新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時にATMを利用した方がいい2つの理由

新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息サービスがある事で有名なので適用対象となる初めて利用する人に適した銀行カードローンです。それで初めて利用する時に新生銀行カードローンレイクを選ぶ人が多いです。新生銀行カードローンレイクの借入方法は振込キャッシングとATMになりますが、ATMを利用した方がいいという声が多いです。そこで新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時になぜATMを利用した方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・提携ATMを利用する事が出来る

新生銀行カードローンレイクは自社ATMを利用してお金を借りる事が出来ますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用してお金を借りる事も出来ます。自社ATMだと住んでいる場所の近くに設置されている事は少ないですが、提携ATMが設置されているコンビニは近くにある事が多いのでお金を借りる時にすごく便利です。

・利用手数料が無料

自社ATMはどの業者も利用手数料が無料になっている事が多いですが、提携ATMは利用手数料が1回ごとに発生してしまいます。しかし新生銀行カードローンレイクは自社ATMだけでなく提携ATMも利用手数料が無料になっているのでお得に借り入れをする事が出来ます。

キャッシングでの短期返済が難しい高額借入れならカードローンが有利に

キャッシングは短期間で返済可能な少額を気軽かつスピーディに借りられるのが最大の魅力ですが、借りたい額がどうしてもこの範疇に収まらないケースも出てきます。

多くの消費者金融が無利息期間に指定している30日以内での返済が不可能と思われる場合、無理してキャッシングにこだわるよりもより高額の借入れに対応出来るカードローンを選び、自分で可能な期間を確保しじっくり返済した方が良いケースもあります。

カードローンはより長期的な返済にも対応出来る様、キャッシングと比べ利率を低く抑えているケースが殆どであり、高額借入れかつ長期的な返済となっても安心出来る要素が多いのです。

また審査の方法、あるいは借入額の引落しや返済に活用するATMの場所を始め、キャッシングとの共通点も多く、手続きの段取りに慣れ易いというメリットもあるでしょう。

専業主婦がカードローンを内緒で契約する方法

専業主婦の方でも生活費の補填目的や遊興目的でお金が必要な時があります。
ご主人に甲斐性があれば貯金を切り崩して利用すればいいのですが、余裕がなければそういうことは不可能です。
そこでどうしてもお金が必要な場合は、カードローンを契約することになります。ただし基本的に専業主婦の方は銀行カードローンとしか契約できません。
そこで専業主婦の方が銀行カードローンをご主人に内緒で借りる方法を紹介します。

まず自動契約コーナーを有する銀行カードローン以外は、契約書やローンカードは自宅に届くと思っていて下さい。
この手の郵送物は本人のみが受け取れる郵便で送られてくるとはいえ、もし奥様が留守中にご主人が対応して不審がられることも十分考えられます。ご主人の在宅中はなるべく外出しないような注意が必要です。
なお申し込み時にご主人の会社に電話がかかってきたり、ご主人の信用情報が調査されることはありません。ですからそういうことでご主人にばれる心配は不要です。
ただし申し込み時に記入する電話番号は、奥様の携帯番号にして下さい。自宅の固定電話番号を記入すると、申し込み確認や何かあった時などにそちらに電話がかかってくるからです。

契約後はWEB明細を利用して下さい。また借り入れや返済時に銀行口座を使って行うと記帳されるために、通帳はなるべく目の届かないところに保管しておきましょう。
またローンカードも不用意に財布の中に入れていると、ご主人にばれる可能性があります。最近はキャッシュカード一体型のローンカードが登場しているので、そちらを利用するといいでしょう。
いずれにせよ契約前も契約後も、ご主人にばれないように十分注意をする必要があるのです。

カードローンの返済が遅れそうな時にすべきこと

カードローンの返済ができないと分かった時、パニックにならずにまずは金融機関に電話してその旨を伝えて謝りましょう。許してもらえるかは分かりませんが、初めての遅延なら次回返済とまとめて返済することを認めるてくれるかもしれません。一番やってはいけなことは、遅延した翌日にかかってくる電話に出なかったり、しばらくすると督促状が送られて来るのを無視することです。一般的に3ヶ月以上の遅延から信用情報機関にその旨の登録がされます。しかしあまりに悪質だと判断されると、一発でブラックリスト入りされる可能性も否定できないのです。この記録は完済後5年記録されるので、その間一切のローンが組めなくなると覚悟しておいてください。

ブラックリスト入りを避けるには、借金を借金して返済する必要があります。なんだか自転車操業的で聞こえは悪いですが、なんとしてもブラックリスト入りを避ける必要があるのです。借金を借金で返済するには、融資スピードが何より重要です。すでに2,3社から借入ている方は、大手金融機関では借りられない可能性が高いです。ですから即日融資が可能ないわゆる街金を利用するのがベターです。10万円程度しか借りられないでしょうが、その回の返済分だけでも借りられたら十分です。

キャッシングやカードローンの年齢制限とは

お金に困ってしまうケースは誰にでもありますが、そのような際にキャッシングやカードローンを利用したいと考える方も多いでしょう。キャッシングやカードローンは消費者金融や、銀行等を利用して行いますが、利用できるための条件を満たしていることが大切になります。条件の1つには年齢もあるので、キャッシングやカードローンの年齢制限がどのようになっているのか、しっかりとチェックして利用するようにしましょう。年齢制限は業者によって異なってきますが、多くの場合は20歳から65歳までと制限されている場合が多いようです。

またキャッシングやカードローンが利用できる年齢の場合でも、無職の場合は利用することができません。年齢制限を満たしており安定した収入があることが前提になっています。申し込む場合は審査を行うことになりますが、年齢や収入を偽ったりすると問題になるので絶対にやめるようにしましょう。偽ってしまった場合は今後の様々な借入ができなくなってしまう場合もあるので、将来のことをしっかりと考えながら、正しい情報を消費者金融に伝えるようにしましょう。このようなサービスは利用者と業者との信頼関係が非常に重要になってきます。信頼関係を崩さないためにも、しっかりと返済を行いながら利用することが大切です。

キャッシングは学生であろうとも

キャッシングをすることができる属性というのは、色々とあるのですが学生でも可能であることが多いです。ダメなこともあるのですが、学生でもアルバイトをしているのであれば可能、としているところもあります。要するに収入があればそれで貸せる、ということです。

銀行系のカードローンであればそもそも別に総量規制がありませんから、貸そうと思えば法律的には貸すことができるのですが、やはり収入がないと厳しいです。学生といっても20歳以上であることが最低限の条件になります。20歳でないとどうしても契約行為ができないのでまずは最低限、20歳以上である必要があるのです。キャッシングサービスは学生であろうとも使えるようにしておくことに特にデメリットがないのです。いつでもお金を借りることができる、というのはやはり大きなことであるといえるでしょう。学生といってもこの場合は、大学生か専門学校生でしょうがそれでも利用できると何かと便利です。

銀行のローンによるキャッシング

キャッシングは、今?とこでも出来るようになって大変、便利になりました。

銀行のATMコーナーはもちろんのこと、コンビニエンスストアでも可能です。

支払いはクレジットカードで済ませる人も多いのですが、キャッシングも決して無くならないものですね。

このキャッシングも色々な業者でできるのも特徴です。

消費者金融がすぐにイメージされるのですが、銀行でも出来るようになっています。、

それが銀行カードローンです。

お金の貸し出しは通常、目的に応じた貸し出しがされるのが特徴です。

しかし、このカードローンは目的自由な物ですから、必要な時にキャッシング出来る点が大きな特徴です。

普通の貸し出しには審査があり時間がかかるのですが、銀行カードローンの審査も早くなっており、これだけとおれば後はスピーディーに対応できます。

このカードローンは他の金融機関でもできます。

いわゆる消費者金融です。

しかし、金利は銀行系の方が低く抑えられていますし、利便性はとても高いと思われます。

インターネットを使った決済も当たり前のようにされていますが、この時もカードローン口座からの現金移動ということも可能で、単なるローンという位置づけから大きく変化しており使う立場としては、ありがたいメニュです。