カードレスのデメリットとは?長期連休で不便なことも!

銀行や消費者金融のキャッシング契約の中には、カードレスで利用できるものがあります。融資は、銀行口座へ振り込みで行われ、スマートフォンやパソコンから手軽に利用可能です。また、ローンカードを周りに見られる心配もないのがメリットと言えます。

今では、インターネットバンキングに対応し、24時間365日利用できる銀行や消費者金融もあります。ですが、カードレスは便利や安心感を得られるものの、注意しなければ必要な現金を調達出来ないというデメリットもあります。

特に注意が必要なのは、振込先となると金融機関の営業日です。長期連休などで銀行が休業日になると、急な出費に対応できなくなります。また、銀行毎に手続きの締め切り時間もあるため、都市銀行や地方銀行を利用している方には、カードレスでのキャッシングはデメリットの方が大きくなります。

そこで、カードレスでも必要に応じて、短時間でローンカードを発行できる会社を選択するのがおすすめです。これならば、出張や旅行先で提携ATMが所有する銀行口座に対応しない場合でも、無人契約機を探さば問題が解決出来ます。

また、大手消費者金融であれば、銀行よりも休業日が少ないため、年末年始でも不便さがありません。

【アルバイト キャッシング】アルバイトをしていれば学生でもキャッシングはしてもよい?

キャッシングと聞くと働いている人つまり社会人がちょっとお金が必要になった時にするものという印象がありますが、実はソいうケース以外にも広く使われています。

たとえば、主婦だったり学生でもOKです。

学生の場合は、継続的な週に入があることが借り入れをする上での条件になることが多いです。

アルバイトでしっかり稼いでいればキャッシングを利用することが可能です。

学生のキャッシングはあんまり、しないほうがいいと思いますがそれでも

ある程度の年齢ですので、自分の判断で必要と感じるときにはその選択肢を選ぶことは

間違いではないですし、これから必要になる金銭感覚を勉強するために自分で何とかできる範囲で利用するとこは

勉強にもなるのでいいかもしれません。

アルバイトのキャッシングの場合は、続いていることを証明することが必要みたいで

今までこれで働いていましたということよりも毎月これくらいの金額がコンスタントに振り込まれます、という風に言うことのほうが大切みたいです。

これはマンションを借りるときにもそうみたいですね。

こういう何かを借りるときにその人の返すために未来が見えるかということがポイントになるみたいです。

アルバイトといえど継続的な収入がある場合は、社会人と同じサービスを受けることが可能になります。

最近よく聞く銀行のカードローンの問題点とは?

テレビや新聞などで扱われることも多い、銀行のカードローンの問題点とは一体何なのでしょうか。

これは一言で表現すると、利用者側の意識の問題だと言うことができます。カードローンは主に銀行や消費者金融から提供されていますが、消費者金融のカードローンには総量規制という規制が設けられています。この総量規制とは収入による借り入れ制限で、年収の1/3を融資の上限と定めています。

総量規制は消費者金融などのノンバンクと呼ばれる貸金業者に対する規定なので、銀行のカードローンには適用されません。よって、審査次第では年収の1/3を超える借り入れを行うことが可能です。この借り入れ制限が無いことが問題となっているのです。

年収の1/3という上限は、そこまでなら無理なく返済ができるだろうという意味で設けられています。ですが、中にはそれを超えた借り入れを行っても問題なく返済できる人もいるでしょう。そのような人には総量規制という法的な借り入れ制限のない銀行のカードローンは大きな味方となりますが、制限されないことで自分の返済能力を超えた借り入れを行ってしまう人も少なくないのです。

先にも書きましたが、これは利用する側の意識で回避することのできる問題です。例え年収の1/3を超える借り入れが可能だとしても、きちんと返済できる範囲までに留めて利用しなくてはいけません。

最近では銀行側もこの問題に対して、高額の利用者には年収を証明できる書類の提出を義務付けるという対策を行うようになりました。総量規制とは無縁の銀行のカードローンでは以前は特に年収を気にする必要はなかったので、100万円や200万円といった高額の融資になっても収入の確認を行っていませんでした。

よって、今では年収に対して無理のない範囲までの融資しか行わなくなったということもあり、今後はこの問題も治まってくるものと思われますが、銀行のカードローンを利用する際には一応気に留めておいた方がいいでしょう。カードローンは無理のない範囲で利用することが一番大切です。

気になる限度額について

初めてキャッシングサービスを利用するにあたっての「気になる点」として限度額を挙げる方も多いかと思われます。例え審査に通ったとしても、希望する額を融資していただけない事には、話が先に進まないからです。で、その限度額ですが多くの場合、初めてのご利用ならば、10万円から20万円といったあたりが相場になってくるそうです。

コレを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれですが「生活費が足りなくなった」とか「旅行費用が足りない」みたいな、急場をしのぐうえでのキャッシング利用ならば、十分な額と言えるのではないでしょうか。さすがに、ウン百万円もの融資を必要としている人からすると、物足りないと感じるかもしれませんが・・。

しかしながら、キャッシングサービスを利用する人というのは、そこまで高額な融資を期待していないと思うんですよね。実際、私も以前にキャッシングを利用したことがありますが、当面の生活費を賄うことが出来ればそれで十分だったので、10万円という限度額には心から満足することが出来ました。

おかげさまで生活を立て直すことが出来ましたし、本当に利用して良かったと思っています。このように、初めてキャッシングを利用する際には、10万円から20万円といった額が相場になってくるので、それを念頭に申し込みに臨んでくださいね。

自宅を担保にするローンは総量規制対象外ではない?

お金を借りるときには担保を出すというケースもあります。この場合多くは不動産になると思いますが、不動産の中でも自分が今住んでいる家を担保にしてしまうと、総量規制の対象外になってしまうのです。不動産を担保にする場合は基本的には、総量規制の対象にはならないのです。

それは担保があるため、返済に困っても不動産を売却してお金に換えて返済ができるため、総量規制の目的である、返済が困るほどの借りすぎという意義には反しないからです。したがって、そういった担保によるローンなどは総量規制対象外になるということです。

でも、例外があって、自宅など誰かが住んでいる家というのは、そこをとられると、借金は返せても生活の拠点がなくなるわけですから、大問題じゃないですか?だから、そこはさすがに看過できないということで、例外を設けて、人が住んでいる状態の不動産に関しては総量規制の対象にするということになっているのです。

したがって、不動産などを担保にして、今後お金を借りる機会もあるかもしれないですけど、そのときには総量規制の問題がかかわってくる場合もあるので、是非気をつけてほしいですし、こういった細かい例外も知っておきましょう。

プロミスのおとくらぶでお得にキャッシング

大手消費者金融であるプロミスには実はキャッシング以外にも利用することで得られる特典があります。それは「おとくらぶ」というもので、特別年会費などかからずに利用することができ、ピザーラやドミノピザ、ナポリの窯などの飲食店が割引価格で食べれたり、お台場の大江戸温泉やよみうりランド、第一ホテル東京シーフォートなども割引価格で利用することができるとてもお得な特典になっています。

おとくらぶはプロミス会員なら誰でも利用することができ、登録方法も簡単で公式サイトからIDを入力してログインしたら、おとくらぶの新規登録から手続きを進めるだけですぐに利用することができます。ただし前回の借り入れから半年以上経っている場合などは再度利用するまでは特典を受けられなかったりもするので確認が必要です。

キャッシングにおけるATMのメリットとデメリット

急な出費やお金が足りない場合でも、キャッシングを利用してピンチを乗り越える事が可能です。非常に便利なサービスなので、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。キャッシングの利用を考えた場合にATMは非常に重要な役割を持っています。

現在では日本全国コンビニなどでもATMが利用できる環境が整っていますが、キャッシングを利用する場合はもちろん、返済する場合もATMを利用することができるので非常に便利です。しかしATMにはメリットだけではなく、デメリットもあるので、どのような特徴になっているのかサービス内容を十分に調べた上で、利用することが大切ではないでしょうか。

ATMのメリットを考えると、24時間いつでも利用できることが挙げられます。日中の返済ができない場合や、夜中にお金が必要になった場合でもATMを利用することによって、サービスを受けることが可能です。しかし時間外の場合は手数料が発生してしまう場合があり、そのことを十分に検討して利用する必要があるでしょう。

手数料こそがATMのデメリットになりますが、どのような時に手数料が発生するのか把握した上で利用することをお勧めします。使い方によっては非常に便利なATMなので、ATMの特徴をしっかりと把握してキャッシングを活用していきましょう。

モビットの契約の際に便利なサービスについて

三井住友銀行グループのキャッシングサービスであるモビットは、Web完結申込という方法で申し込みを行うことで、自宅に郵送物が届かず、また職場に在籍確認の電話がかかってこずにキャッシングの契約ができるので、誰にも知られずにキャッシングの契約をしたいとお考えの人にはピッタリの金融機関と言っても過言ではありません。

またモビットにはキャッシングの契約申し込みをする際に便利に利用できるサービスが幾つも用意されていて、便利に申し込みができるようになっています。申し込み時の便利なサービスについて、具体的に解説をしていきます。

・借入診断機能

キャッシングに申し込みをする際に多くの人が気になるのが、契約ができるかどうか、ということになります。

モビットの公式サイトには3項目の入力で、借り入れ可能か否か簡易診断をしてくれる機能があるので、これを利用すれば自信を持って申し込みができるのです。

・公式スマホアプリ

iOSとAndroidで利用可能であり、このアプリを使えば契約の際に必要な書類の提出を行なうことができます。

・返済シミュレーション

毎月の返済額や返済期間についてのシミュレーションを無料で何度でも行なうことができます。

これらを利用して、便利にサービスを契約したいですね。