キャッシングを使うルールを作っている

キャッシングは必要な時は使っています。
アコムやレイクなどの消費者金融は初めて借り入れしてくれた人だけ30日までに返済したら無利子で貸してもらえるので助かっています。
使用用途としては、冠婚葬祭、警察関係の罰金の支払い、税金関係の支払いでよく使います。
キャッシングする時は自分なりのルールを作って借りる方がいいと思います。
例えば、遊びで必要なお金はキャッシングしない。
なぜならクセになるとお金がない時でもキャッシングで出したらいいやと思って、気づいた時に多額になっていたら返せなくなるからです。
あとは金利を払うのは高くて嫌なので次の給料には全額返済することです。
続けてキャッシングしないといけない時は1社に絞って使うことにしています。
その方が返済がわかりやすいからです。

なぜわざわざ本人確認が行われるか

キャッシングでは、必ずと言って良いほど本人確認が行われます。いわゆる身分証明書などは、金融会社に提出する事になるでしょう。殆ど全ての会社で、それが行われていますね。

ところでわざわざ本人確認を行う目的ですが、成り済ましなどを防ぐ為です。別人による申込などが生じると、大変な事態が起こり得るからです。

例えばAさんという方が申込をしてきたとの情報を受信したとします。ところがAさんでなく、全く別のBさんが申込をする事例もあり得るのです。当然それは、大変な事になるでしょう。

上記の本人確認を行う意図は、それを防ぐ為です。本人がきちんと身分証明書を提示しているか否かを確認する訳ですね。金融業者としては、リスク管理などをきちんと行っている訳です。