アイフルATMより提携ATMを利用する人の方が多い2つの理由

アイフルの借入方法の中にATMがありますが、利用する事が出来るのはアイフルATMとコンビニなどに設置されているATMになります。アイフルATM利用手数料が無料ですが、提携ATMは1回利用するごとに1万円以下なら108円、1万円以上なら216円の利用手数料が発生してしまいます。利用手数料が無料の方がメリットになるのでアイフルATMを利用する人が多いのではないかと思ってしまいますが、提携ATMを利用する人の方が多いのが現状です。そこでなぜアイフルで借り入れをする時に提携ATMを利用する人の方が多いのか理由を挙げていく事にしましょう。

・どこにいても借り入れする事が出来る

アイフルATMは設置場所が限定されているので場所によっては設置されていない事もあります。しかし提携ATMはコンビニに設置されているのでどこにいても借り入れする事が出来ます。特に早くお金を借りたい人はATMを探す時間に手間をかけたくないので提携ATMを利用する事が多いです。

・周囲の視線を気にしたくない

アイフルATMを利用しているとお金を借りる事が分かってしまうので周囲の視線を気にしてしまいます。しかし提携ATMを利用している時はお金を借りているとは分からないので周囲の視線を気にする必要がなくなります。特にお金を借りている時は周囲の視線を気にしてしまうものなので心理的な問題で提携ATMを利用する事が多いです。

アルバイトがキャッシングの審査に通る時でも勤続年数の方が重要

キャッシングの審査では収入そのものよりも勤続年数が大切と言われることがあります。

いくら多くのお金を稼いでいても、勤続年数が短いと今後も同様の収入になるか?は分かりませんから。

そして、それはアルバイトでも同じであり、アルバイトも勤続年数が長い方が絶対に有利です。

アルバイトに関しては正社員とは違った視点で見られていると思っている人がいるかもしれませんが、根本的には一緒です。

きちんと返済が可能か?どうかを判断しているので、収入の安定性を基準にしている面が大きいです。

だからこそ、収入の額よりは勤続年数が長い方が審査に通る可能性はより高くなるはずです。

アルバイトでキャッシングを利用を考えている人は今やっているアルバイトを少しでも長く続けてから申し込むと良いと思います。

アイフルの教育ローンの基本情報など

アイフルでは借りたお金を自由に使えるキャッシングサービスに加えて、子どもの教育資金などをお得に借りることができる教育ローンの提供も行っています。アイフルの教育ローンの詳細を確認していきましょう。

まず気になる貸付条件ですが、2019年4月8日時点で融資限度額は100万円、実質年率は9.8%から12.0%となっています。金利の上限がキャッシングよりも大幅に引き下げられている点に大きな特徴があります。

なお借りたお金の使いみちは契約者本人もしくは契約者の子どもの学費や学用品の購入代金、塾やクラブ活動費などに利用可能です。契約の際には本人確認書類に資金使途証明書類が必要となります。

またネットや無人契約コーナーからの申込みには対応していないので気をつけましょう。

WEBサービスで見る大手の消費者金融と中小の違い

消費者金融にはCMで見るような大手の会社だけでなく、地域に密着した中小の会社も多く存在しています。

銀行と比較すると金利面で高めに設定されている消費者金融ですが、上限金利が決められているため、大手も中小も金利面においてそこまで違いがあるわけではありません。

ただし使いやすさの面で見ると違いが見てとれることもあり、その一つがWEBサービスです。

最近では中小の消費者金融でも公式ホームページが制作されていたりWEB申し込みなどができるところも増えていますが、大手ではWEBからの申し込みに加え、インターネットバンキングを利用した借入や返済に対応しているため利便性を考えたときに大手の方が使いやすいと言えます。