学生がキャッシングで借りられるのはいくらくらい?

大学生でもキャッシングを利用することはできます。

学費や就活費用では一気にまとまった金額が必要となってきますので、キャッシングを利用することを検討している学生も多いのではないでしょうか。

20歳以上で、アルバイトや派遣社員等で定期的な収入を得ていればキャッシングを利用することは可能ですが、その借入額には限度があります。

まずは「総量規制」。これは「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という貸金業法で決められた仕組みです。そのためアルバイトで年に150万円稼いでいたとしても、50万円以上借りるのは法律的に無理です。

しかしかといって50万円を貸してくれるかというと、そういうわけではありません。なぜなら学生には「きちんと貸したお金を返してくれる」という信頼が薄いからです。もしかしたら逃げられるかもしれない、滞納されるかもしれない、ということでキャッシング業者もお金を貸すことに慎重になっています。

そのため年収150万円だったとしても、学生であれば30万円ほどしか借りられないというのが現状かもしれません。例外として学生でも初回から50万円などまとまった金額を借りることができるキャッシング業者もあるそうですが、違法な金利を要求されたりと、怪しい業者が多いので、そうした業者でのキャッシング利用は控えるようにしましょう。