キャッシングの初回利用時の利息は決まっている

あなたがあるキャッシング業者を初めて利用する場合には適用される金利が決まっており、それに利用額を乗じた金額が利息になる、と言えばビックリするでしょうか。すべてのキャッシング利用者に当てはまるわけではありませんが、ほとんどに当てはまります。

キャッシング業者が提示する金利には最低金利から最高金利まで幅がありますが、そのキャッシング業者を初めて利用する場合に適用されるのは最高金利であることがほとんどだからです。例えば、金利が5%から18%というキャッシング業者があるとすれば、初めてその業者でキャッシングを利用する場合の金利はほぼ18%になるということです。キャッシングの金額を年率18%に乗じれば支払わなければならない利息額は計算できるのです。

銀行カードローンを利用してお金を借りる理由は?

銀行カードローンは審査回答が遅いので即日融資を受けるのが難しい事が多いです。即日融資を受けたい人は不都合になってしまいますが、それでも銀行カードローンを利用する人は多いです。そこでなぜ銀行カードローンを利用してお金を借りるのか理由を見ていく事にしましょう。

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されているので借り入れした時に利息が多く加算されてしまいます。特に多額の借り入れをした時は返済するのが大変になってしまいます。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されているので加算される利息が少なくなります。返済する時に大変になるリスクを回避する事が出来るので銀行カードローンを利用してお金を借りる人が多いです。

バカには出来ない最低借入額とATM利用手数料!

カードローンは、銀行ATMや消費者金融の専用ATMのほか、コンビニATMでも利用が可能です。そのため、日本全国どこでも借り入れや返済ができ、出張先や旅行先で手元に現金が無いという場合でも安心して利用が可能です。しかし、カードローンを契約する際には、借入時の最低借入額とATM利用手数料に注意が必要です。

例えば、必要以上の借入額となると無駄な利息が発生し、負担が増えてしまいます。また、ATMも同様であり、1000円単位での借り入れとなると手数料に無駄を感じてしまうこともあります。そのため、カードローンを契約する際は、最低借入額が1000円単位であること、ATM利用手数料が無料であるということに注目するのがおすすめです。1000円単位の借り入れであれば、必要以上に利息を払う必要がなく、ATM利用手数料が無料であれば少額の借り入れを気にする必要がありません。