近辺のリサイクルショップは毛嫌いせずにチェーン店でも行って見て下さい。

リサイクルショップが好きで色々と行っています。それこそチェーン店でも無い様な店でも興味を持って入ってしまいます。

かなり保管状態の良くない店もあるし、総じてセンスのない店もあります。

その中で最近行って断然、商品が綺麗で金額もかなり安いと感じたのはセカンドストリートです。色んな店舗もありますが、初めて行った店でした。

恐らく店長の意識であったり、コンセプトを重視しているのではないかと感じられます。

セカンドストリートでは比較的状態のいいスニーカー(メーカー)が1500円も出せば買う事が出来ます。私は900円でスニーカーを購入しました。

他にもスカートやカーディガン等これからのシーズンの物が300円から販売しています。

ブランドの物は数千円や一万円近くの値段が付いていますが、それ以外の商品は500円を出せばいい物が買える店の品ぞろえでした。

セカンドストリートはあちこちにあるので、他の店であまりいい印象が無かったとしても、初めての所は入ってみると新しい発見があるでしょう。

普通に新品で買うよりも断然安く購入出来る上にゲオ系列になるのでポンタポイントも貯まります。100円で1ポイントですので、服や靴を買えばそれなりの値段になるので、お得に貯める事が出来ます。

節約したお金で投資する簡単お金の錬成術

「お金の節約や貯蓄の話なのになんで投資なの?」と思われる方がいるかもしれませんが、今一度、節約と貯蓄の目的を考えてみましょう。これらに共通することはお金を貯めること、つまり”お金を増やすこと”だということができます。

確かに節約した結果、貯蓄できるようになり現在の生活より豊かな生活ができるかもしれません。しかし、節約であれば切り詰めることを継続しなければならない、貯蓄であれば節約したことで生まれたお金を貯蓄するしかない。これだとどちらも今あるお金の無駄を省くことしかできないのでいつか限界がきます。

何より長期的な節約というのは自身の活動の制約にもつながってしまうので精神衛生上、あまり良くないです。ここで私が言いたいことは「その節約して貯蓄したお金を増やしてみませんか?」ということです。例えば節約して貯蓄したお金100万円を銀行に1年預けたところで年利0.01%くらいなので100万100円と全く増えません。

しかし、投資信託など年利3~5%のファンドに100万円預けた場合は1年で103万?105万と普通預金に預けることに比べ300倍以上の成果を出すことができます。以上のことから私は節約し貯蓄したお金を投資に使うことを推奨します。最後までお読み頂きありがとうございました。

コツコツしかない

コンビニで毎日ペットボトルを購入すれば、約150円。

お茶を家で作って持ち歩けば、毎日その金額が貯まります。

コーヒーもそうですよね。内勤の人なら、インスタントコーヒーを会社に置いておけば、毎日コンビニでコーヒーを買うよりもずっと安くすみます。

用もないのに、習慣でコンビニに立ち寄らない。

これだけでも、日々小銭がたまります。

あとは、割引券などをフル活用しましょう。

必要なものがあっても、今日買わなくても良いものは、割引券が使える日や、ポイントが多く貯まる日まで待ちましょう。

スマホに買うものリストを作っておき、お買得な日を逃さないようにすると良いですよ。

冷暖房や電気をこまめに消すことも、結構効果があります。家族がそれぞれの部屋でエアコンを使用するのではなく、部屋を限ってエアコンを使用すると、冷暖房費が大幅に節約できますね。

日々の少しずつの出費を意識して抑えることは、そんなにストレスになることではないはずです。

チリも積もれば山となり。

その分、使うときには使う。欲しいものは買う。

そのメリハリを大切にすれば、毎日の節約も無理なく、ストレスを溜めずに、続けることができるのではないでしょうか。

節約とは、いっとき頑張っても効果はあまりなく、コツコツと続けることが大切なのだと思います。

貯金ができやすい銀行預金の利用の仕方

皆様が持ってらっしゃる銀行の総合口座。普通預金と定期預金が一冊になった便利な口座ですが、それにあと一つ、あまり知られていない口座を開設すると、お金が貯まりやすくなります。それは貯蓄預金口座です。銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行、ろうきんなどで一般金融機関で扱っています。

貯蓄預金口座は普通預金と同じく、いつでも預け入れができて、いつでも引き出すことができ、キャッシュカードも作れます。ただし、公共料金等の引き落としはできません。預金金額が一定額以上になると、利息の優遇があります。

では、その貯蓄預金口座をどのように利用するかといいますと、まず、お給料が入ったら、毎月決めた額の積立金を預金し、給料日前に残った金額をさらに預金して、給料日前の普通預金は、ほぼ0円の状態にしておきます。毎月決めた額の積立金+生活費を使った後の残った金額が貯蓄預金口座に預け入れしていきます

こうすることによって、給料日前の預け入れを増やすために生活費の見直し、節約を積極的にしていくようになるでしょう。

万が一、何か突発的な出金があっても貯蓄預金口座はいつでも引き出すことができるので安心です。

金融機関によっては、普通預金口座から貯蓄預金口座へ自動的に移す「スイング」サービスも行っていますので、上手に利用すれば手間も省けます。

皆様も、いつも利用している金融機関に貯蓄預金口座について、問い合わせて見ると良いでしょう。

節約のコツは小さなことから始めること

欲しい物があったり、生活が苦しかったりなどの様々な理由から節約を始める方は多いかと思います。しかし、節約を始めた人の中にはいろんな本や情報を集めて節約を始めても長続きしないという人もいるかと思います。そこで今回は私自身が行った節約の中で、特に簡単で楽に行えるものをご紹介したいと思います。

まず1つ目は使わない家電のコンセントを抜いておくというものです。基本的な節約としてTV番組などで紹介されたこともあるのでご存知の方も多いかと思いますが、これは数ある節約術の中でも特に簡単ですぐに行えるものになります。具体例としては、電気炊飯器をご飯を炊くときにしか使わない場合は使うとき以外コンセントを抜いておくといったものになります。

次に簡単な節約術はトイレの水を小で流すというものです。一部のトイレにはない場合もありますが、基本的にトイレの水には大小があります。大小の水の量は結構違いがあるので、大量に水を流す必要があるとき以外は基本的に小を使用することで水道料金を節約することができます。

また、これも少し気を付けるだけで良いので非常に簡単です。ただ慣れてしまえば無意識で行えるのですが、小で流す習慣がつくまでに時間がかかるのが難点ともいえます。とりあえず長続きしないという人はこの2つから始めてみてはいかがでしょうか。