リスクの少ないおまとめローン方法って何か?

複数ある返済先を一本化する方法として、おまとめローンや借り換えローンといったものがあります。本来は、貸金業法に基づくローンとなり、纏められるのは貸金業者のみになっていました。しかし、近年では銀行カードローンやフリーローンでのおまとめも可能になっており、消費者金融に比べ総返済額を減らせる可能性があります。

ですが、おまとめローンで返済が苦しくなり、自己破産や任意整理を行う方は少なくはありません。むしろ、誤った返済方法や返済計画により、毎月の返済に余裕が出来るものの、総返済額が苦しくなる他、住宅ローンや自動車ローンなどのローン契約が出来なくなってしまい、生活に行き詰まるケースもあります。

では、おまとめローンを利用する際、このようなリスクを如何に低減すれば良いのか気になります。ずばり。注意しなければならないのが、返済期間が自動的に延長されてしまうことです。消費者金融のキャッシングローンは、自主規制により返済期間を5年に設定しているものが多くあります。そのため、返済額もこの期間で完済できるように決まっています。つまり、おまとめローンで失敗しないためには、毎月の返済額を減らさず、元々の返済期間で完済してしまうことです。

返済額の減額は、返済期間を長くするだけでなく、総返済額が増える原因になります。そして、金利が1%や2%下がったとしても、返済期間が2倍になってしまえばおまとめローンをした意味が無くなります。結果としておまとめローンは、複数の返済先に入金する手間の削減と将来的な返済額の減額がメリットと考えることが重要です。

安易に毎月の返済額が下がるといった商品の謳い文句は、消費者を陥れる罠とも言えるため、信じないことがポイントです。

最近のキャッシングの本人確認は簡単

消費者金融にしても、銀行カードローンにしても、使えるようにすのなら、必ず審査に通らなければなりません。

この審査は、身元確認はもとより、融資後の返済能力もきちんと全てリサーチするための審査であることは言う間でもありません。

その中で本人確認のステップで抵抗を感じる人も少なくありません。

最近は、プライバシー保護の考え方が浸透しているからかもしれません。

特に消費者金融の受付に行って、確認されることは大変な抵抗なのかもしれません。

運転免許証や健康保険証や収入証明書の提出を求められることもあります。

しかし、その時に体面による提出ではなく、インターネットによる提出も可能なのです。

スマートフォンが普及している今では、それを使っての申請でも可能なので、抵抗は少なくなると思います。

なぜわざわざ本人確認が行われるか

キャッシングでは、必ずと言って良いほど本人確認が行われます。いわゆる身分証明書などは、金融会社に提出する事になるでしょう。殆ど全ての会社で、それが行われていますね。

ところでわざわざ本人確認を行う目的ですが、成り済ましなどを防ぐ為です。別人による申込などが生じると、大変な事態が起こり得るからです。

例えばAさんという方が申込をしてきたとの情報を受信したとします。ところがAさんでなく、全く別のBさんが申込をする事例もあり得るのです。当然それは、大変な事になるでしょう。

上記の本人確認を行う意図は、それを防ぐ為です。本人がきちんと身分証明書を提示しているか否かを確認する訳ですね。金融業者としては、リスク管理などをきちんと行っている訳です。

過去に消費者金融から借り入れをしたけど、銀行カードローンの審査で不利にならないの?

大手消費者金融のキャッシングローンは、無人契約機が日本全国に設置されているため、手軽にキャッシング契約が出来るようになています。そして、若い頃は何かと現金出費が多く、お世話になった方も多い筈です。しかし、過去に消費者金融から借り入れをした場合、将来的に銀行のカードローンやその他ローン商材の審査で不利になるのでは無いかと考えてしまうかたもいる筈です。

現在では、大手消費者金融は有名企業となり、信頼できる会社となっています。そして、銀行やクレジットカード会社、そしてノンバンク系となる消費者金融は個人信用情報機関の情報を利用、そして取引情報を登録するようになっています。つまり、消費者金融からの借り入れが金融取引情報を獲得することとなり、信用度の向上に繋がります。

つまり、これまで金融取引が無い方が銀行でカードローンを契約するよりも、消費者金融のキャッシングローンを利用・完済した方が審査結果に有利となります。また、最近では、銀行カードローンやフリーローンの保証委託先が消費者金融というケースが多いため、過去の顧客情報で優良と判斷されていれば、審査に不利になることはありません。消費者金融のキャッシングは、比較的に審査が通過し易い傾向にあるため、金融取引上の信用度を得る重要な方法となるため、活用方法次第ではより銀行から借り入れがし易いといったことに繋がります。

そのため、消費者金融からの借り入れがローン審査で不利になるということは、金融事故がない限り不安に考える必要はありません。

キャッシングは学生であろうとも

キャッシングをすることができる属性というのは、色々とあるのですが学生でも可能であることが多いです。ダメなこともあるのですが、学生でもアルバイトをしているのであれば可能、としているところもあります。要するに収入があればそれで貸せる、ということです。

銀行系のカードローンであればそもそも別に総量規制がありませんから、貸そうと思えば法律的には貸すことができるのですが、やはり収入がないと厳しいです。学生といっても20歳以上であることが最低限の条件になります。20歳でないとどうしても契約行為ができないのでまずは最低限、20歳以上である必要があるのです。キャッシングサービスは学生であろうとも使えるようにしておくことに特にデメリットがないのです。いつでもお金を借りることができる、というのはやはり大きなことであるといえるでしょう。学生といってもこの場合は、大学生か専門学校生でしょうがそれでも利用できると何かと便利です。

審査はそれほど甘くない

消費者金融は大手のアコムやプロミスなどが有名ですが中には中小企業の消費者金融もあります。大手よりもサービスの充実度という点では見劣りしてしまいますが、審査にかかる時間や厳しさなどは実際どうなのでしょうか?

中小企業の消費者金融の審査は担当者がするのですが、融資の可否を最終的に決めるのは店長です。担当者が審査してその情報を店長に伝えて店長が判断するという形になります。そのため大手の消費者金融より審査が甘そうだなと感じてしまう事もありますが審査に落ちてしまう可能性も十分あります。

審査の前に収入なし、他社から年収の3分の1以上の金額を借入、専業主婦などに該当している人は申し込みが不可となっていますので当然審査を受ける事は出来ません。次にパートやアルバイトの人で働いている日数が10日以下の場合は申し込み可能でも安定した注入があるとは言えないので返済能力に疑問を持たれてしまって審査で落とされてしまう可能性が高いです。

これだけを見ると大手消費者金融とそれほど変わらないような気もします。中小企業の消費者金融でもお金を貸すという事には変わらないので審査もそれほど甘くはありません。そのためいい加減な気持ちで中小企業の消費者金融に申し込む事だけは控えましょう。

キャッシングは一人暮らしより実家に住んでいる方が審査に通りやすい?

キャッシングの審査で持ち家か?賃貸か?というのが1つ重要になるというのは知っているかもしれませんが、賃貸と持ち家ということ以外で両親の実家に住んでいるというパターンもあると思います。多くの場合は未婚者になると思いますが、今は働いていても実家に住む人は多いので珍しくないです。

そして、この実家に住んでいるというパターンは賃貸に住んでいるケースよりも審査に通りやすくなる可能性があります。それは単純な理由で、実家に住んでいる方がお金がかからないということが言えます。まず家賃がかかりません。これがとても大きいです。あとはケースバイケースで、食費やガス、水道、光熱費や通信費などもかからないケースがあるかもしれません。通常であれば、実家に住んでいる方がお金がかからないので、借りたお金を返しやすいのではないか?という理屈になるのです。

また、実家に住んでいれば、両親との関係も良いでしょうから、もしものときには両親からもお金を出してもらえるのではないか?と思われるというのもあるでしょう。したがって、実家に住んでいる人の方がキャッシング会社の人間としては、貸しやすい条件と言えると思いますし、安心して貸せる相手になるのです。

学生がキャッシングで借りられるのはいくらくらい?

大学生でもキャッシングを利用することはできます。

学費や就活費用では一気にまとまった金額が必要となってきますので、キャッシングを利用することを検討している学生も多いのではないでしょうか。

20歳以上で、アルバイトや派遣社員等で定期的な収入を得ていればキャッシングを利用することは可能ですが、その借入額には限度があります。

まずは「総量規制」。これは「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という貸金業法で決められた仕組みです。そのためアルバイトで年に150万円稼いでいたとしても、50万円以上借りるのは法律的に無理です。

しかしかといって50万円を貸してくれるかというと、そういうわけではありません。なぜなら学生には「きちんと貸したお金を返してくれる」という信頼が薄いからです。もしかしたら逃げられるかもしれない、滞納されるかもしれない、ということでキャッシング業者もお金を貸すことに慎重になっています。

そのため年収150万円だったとしても、学生であれば30万円ほどしか借りられないというのが現状かもしれません。例外として学生でも初回から50万円などまとまった金額を借りることができるキャッシング業者もあるそうですが、違法な金利を要求されたりと、怪しい業者が多いので、そうした業者でのキャッシング利用は控えるようにしましょう。

キャッシングを利用したい学生が抑えておきたい2つポイント

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。答えから言うと、できます。しかし、キャッシングはいわゆる無担保ローンのため、ある一定の条件がないと学生は利用することができません。では、キャッシングを利用したい学生が抑えておきたいのはどんなポイントなんでしょうか。

まず、大切なのは年齢です。年齢は20歳以上であることです。日本の場合には20歳以上が成年となるからです。ですので、大学生でも18歳などの場合には借りることができません。しかし、親の同意書があれば、未成年でも借り入れることができます。

もうひとつのポイントは、収入です。学生といえども、収入がないとキャッシングを利用することはできません。もちろん、学生なので正社員として働くことはできません。しかし、アルバイトやパートでもいいので、安定した収入を得ているのであれば、借り入れることができます。とはいえ、キャッシングには総量規制があります。総量規制とは年収の三分の一を超えるお金を貸し出すことはできないという規制です。そのため、年収によってキャッシングを利用できる限度額が決まってくるわけです。ですので、自分の年収に応じて、借入額の限度を判断し、申し込みをすることが大切です。

このように、学生でも上記の2つのポイントを抑えているとキャッシングを利用することが可能です。ぜひ、学生だからとあきらめないで、自分の状況が条件にかなうのであれば、申し込んでみてください。

本人確認がいらない会社もあります

給料日前はただでさえ財布の中身が乏しくなるので節約したいところですが、どうしても出席しなければならない接待や飲み会などがあると、無理をしてでもお金を作らなければならない場合もあるでしょうね。

そんなときはキャッシングが便利なので、出来るだけ低金利のローン会社を選んで借り入れするようにしてください。

低金利で融資が受けられる会社といえば信用金庫や銀行などの銀行系になりますが、勤め先に本人確認があったら、嫌だなと思う方もあるでしょうね。

ローン会社が本人確認を行うときは、基本的に会社名ではなく、スタッフの名前で電話をかけてくるので、電話に出た人にキャッシングを利用していることが気付かれる心配はありません。

しかしそれでもやっぱり電話をかけて欲しくないという人はいますから、そんな方は本人確認なしで借り入れ出来るところに申し込んでください。

これはインターネットで調べればわかるので、誰にも知られずに気楽に利用したいという方は、パソコンや携帯電話で探すようにしましょう。

低金利のうえ、企業としての信頼性も高いのが銀行の良いところですが、審査が厳しいという難点があるので、申し込めばみんなが合格出来るわけではありません。

何社も同時に利用していたり、返済が滞っている人の場合は、審査で落とされるされるケースが多いので、もし自分があてはまるなら気を付けなければなりません。

しかしたとえ銀行で落とされたとしても、低金利で利用出来る消費者金融を利用すればよいことなので、一社で落とされたぐらいで、あまり落ち込む必要はないでしょう。

キャッシングの人気ランキングで上位に選ばれているような消費者金融なら安心して申し込めますし、金利が低いうえにスピード審査が出来るので、申し込み後に何時間も待たされることもありません。

中には一定期間、無利息で利用できる会社もあるので、給料日がもうすぐなのに、財布の中にお金がないというときには便利です。

およそ30日間は利息がゼロなので、キャッシング初心者の方には特におすすめします。