カードローンでキャッシングするために必要な書類

現在ではたくさんの消費者金融がありますが、どこで申し込むにしても必ず審査がありそれに通らないと融資を受けることはできません。

では、いざ実際に利用しようと申し込む場合にいくつか必要になってくる書類があります。

確実に必要なものとして本人確認用の書類です。他人の身分証を使い本人になりすまして利用することを防ぐ意味で必ず必要になってきます。これは免許証があれば免許証だけでOKのところが多いです。免許証の代わりにパスポートでも可能のところも多いです。保険証や住民票ですと2種類必要になる場合もあります。外国人の方ですと在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書なども本人確認で有効になります。顔写真が証明書の場合は複数提出を求められることもありますが、公共料金の領収証などの提出でOKの場合も多いので、詳しくは事前に各金融機関に確認するようにしましょう。

もう一つ、収入証明書というものが必要になる場合があります。これは各金融機関によりけりなのですが、融資するにあたって返済能力がちゃんとあるかどうかの確認として利用限度額が高額になると提出を求められる場合が多いです。基本的にカードローンでは借入が50万円を超える場合か、他社の借り入れ総額と希望額が100万円を超える場合は提出が義務付けられています。収入証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などになりますので、こちらも必要な場合は各金融機関に確認してから提出するようにしましょう。

土日のキャッシング申し込みと即日融資について

初めてキャッシングを利用する場合、借り入れまでの一般的な流れは、インターネットで申し込み手続き→審査→自動契約機でローンカードを受け取る→ATMを使って現金を引き出す、となっています。初めての申し込みでは、すぐにお金が必要という事情が多いので、即日融資を希望する人も多くなっていますが、自動契約機が稼働している時間内に審査が完了すれば即日融資が可能です。

最近では、申込みから借り入れまで全ての手続きをWEBで完了できるサービスが増えています。自動契約機に出向く必要はなく、借入金は指定の銀行口座に振り込んでもらえます。仕事中に申し込んで、帰宅途中で自分の銀行口座からお金を引き出すこともでき便利なサービスですが、WEB完結での即日融資は、銀行の営業時間内に全ての手続きを完了させる必要があるので、平日の14時半あたりがタイムリミットとなっています。つまり、自動契約機に出向くことができない場合は、土日の即日融資は難しくなってきます。また、土日は職場への在籍確認ができないために審査が完了せず、即日融資が不可となることもあります。

消費者金融の広告では、24時間365日いつでも申し込み可能、となっていますが、申し込み可能=融資可能、ではありません。初めての利用で土日の即日融資を希望する場合は、申込み前に、自動契約機の場所や営業時間を確認しておきましょう。”

キャッシングの即日融資の魅力と注意点

キャッシングと聞く怖いイメージを持っている人も多いと思います。キャッシングでは、無計画に利用すると利息がどんどん膨れ上がって、返すものも返せないというような最悪の事態になる可能性があります。計画的に利用すれば、キャッシングは怖いものではなく、安心して便利に利用することが出来ます。利息に関しても、基本的には即日に返済する場合では、利息は発生しない特徴があります。キャッシングは即日融資が基本ですが、借りたお金をその日に返済すれば、利息は基本的には発生せずに利用できます。

借りた日に返済出来れば、無利息で利用出来て、ストレスなしに利用することができます。銀行振込や提携ATMからの返済では、いくらかの手数料がかかりますが、その日限定ですが、お金の悩みから解放されるのでお勧めです。インターネット経由からのご返済であれば、手数料などは必要ないです。初めての人限定ですが、消費者金融によって30日間無利息のものも存在するので、キャッシング会社次第で約1ヶ月の間は利息が発生しないというメリットもあります。メリットが多く、使いやすくなった消費者金融のキャッシングを利用して、返済プランなど計画的に利用する事が肝要と言えます。

キャッシングを利用するときは総量規制による貸付制限に注意を

安定した収入がある方であれば手軽にお金を借りられるサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは面倒な手続きなしで簡単にお金を借りられるというメリットがある一方で、特に必要もないお金をなんとなく借りてしまい多重債務を抱えてしまったり、そのことが原因で自己破産をする羽目になってしまう方もごく一部ですがいます。

そのため、消費者がお金を借りすぎてしまい返済に行き詰ってしまわないようにするために総量規制というルールが設けられています。この総量規制では年収に応じた貸付制限があり、最大でも年収の三分の一までしかキャッシングなどのサービスでお金を借りられないようになっています。

そのため、消費者金融のキャッシングでは総量規制の影響で必ずしも自分の希望するだけの金額を借りられるわけではないのです。

即日でお金を借りたい人のキャッシング注意点

今すぐにでも急いでお金を借りたいという人は、キャッシングを利用すると良いでしょう。しかし、ここで一つ注意点があります。それは、全てのキャッシングが即日対応をしてくれるとは限らないということです。確かに最近のキャッシングは、即日対応は全然珍しくはなくなりました。

しかし、世の中の全てのキャッシングが即日であると思い込んではいけません。それは大変な勘違いです。ですから急いでいる人は、そのキャッシングが即日対応であることを事前に確認してから申し込み手続きに移りましょう。

また、急いでいる時ほど手続きで記載ミスなどをしないように気を付けなければなりません。申し込み書類に何か不備があると、受付の段階で受理してもらえません。そうなると書類再提出となって貴重な一日が終わってしまいます。

キャッシングの様々な申込み方法

キャッシングを利用しようと思った際、申込み方法はどのようなものがあるのか知りたいと思ったこともあるかと思います。以前はキャッシングを行っている店舗へ実際に出向き手続きを行うといったイメージがありましたが、現在では様々な申込み方法が存在しています。
例えばWebから申し込む方法です。キャッシング会社の公式サイトへ行き、入力フォームに必要項目を入力することで申込みが完了するため、時間を選ばずスムーズに行うことが可能です。Webならば24時間受け付けているというところも少なくなく、更に融資までウェブ上で完結できるサービスを行っていることもあります。

ネットが苦手という場合には電話や郵送での申込みも可能です。勿論従来通り来店での申込みも可能なため、自分に合わせた方法を選択すると良いでしょう。キャッシング会社によっては対応していない申込み方法もあるため、事前に確認しておくと安心です。
ちなみにクレジットカードのキャッシングサービスを利用したいけれど、事前にキャッシング利用枠が設定可能なカードに申し込まなかった場合には、インターネット上で申し込むことが可能です。電話や郵送に対応しているクレジットカード会社もあるため、キャッシング同様自分の状況に合わせて選択すると良いでしょう。
キャッシングの申込みは簡単に行えるため、事前に返済計画をしっかり練ってから利用を検討したいものですね。

キャッシングの利息って高いもの?

キャッシングを利用すると、高額な利息を支払わなければいけないというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、利息というのは、利用の仕方によって大きく変わってくるもので、賢い利用法を覚えておけば、意外と少ない利息で済むことになります。

利息を大きく左右するのが、借入金額と完済までの期間です。

金利に関しては、消費者金融の場合は18.0%となっていることが多く、大きな差がないことが殆どです。

それに対して、借入金額と完済までの期間は人によって大きく異なり、支払う利息にも大きな差が出てくることになります。

借入金が多くなればなる程、支払う利息は多く必要になる為、借入をする時には、本当に必要な金額だけを借りるようにすれば、それだけでも利息の節約に繋がります。

更に、借入期間が長くなれば、支払う利息も多くなる為、借りた後は一括返済や繰り上げ返済を利用して、早く返すようにすることで、支払う利息を少なく抑えることができます。

便利だからと、必要以上にお金を借りたり、完済をする前に何度も借入を繰り返していれば、支払う利息が高額になってしまう原因となります。

キャッシングを賢くお得に利用したいなら、支払う利息を少なくする方法を覚えておくことがおすすめです。

キャッシングにおけるATMのメリットとデメリット

急な出費やお金が足りない場合でも、キャッシングを利用してピンチを乗り越える事が可能です。非常に便利なサービスなので、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。キャッシングの利用を考えた場合にATMは非常に重要な役割を持っています。

現在では日本全国コンビニなどでもATMが利用できる環境が整っていますが、キャッシングを利用する場合はもちろん、返済する場合もATMを利用することができるので非常に便利です。しかしATMにはメリットだけではなく、デメリットもあるので、どのような特徴になっているのかサービス内容を十分に調べた上で、利用することが大切ではないでしょうか。

ATMのメリットを考えると、24時間いつでも利用できることが挙げられます。日中の返済ができない場合や、夜中にお金が必要になった場合でもATMを利用することによって、サービスを受けることが可能です。しかし時間外の場合は手数料が発生してしまう場合があり、そのことを十分に検討して利用する必要があるでしょう。

手数料こそがATMのデメリットになりますが、どのような時に手数料が発生するのか把握した上で利用することをお勧めします。使い方によっては非常に便利なATMなので、ATMの特徴をしっかりと把握してキャッシングを活用していきましょう。

キャッシングやカードローンの年齢制限とは

お金に困ってしまうケースは誰にでもありますが、そのような際にキャッシングやカードローンを利用したいと考える方も多いでしょう。キャッシングやカードローンは消費者金融や、銀行等を利用して行いますが、利用できるための条件を満たしていることが大切になります。条件の1つには年齢もあるので、キャッシングやカードローンの年齢制限がどのようになっているのか、しっかりとチェックして利用するようにしましょう。年齢制限は業者によって異なってきますが、多くの場合は20歳から65歳までと制限されている場合が多いようです。

またキャッシングやカードローンが利用できる年齢の場合でも、無職の場合は利用することができません。年齢制限を満たしており安定した収入があることが前提になっています。申し込む場合は審査を行うことになりますが、年齢や収入を偽ったりすると問題になるので絶対にやめるようにしましょう。偽ってしまった場合は今後の様々な借入ができなくなってしまう場合もあるので、将来のことをしっかりと考えながら、正しい情報を消費者金融に伝えるようにしましょう。このようなサービスは利用者と業者との信頼関係が非常に重要になってきます。信頼関係を崩さないためにも、しっかりと返済を行いながら利用することが大切です。

キャッシングは学生であろうとも

キャッシングをすることができる属性というのは、色々とあるのですが学生でも可能であることが多いです。ダメなこともあるのですが、学生でもアルバイトをしているのであれば可能、としているところもあります。要するに収入があればそれで貸せる、ということです。

銀行系のカードローンであればそもそも別に総量規制がありませんから、貸そうと思えば法律的には貸すことができるのですが、やはり収入がないと厳しいです。学生といっても20歳以上であることが最低限の条件になります。20歳でないとどうしても契約行為ができないのでまずは最低限、20歳以上である必要があるのです。キャッシングサービスは学生であろうとも使えるようにしておくことに特にデメリットがないのです。いつでもお金を借りることができる、というのはやはり大きなことであるといえるでしょう。学生といってもこの場合は、大学生か専門学校生でしょうがそれでも利用できると何かと便利です。