過去に消費者金融から借り入れをしたけど、銀行カードローンの審査で不利にならないの?

大手消費者金融のキャッシングローンは、無人契約機が日本全国に設置されているため、手軽にキャッシング契約が出来るようになています。そして、若い頃は何かと現金出費が多く、お世話になった方も多い筈です。しかし、過去に消費者金融から借り入れをした場合、将来的に銀行のカードローンやその他ローン商材の審査で不利になるのでは無いかと考えてしまうかたもいる筈です。

現在では、大手消費者金融は有名企業となり、信頼できる会社となっています。そして、銀行やクレジットカード会社、そしてノンバンク系となる消費者金融は個人信用情報機関の情報を利用、そして取引情報を登録するようになっています。つまり、消費者金融からの借り入れが金融取引情報を獲得することとなり、信用度の向上に繋がります。

つまり、これまで金融取引が無い方が銀行でカードローンを契約するよりも、消費者金融のキャッシングローンを利用・完済した方が審査結果に有利となります。また、最近では、銀行カードローンやフリーローンの保証委託先が消費者金融というケースが多いため、過去の顧客情報で優良と判斷されていれば、審査に不利になることはありません。消費者金融のキャッシングは、比較的に審査が通過し易い傾向にあるため、金融取引上の信用度を得る重要な方法となるため、活用方法次第ではより銀行から借り入れがし易いといったことに繋がります。

そのため、消費者金融からの借り入れがローン審査で不利になるということは、金融事故がない限り不安に考える必要はありません。