プロミスでキャッシングをする前に押さえておきたい点は?

プロミスは消費者金融の中でもサービス面が一番優れているという声がよく聞かれます。三井住友銀行グループの傘下に入っているのでお金を借りる時の不安もありません。キャッシングをするならプロミスを選ぶという人も多いですが、利用する前に押さえておきたい点もあるので見ていきましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。年収によって多額の借り入れが出来ない事もあるので利用する前に押さえておく必要があります。

またプロミスは毎月1回以上の収入を得ている事が利用条件となっています。該当していないと審査が否決になってしまうので利用する前に押さえておきましょう。

キャッシングのお得な借り方について

キャッシングをしたことがある方もない方も朗報があります。キャッシングを行うにあたり、どうしても金利や遺族と言うものが付き物ではありますが、それを少しでも相殺できるようなお得なキャンペーンやお得なキャッシングの方法があることをご存知でしょうか?

1つは消費者金融が行っているキャンペーンで、「初めての利用の方は最大で90日間金利がかからない」と言うキャンペンを行っている消費者金融からキャッシングを申し込むと言うことが良いとされています。他社でいつでも利用履歴があっても、初めて利用する消費者金融では金利がかからずに借りることができるのです。

そしてもう一つは、消費者金融がポイントサイトなどに広告を載せている場合があり、そのポイントサイトをつたって利用するとポイントがキャッシュバックされると言うキャンペーンを行っています。

私はその方法で3000円分のポイントがキャッシュバックされました。金利がかからずにかつお得に利用するのであればこの2つの方法をぜひ行っていただきたいと思います。

キャッシングは人間社会に必要なシステムだから存続している

だいぶ以前に格言めいた本を読んでいたら、借金をして奢るタイプの人と付き合ってはいけないと書かれていて、そんなものかなと思ったことがありました。覚えているということは、どこかで意識している言葉だということです。

しかし、それがいざ自分の番になると、格言の通りには行かないものだということも経験しました。急速に親しくなった彼女からせがまれてた夏の旅行計画。先立つものが足りないのでペンディングにしようか迷いました。

断腸の思い出それをすれば間違いなく彼女は去る。悩みに悩んで格言の教えを翻し、キャッシングの審査を申し込むと、即日振り込んでもらえました。すると気持ちにゆとりが出来、もちろん彼女を旅行に連れて行きました。今は上手くいっています。

キャッシングという社会システムが存在するのは、人間に必要だからです。ありがたいものだと思います。

キャッシングは総量規制対象外となることも

キャッシングというサービスは消費者金融系と銀行系があります。銀行の場合はカードローンなどと呼ばれることもありますが要するにお金を貸してもらうサービスであることには違いはないです。担保なし、保証人なし、と言う形になります。この貸付金に関しての規制としてあるのが総量規制です。

しかし、これは貸金業法によって課せられていることであり、あくまで消費者金融のみに適用されることになります。総量規制とは年収の三分の一を超える金額を貸せない、というものになっています。ですが、キャッシング業者でもこれが対象外になるパターンがあります。その一つがおまとめローンであり、この場合は総量規制が適用除外となりますので覚えておきましょう。

主婦がキャッシングを使う時に注意しておくべき事とは

キャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、いくつかのポイントを押さえておく事が大切です。一般的にキャッシングの利用には、申込みをして審査を通過する必要があります。申込み方法は自動契約機やWeb申込みなどが用意されていますので、本人確認書類の提出と申込み内容の入力を的確に行います。また、消費者金融会社では一定の収入がある者というように利用条件を設定していますので、主婦の場合、正社員やパートやアルバイトをしていれば、この利用条件をクリア出来る可能性が高まります。

年齢条件も確認が必要であり、満20歳以上満70歳未満などという条件をクリアしている必要があります。審査では過去にどのような借り入れをしたのかがチェックされる事があります。他の融資サービスを使っていて期日までに確実に返済していれば問題はありません。

モビットのキャッシングでお金を借りるメリット

モビットでお金を借りるメリットとしては、業者の安心感があります。モビットは大手金融機関の傘下で貸金業を営んでいる会社なので得体のしれない怪しげな業者とは違い、安心してキャッシングを利用することができるのです。また、モビットでは対応の素早さに定評があり、キャッシングの申し込みから実際に融資が実行されるまでに時間が非常に早いのが特徴になっています。

そのため、すぐにでもお金が必要だというときでもモビットのキャッシングなら申し込みをした当日中に融資を受けることができるので、予定外の出費にも慌てずにお金の工面をすることができます。これからキャッシングの利用をしてみようとお考えの方は、モビットのキャッシングに申し込むことをおすすめします。

年収によるキャッシングの限度額について

手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングはすぐにお金を借りたい人にとってはとても頼りになるサービスです。担保も保証人もなしに即日融資を受けることも可能だからです。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、ある程度まとまった金額を借りたいというときには年収による限度額には注意が必要になってきます。

この年収によるキャッシングの限度額については総量規制という法律で定められており限度額は最大でも年収の三分の一までとなっています。なお、この年収による限度額は例外が認められることはありません。

そのため、消費者金融のキャッシングを利用する場合には、その限度額は最高でも自分の年収の三分の一までということを理解しておく必要があります。

キャッシングの初回利用時の利息は決まっている

あなたがあるキャッシング業者を初めて利用する場合には適用される金利が決まっており、それに利用額を乗じた金額が利息になる、と言えばビックリするでしょうか。すべてのキャッシング利用者に当てはまるわけではありませんが、ほとんどに当てはまります。

キャッシング業者が提示する金利には最低金利から最高金利まで幅がありますが、そのキャッシング業者を初めて利用する場合に適用されるのは最高金利であることがほとんどだからです。例えば、金利が5%から18%というキャッシング業者があるとすれば、初めてその業者でキャッシングを利用する場合の金利はほぼ18%になるということです。キャッシングの金額を年率18%に乗じれば支払わなければならない利息額は計算できるのです。

カードローンでキャッシングするために必要な書類

現在ではたくさんの消費者金融がありますが、どこで申し込むにしても必ず審査がありそれに通らないと融資を受けることはできません。

では、いざ実際に利用しようと申し込む場合にいくつか必要になってくる書類があります。

確実に必要なものとして本人確認用の書類です。他人の身分証を使い本人になりすまして利用することを防ぐ意味で必ず必要になってきます。これは免許証があれば免許証だけでOKのところが多いです。免許証の代わりにパスポートでも可能のところも多いです。保険証や住民票ですと2種類必要になる場合もあります。外国人の方ですと在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書なども本人確認で有効になります。顔写真が証明書の場合は複数提出を求められることもありますが、公共料金の領収証などの提出でOKの場合も多いので、詳しくは事前に各金融機関に確認するようにしましょう。

もう一つ、収入証明書というものが必要になる場合があります。これは各金融機関によりけりなのですが、融資するにあたって返済能力がちゃんとあるかどうかの確認として利用限度額が高額になると提出を求められる場合が多いです。基本的にカードローンでは借入が50万円を超える場合か、他社の借り入れ総額と希望額が100万円を超える場合は提出が義務付けられています。収入証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などになりますので、こちらも必要な場合は各金融機関に確認してから提出するようにしましょう。

土日のキャッシング申し込みと即日融資について

初めてキャッシングを利用する場合、借り入れまでの一般的な流れは、インターネットで申し込み手続き→審査→自動契約機でローンカードを受け取る→ATMを使って現金を引き出す、となっています。初めての申し込みでは、すぐにお金が必要という事情が多いので、即日融資を希望する人も多くなっていますが、自動契約機が稼働している時間内に審査が完了すれば即日融資が可能です。

最近では、申込みから借り入れまで全ての手続きをWEBで完了できるサービスが増えています。自動契約機に出向く必要はなく、借入金は指定の銀行口座に振り込んでもらえます。仕事中に申し込んで、帰宅途中で自分の銀行口座からお金を引き出すこともでき便利なサービスですが、WEB完結での即日融資は、銀行の営業時間内に全ての手続きを完了させる必要があるので、平日の14時半あたりがタイムリミットとなっています。つまり、自動契約機に出向くことができない場合は、土日の即日融資は難しくなってきます。また、土日は職場への在籍確認ができないために審査が完了せず、即日融資が不可となることもあります。

消費者金融の広告では、24時間365日いつでも申し込み可能、となっていますが、申し込み可能=融資可能、ではありません。初めての利用で土日の即日融資を希望する場合は、申込み前に、自動契約機の場所や営業時間を確認しておきましょう。”