正社員じゃなくてもお金を借りることができる?

キャッシング業者のスタンスとして安定した収入がある人に限って融資をするというのが前提にあります。

最近では働き方に様々なバリエーションがあり正社員ではなくパートや派遣、または契約社員などを選択する人もいます。
あるいは、そうせざるを得ない人もいるかもしれません。

お金を借りたいというときに、正社員じゃない場合はどうなんでしょうか?

実は消費者金融では収入が安定さえしていれば、雇用形態はそれほど問題にはならないようです。
つまり、パートやアルバイトであってもある程度、収入が安定してればいいわけです。

たとえば、週3とか週4で固定してシフトに入っているとかですね。

正社員と比較するとボーナスや手当が少ない文、融資される金額は下がってしまう傾向はあるかもしれません。
ただ、全く融資を受けることができないということはないはずです。

 

まずは大手の消費者金融などでお試し診断とかを活用するのもいいかもしれません。

土日のキャッシングはどうなの?

急にお金が必要になるシチュエーションって平日よりも土日の方が多いのではないでしょうか?

飲み会やと友達の結婚式など挙げれば切りがないですよね。

どうしようもないならキャッシングという手もありますが、どこの会社でも土日に対応しているわけではありません。
基本的には大手の消費者金融であれば大丈夫だと思います。

ただ、審査のときに在籍確認があるので、土日に会社が休みの場合は確認が取れる休み明けの融資になってしまうことがあります。

ここで、会社が土日休みの場合は代替え確認が取れるキャッシング会社もあります。
どういうことかというと、本人確認の書類を社会保険や組合保険を提出する方法です。

こうした健康保険は会社や業種を特定できるんです。

これに合わせて給与明細をつけるといいみたいですね。

なぜ即日キャッシングが必要なのか

急な要り用や不足の事態に見舞われたとき頼りになるのがキャッシングではないでしょうか?

だれかにお金のことでお願いするのは大変です。
そもそもそういう事態のときのために蓄えておくのが当たり前といった意見はあると思います。

確かにその通りなんだと思いますが、
ではなぜ、即日キャッシングを利用する人が多いんでしょうか?

これは、お金のやりくりだけの問題でもなさそうです。

一般的な新卒の場合、手取りは20万円には届かないと思います。

そこから家賃や食費、水道光熱費などを引いていくと残るのは2から3万円くらいではないかと思います。
すると、飲み会や結婚式など突発的な支出が続くと一気にしんどくなってしまうんだと思います。

ましてや自分の趣味に没頭しているような人だと尚更だと思います。

こういう状態だと、あと数万円あったら・・・と思うのも頷けます。