キャッシングは学生であろうとも

キャッシングをすることができる属性というのは、色々とあるのですが学生でも可能であることが多いです。ダメなこともあるのですが、学生でもアルバイトをしているのであれば可能、としているところもあります。要するに収入があればそれで貸せる、ということです。

銀行系のカードローンであればそもそも別に総量規制がありませんから、貸そうと思えば法律的には貸すことができるのですが、やはり収入がないと厳しいです。学生といっても20歳以上であることが最低限の条件になります。20歳でないとどうしても契約行為ができないのでまずは最低限、20歳以上である必要があるのです。キャッシングサービスは学生であろうとも使えるようにしておくことに特にデメリットがないのです。いつでもお金を借りることができる、というのはやはり大きなことであるといえるでしょう。学生といってもこの場合は、大学生か専門学校生でしょうがそれでも利用できると何かと便利です。

学生がキャッシングで借りられるのはいくらくらい?

大学生でもキャッシングを利用することはできます。

学費や就活費用では一気にまとまった金額が必要となってきますので、キャッシングを利用することを検討している学生も多いのではないでしょうか。

20歳以上で、アルバイトや派遣社員等で定期的な収入を得ていればキャッシングを利用することは可能ですが、その借入額には限度があります。

まずは「総量規制」。これは「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という貸金業法で決められた仕組みです。そのためアルバイトで年に150万円稼いでいたとしても、50万円以上借りるのは法律的に無理です。

しかしかといって50万円を貸してくれるかというと、そういうわけではありません。なぜなら学生には「きちんと貸したお金を返してくれる」という信頼が薄いからです。もしかしたら逃げられるかもしれない、滞納されるかもしれない、ということでキャッシング業者もお金を貸すことに慎重になっています。

そのため年収150万円だったとしても、学生であれば30万円ほどしか借りられないというのが現状かもしれません。例外として学生でも初回から50万円などまとまった金額を借りることができるキャッシング業者もあるそうですが、違法な金利を要求されたりと、怪しい業者が多いので、そうした業者でのキャッシング利用は控えるようにしましょう。

キャッシングを利用したい学生が抑えておきたい2つポイント

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。答えから言うと、できます。しかし、キャッシングはいわゆる無担保ローンのため、ある一定の条件がないと学生は利用することができません。では、キャッシングを利用したい学生が抑えておきたいのはどんなポイントなんでしょうか。

まず、大切なのは年齢です。年齢は20歳以上であることです。日本の場合には20歳以上が成年となるからです。ですので、大学生でも18歳などの場合には借りることができません。しかし、親の同意書があれば、未成年でも借り入れることができます。

もうひとつのポイントは、収入です。学生といえども、収入がないとキャッシングを利用することはできません。もちろん、学生なので正社員として働くことはできません。しかし、アルバイトやパートでもいいので、安定した収入を得ているのであれば、借り入れることができます。とはいえ、キャッシングには総量規制があります。総量規制とは年収の三分の一を超えるお金を貸し出すことはできないという規制です。そのため、年収によってキャッシングを利用できる限度額が決まってくるわけです。ですので、自分の年収に応じて、借入額の限度を判断し、申し込みをすることが大切です。

このように、学生でも上記の2つのポイントを抑えているとキャッシングを利用することが可能です。ぜひ、学生だからとあきらめないで、自分の状況が条件にかなうのであれば、申し込んでみてください。