料で受けられ、合計2,000円分となります。

既にプロミスと契約をしている人も、2017年5月以降の契約者に限り、契約日から2ヶ月以内であれば会員サイトから申込みを行うと、同様にこのプレゼントを受けることができます。対象の方は急いで申込みを行って是非このカードをもらってください。

SMBCモビットの特徴は「在籍確認なしで借り入れできる」

「SMBCモビット」は、三井住友銀行グループのキャッシング会社であり、大手消費者金融の一角です。SMBCモビットと他の大手消費者金融と比べてどこが違うのでしょうか。

SMBCモビットの特徴はいくつかあるのですが、最大の特徴というと「Web完結なら電話連絡がない」ことです。キャッシングやカードローンの契約をすると「在籍確認を取られる消費者金融も多く」あります。勤務先に電話されて、借り入れするのがバレてしまうということがあります。

それが嫌な人は特にSMBCモビットでWeb完結すると在籍確認なしで借り入れすることができます。なので、在籍している会社にバレることなく借り入れすることができるのがSMBCモビットの特徴です。

プロミスの振込キャッシングを利用して10秒で振込してもらう時の注意点

プロミスの借入方法は振込キャッシングとATMになりますが、振込キャッシングの方がオススメです。融資の依頼をしてから10秒で指定の口座に振込をしてもらえます。早くて手数料も無料なので振込キャッシングを利用してお金を借りる事も多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

プロミスの振込キャッシングを利用する時に10秒で振込をしてもらいたい時は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定するのが条件となっています。

他の銀行の口座を指定してしまうと振込されるまで時間がかかってしまうので10秒で振込をしてもらいたい時は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定するようにしましょう。また口座を持っていない場合は申し込みをする前に口座開設をしておきましょう。

アイフルで活用したい利息0円

消費者金融大手のアイフルは、多くの人に利用されている会社です。手軽にキャッシングをすることができるので有名ですが、この会社を利用するときに活用したいのが利息0円のキャンペーンです。初めての人限定の商品ですが、初めてであれば全く利息を支払うことなくお金を借りることができます。

しかもこの会社は審査のスピードが非常に早く約30分で審査を完了してもらうことができます。来店をする必要がないのですぐに現金を手に入れることができるのこの会社を利用する魅力です。自分がどの程度現金を借りることができるのかを、インターネットのホームページから診断をすることができます。専用のスタッフが親切に説明をしてくれるので安心です。