キャッシングを利用するときは総量規制による貸付制限に注意を

安定した収入がある方であれば手軽にお金を借りられるサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは面倒な手続きなしで簡単にお金を借りられるというメリットがある一方で、特に必要もないお金をなんとなく借りてしまい多重債務を抱えてしまったり、そのことが原因で自己破産をする羽目になってしまう方もごく一部ですがいます。

そのため、消費者がお金を借りすぎてしまい返済に行き詰ってしまわないようにするために総量規制というルールが設けられています。この総量規制では年収に応じた貸付制限があり、最大でも年収の三分の一までしかキャッシングなどのサービスでお金を借りられないようになっています。

そのため、消費者金融のキャッシングでは総量規制の影響で必ずしも自分の希望するだけの金額を借りられるわけではないのです。

限度額は年収と信用レベルで決まる

キャッシングでは、一般的には年収の3分の1が限度額とされています。年収が600万円の人なら200万円、100万円の人なら約33万円が、借り入れできる限度額となっているのです。

この年収の3分の1という数字は、総量規制という法律で決められていることです。なぜ年収の3分の1なのかというと、そのくらいの金額なら無理なく計画的に返済することが可能と考えられているからです。

しかし、キャッシングの初回からいきなり年収の3分の1を借り入れできるというわけではありません。キャッシングを利用し始めた段階では、まだ金融機関からの信用レベルがそれほど高くない状態です。金融機関は信用レベルの低い人には、いきなり上限金額での貸し付けをおこないません。まずは少額の貸し付けをおこない、その返済ペースなどを見ながら、信用できる人かどうかを確認するのです。

金融機関からの信用レベルは、何度か借り入れをおこない、そのつど問題なく返済していると、徐々に高くなっていきます。それにつれて、限度額の増額がおこなわれます。つまり、より多くのお金を借り入れできるようになっていくのです。そして最終的に行き着くのが、年収の3分の1の金額というわけです。