総量規制に引っ掛かって借りられないときには銀行カードローンを

どうしてもお金が必要になったという場合、その金額が比較的少額であるならば消費者金融のキャッシングは借入先として最も便利です。即日融資を受けられるというのが消費者金融のキャッシングのウリとなっており、そのウリ通りにその日のうちにお金を借りることができるからです。

ただし、消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りようとするときには総量規制による貸付制限に注意をしておく必要があります。総量規制による貸付制限は消費者金融や信販会社、クレジット会社からの借入時に適用されますが、総量規制が適用される借り入れでは最大でも年収の三分の一までしかお金を借りることができない決まりになっているからです。

そのため、自分の年収の三分の一を超える金額を借りたいと思ったときには、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込んだほうがいいかもしれません。

即日や小額融資でフリーターの人が陥りやすい罠

フリーターの人ですと、収入が基本敵意安定的ではありませんので、ちょっと働く時間が減ってしまうと

収入が減ってしまうような危険性というのも大きいと思います。

そんな方が、光熱費や生活費のために小額融資や即日融資を利用すると結構危ないものです。

フリーター方が月に手に入れられる収入は10万円台くらいがやっとといった感じです。

そこからの支出を考えるとほとんどお金は残らないでしょう。

そこに基本的な生活に必要なお金をとられるとなるとどうなるでしょう? 慢性的に

収益構造が赤字になりやすい環境が出来やすくなるのです。

そうなると、やはり普段の収入と支出から考えるとかなり返済が厳しい環境におかれやすいと思います。

ですので、生活費や光熱費に困ったときには、徹底的に節約してキャッシングしないようにしましょう。

おまとめローンに積極的なところとは?

おまとめローンとなると、かなり借金がいっぱいになっているレベルですが、積極的に手を出すところも結構あります。

例えば地方銀行です。地方銀行は大手の銀行に顧客を取られている傾向がありますから、

おまとめローンとなると、大手ではおまとめできなかった人を拾えるチャンスでもありますから、おまとめローンを利用するチャンスではあります。

消費者金融も意外に積極的で、顧客が増えるチャンスでありますから審査は意外に甘くなっているといえます。

消費者金融も、近年おまとめローン専門のサービスを展開するなど、結構積極的な部分からもうかがえるでしょう。

その他にもネット銀行もおまとめローンには積極的です。ネット銀行は新興が多いですから、顧客獲得に積極性を発揮しているのです。

プロミスの新規の契約者に対してのサービスが増えました!

プロミスと新規に契約を行うと、30日間の無利息サービスが受けられるのは有名ですが、それに加えて最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドカードのプレゼントが始まりました。

この三井住友VISAプリペイドカードとは、残高の分だけクレジットカードと同様に利用できるプリペイドカードです。チャージが行えるので、残高使い切ってしまってもカード自体はそのまま利用できます。

最初に1,000円がチャージされたカードがプレゼントされ、そして、このカードをプロミスの振込キャッシングの振込先(借り入れがチャージになります)として指定すると、更に1,000円分のチャーンが無料で受けられ、合計2,000円分となります。

既にプロミスと契約をしている人も、2017年5月以降の契約者に限り、契約日から2ヶ月以内であれば会員サイトから申込みを行うと、同様にこのプレゼントを受けることができます。対象の方は急いで申込みを行って是非このカードをもらってください。

SMBCモビットの特徴は「在籍確認なしで借り入れできる」

「SMBCモビット」は、三井住友銀行グループのキャッシング会社であり、大手消費者金融の一角です。SMBCモビットと他の大手消費者金融と比べてどこが違うのでしょうか。

SMBCモビットの特徴はいくつかあるのですが、最大の特徴というと「Web完結なら電話連絡がない」ことです。キャッシングやカードローンの契約をすると「在籍確認を取られる消費者金融も多く」あります。勤務先に電話されて、借り入れするのがバレてしまうということがあります。

それが嫌な人は特にSMBCモビットでWeb完結すると在籍確認なしで借り入れすることができます。なので、在籍している会社にバレることなく借り入れすることができるのがSMBCモビットの特徴です。

プロミスの振込キャッシングを利用して10秒で振込してもらう時の注意点

プロミスの借入方法は振込キャッシングとATMになりますが、振込キャッシングの方がオススメです。融資の依頼をしてから10秒で指定の口座に振込をしてもらえます。早くて手数料も無料なので振込キャッシングを利用してお金を借りる事も多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

プロミスの振込キャッシングを利用する時に10秒で振込をしてもらいたい時は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定するのが条件となっています。

他の銀行の口座を指定してしまうと振込されるまで時間がかかってしまうので10秒で振込をしてもらいたい時は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定するようにしましょう。また口座を持っていない場合は申し込みをする前に口座開設をしておきましょう。

アイフルで活用したい利息0円

消費者金融大手のアイフルは、多くの人に利用されている会社です。手軽にキャッシングをすることができるので有名ですが、この会社を利用するときに活用したいのが利息0円のキャンペーンです。初めての人限定の商品ですが、初めてであれば全く利息を支払うことなくお金を借りることができます。

しかもこの会社は審査のスピードが非常に早く約30分で審査を完了してもらうことができます。来店をする必要がないのですぐに現金を手に入れることができるのこの会社を利用する魅力です。自分がどの程度現金を借りることができるのかを、インターネットのホームページから診断をすることができます。専用のスタッフが親切に説明をしてくれるので安心です。

カードローンの返済遅延で一括返済請求もあり得る!

銀行や消費者金融のカードローンを利用中、うっかりミスや予想外の出費でその月の返済が苦しくなるリスクは少なからずあります。

返済遅延となった場合、カードローンの利用が停止し、約定返済額と遅延損害金を返済すれば問題無いと考えがちです。

しかし、多くのカードローンに於ける取引規約には、返済が遅れた場合は全額返済義務を負うという厳しい項目が定められています。

短期間の遅延であれば問題無い、3ヶ月以上経過しなければ個人信用情報に事故情報は残らないなどの情報がインターネット上に溢れているものの、実際には返済遅延発生後、次回の約定返済日までに遅延損害金を含む金額の返済をしなければ全額一括返済となるため、実質的には1ヶ月以内で大きなダメージを受けることになります。

そのため、返済が遅れた際は速やかに窓口やフリーダイヤルヘ連絡を行い、返済に関する指示や判断を受けることが重要です。

カードローンでキャッシングするために必要な書類

現在ではたくさんの消費者金融がありますが、どこで申し込むにしても必ず審査がありそれに通らないと融資を受けることはできません。

では、いざ実際に利用しようと申し込む場合にいくつか必要になってくる書類があります。

確実に必要なものとして本人確認用の書類です。他人の身分証を使い本人になりすまして利用することを防ぐ意味で必ず必要になってきます。これは免許証があれば免許証だけでOKのところが多いです。免許証の代わりにパスポートでも可能のところも多いです。保険証や住民票ですと2種類必要になる場合もあります。外国人の方ですと在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書なども本人確認で有効になります。顔写真が証明書の場合は複数提出を求められることもありますが、公共料金の領収証などの提出でOKの場合も多いので、詳しくは事前に各金融機関に確認するようにしましょう。

もう一つ、収入証明書というものが必要になる場合があります。これは各金融機関によりけりなのですが、融資するにあたって返済能力がちゃんとあるかどうかの確認として利用限度額が高額になると提出を求められる場合が多いです。基本的にカードローンでは借入が50万円を超える場合か、他社の借り入れ総額と希望額が100万円を超える場合は提出が義務付けられています。収入証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などになりますので、こちらも必要な場合は各金融機関に確認してから提出するようにしましょう。

土日のキャッシング申し込みと即日融資について

初めてキャッシングを利用する場合、借り入れまでの一般的な流れは、インターネットで申し込み手続き→審査→自動契約機でローンカードを受け取る→ATMを使って現金を引き出す、となっています。初めての申し込みでは、すぐにお金が必要という事情が多いので、即日融資を希望する人も多くなっていますが、自動契約機が稼働している時間内に審査が完了すれば即日融資が可能です。

最近では、申込みから借り入れまで全ての手続きをWEBで完了できるサービスが増えています。自動契約機に出向く必要はなく、借入金は指定の銀行口座に振り込んでもらえます。仕事中に申し込んで、帰宅途中で自分の銀行口座からお金を引き出すこともでき便利なサービスですが、WEB完結での即日融資は、銀行の営業時間内に全ての手続きを完了させる必要があるので、平日の14時半あたりがタイムリミットとなっています。つまり、自動契約機に出向くことができない場合は、土日の即日融資は難しくなってきます。また、土日は職場への在籍確認ができないために審査が完了せず、即日融資が不可となることもあります。

消費者金融の広告では、24時間365日いつでも申し込み可能、となっていますが、申し込み可能=融資可能、ではありません。初めての利用で土日の即日融資を希望する場合は、申込み前に、自動契約機の場所や営業時間を確認しておきましょう。”