即日融資を受けたい時はしっかり把握しておこう!プロミスの営業時間について

大手消費者金融のプロミスは融資スピードが優れているのが特徴ですが、店頭窓口、自動契約機、電話問い合わせのプロミスコールは営業時間があるので即日融資を受ける時はしっかり把握しておく必要があります。そこでそれぞれに営業時間を確認していきましょう。

店頭窓口の営業時間は10時から18時までで平日のみとなっています。土日祝日は営業していないので注意が必要です。自動契約機の営業時間は9時から22時までで平日でも土日祝日でも営業しています。電話問い合わせのプロミスコールの電話受付対応時間は9時から22時までで平日でも土日祝日でも受付しています。しかし地域によって自動契約機の営業時間と電話問い合わせのプロミスコールの電話受付対応時間が21時までとなっている事もあるので注意しましょう。

無利息サービスを活用してオトクにカードローンを利用しよう

お金を借りたいけれど、金利が気になって借りる勇気がないという方はたくさんいます。お金を借りたら返済時に利息と一緒に返すのが一般的です。ですが、最近では無利息期間を設けている消費者金融が増えています。

インターネットやテレビコマーシャルなどでよく見かける大手消費者金融などでは、30日間無利息など一定期間は利息なしで利用できる特典を用意しています。この無利息サービスは、初めて利用する方限定のサービスにはなりますが、無利息期間内に完済すれば利息を1円も支払うことなく元金のみで利用できるのでオトクです。

金利が気になる、返済の負担を少しでも減らしたいという方は、無利息サービスのある消費者金融での借入れがオススメです。

アルバイトでもキャッシング審査で不利にならない属性とは?

正社員ではなくアルバイト勤務だとキャッシングで借入出来ない。このようなネガティブイメージがありますが決して諦める事はありません。アルバイト勤務でも多くの方がキャッシングを利用している事実があります。では同じアルバイトであっても審査時に不利にならない属性を紹介しましょう。

1つは勤続年数です。アルバイトでも同じ会社で働いている期間が長ければ長いほど良い印象を持たれます。次は居住年数。同じ場所に長く住んでいると生活が安定していると判断され良い印象となるでしょう。もう1つは既婚か未婚かです。

既婚者であれば配偶者の年収も審査に加味されますので、配偶者が働いていれば審査には良い効果があります。最後は給与形態です。単発の勤務ではなく月に一定の勤務日数が確保されていたり、月々で大体もらえる収入が同じという場合には良い印象となります。

このようにアルバイトでも最初からキャッシング審査を諦める必要はありません。上記に1つでも該当するなら申込みをしてみましょう。

学生が初めてのキャッシングをする場合にオススメの業者は?

急に友人と食事に行くことになった。サークルで旅行へ行くことになったなど、学生であっても訪れる急な出費。そのような時にキャッシングを選ぶ方は決して少なくありません。学生が初めてのキャッシングをする場合、どんな業者が良いのでしょうか?

結論から申し上げますと大手のキャッシング業者をオススメします。確かに学生専門キャッシングという業者は幾つもあり、使い勝手が良さそうなイメージを持たせておりますが、利便性を考えるならば間違いなくプロミスやモビットなどの大手業者が良いです。

コンビニATMでの借入や返済に加えて、最近ではスマホアプリを使ってカードレスの取引も可能となりました。しかもweb完結という申込み方法もあり、郵送物がご自宅に届きませんので家族にもバレる心配がありません。学生でも多くの方が使っている大手業者のキャッシングは、きっとピンチの時の味方になりますよ。

実質年率3%から10%で最大800万円まで借り入れ出来るアコムでのキャッシング

貸金業法の下で運営されているアコムは、個人向けにキャッシングという形で融資を実施しています。アコムのキャッシングは借入年率が3%から10%となっており、最大800万円まで借り入れが出来る仕組みになっていますが、これはアコムが審査の時に決定する内容によって変わってきますので、必ず、この通りに借り入れが出来るというわけではありませんので注意が必要です。

借り入れをする場合には申込みをする必要がありますが、Web申込みであれば24時間受け付けていますので、いつでも申込みが行えます。即日融資を希望するのであれば、平日の早い時間帯に申込みをしておく事で審査の開始時間が早くなって、審査結果の通知も早く行われるようになりますので実現可能です。

手軽にキャッシングを利用するために

すぐに現金を入手できるキャッシングの方法には、銀行ローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシング機能など、様々なものがあります。手続きや審査、借り入れ可能金額や利率などについては、それぞれのサービスごとで特徴があるので、自分に使いやすいものを選んで利用することが大切です。

しかし、いざ現金が必要になったときに、ゆっくりとサービスの情報を集めてそれから比較して選んでいる、なんていう余裕がないこともあります。また、身近なところにあるATMなどで利用できるのかも現実的な問題です。そこで、日ごろからそれぞれのサービスについて情報を集めて、使いやすそうなものをいくつか絞っておくことが大切です。ATMの場所などについてもメモしておくと便利です。

プロミスのフリーキャッシングとレディースキャッシングの使い分け

大手消費者金融会社であるプロミスでは、フリーキャッシングとレディースキャッシングの提供を行っています。キャッシングは利用用途が自由であり、借りたお金を期日までに利息を加えて返済すれば、様々なシーンで使えます。プロミスのフリーキャッシングは通常のキャッシング、レディースキャッシングは他社で言うレディースローンに相当するものです。

フリーキャッシングは急な出費が発生した時に利用する事で必要な資金を用意する事が可能な融資サービスです。一方で、レディースキャッシングは女性専用のキャッシングサービスになっており、フリーキャッシングとの違いは女性客への対応を女性スタッフが行い、各種手続きを行う点です。その為、使い分けとしては、女性以外の利用者はフリーキャッシングを利用し、女性はレディースキャッシングを使うのが効果的です。

アルバイトしながらキャッシングを活用する事で資金調達を進める

旅行に行ったり、何かを購入したり、交際費が必要になったりというように、お金が必要になるシーンが多々あります。アルバイトをしながら、更に資金調達をしたいのであれば、キャッシングを利用するというのも一つの手段として効果的です。短期間借り入れをして、アルバイトの給料日に返済をするようにしておけば、スムーズにキャッシングを安心して使っていく事が出来るでしょう。

キャッシングを利用する事でユーザーが立てていた計画を前倒しに実行する事ができ、計画が終わった後に期日までに借り入れしたお金を返済すれば効率的にお金を使っていく事が可能です。アルバイトであっても、収入条件や年齢条件をクリアしていれば、申込みが出来て審査を通過する可能性が高まります。

事実上はすべてのキャッシングで総量規制があることになる

金融業者は大きく分けて銀行法の適用をうける銀行と貸金業法の適用を受ける銀行以外に分けることができます。貸金業者としては、消費者金融を上げることができます。多重債務者問題から、2010年の改正貸金業法の施行によって総量規制が導入されましたが、銀行は総量規制対象外となっていました。

しかし、2017年に表面化した銀行カードローンの過剰融資問題によって、全国銀行協会の主導による自主規制が呼びかけられました。これは自主規制という言葉になっていますが、ほとんど強制的な規制と変わらないと言っていいでしょう。これによって、銀行法には条文として書かれていないものの、銀行にも総量規制が導入されたと解釈していいと思われます。

初めてカードローンを利用する人におすすめ、楽天銀行スーパーローン

カードローンの利用を考えている人に、どこのカードローンがいいか一つだけ選ぶとしたら、楽天銀行のスーパーローンをお勧めします。

即日融資に対応していない、申込みはWEBのみ(電話での申し込みはできない)、カードは自宅に郵送される等の不便な面がありますが、メリットも多いカードローンです。

楽天スーパーローンのメリットは、メガバンク並みの低い金利、申込みや利用状況に応じて楽天スーパーポイントが貯まる等、実質的なお得感が高くなっていることです。楽天銀行に口座を持っていなくても利用できますが、スーパーローンの申し込みと同時に口座を開設すると、30日間の無利息サービスも利用できます。

銀行系のカードローンの中では審査基準はそれほど厳しくないと言われています。アルバイトやパートの人でも申し込めるので、初めてのカードローンの申し込み先として、検討する価値があると思います。

キャッシングの利用は審査通過後になる

お金が無い時に便利なキャッシングですが、ただ申し込むだけでは利用できません。申し込むと審査が待っていて、それに通ってこそ利用できるのです。ゆえに、もしも審査に落ちてしまったら、残念ながら一円も借りられません。

しかし一人前の自立した社会人であるならば、キャッシングの審査は普通に通ると考えて間違いありません。なぜなら審査に落ちてしまう人とは、既に借金を抱えていたり、あるいは収入が極端に少ないなどの何か特別な問題を抱えている人たちだけだからです。

また、最近では学生や主婦向けのキャッシングも充実していますので、自分の身の丈に合った少額の借金であるなら、キャッシングの審査も通りやすくなっています。まずはきちんと申し込んで審査を受けてみましょう。

女性向けキャッシングのメリットと注意点について

プロミスのレディースキャッシング、アコムレディースローン、アイフルのスラリ等、大手消費者金融では、女性の利用者を増やしたいという意向から、女性向けのキャッシングを行っています。

女性向けキャッシングの特徴は、女性のオペレーターが対応する女性専用ダイヤルがある、全ての手続きをインターネットで行えるようになっていて、自動契約機に行かなくても借り入れできる等、キャッシング利用で人目が気になる女性の気持ちに配慮されています。

初めての利用では、一般向けキャッシングと同じように、無利息サービスが適用されるので、銀行のキャッシングよりも利息を抑えられる場合もあります。

注意点は、消費者金融のキャッシングなので、本人に収入のない専業主婦は申し込めないという点です。定期的な収入があるなら、パートやアルバイトでも申し込み可能です。

キャッシング返済の不安はつきもの

はじめに私はキャッシングという言葉を知って怖いイメージしかありませんでした。大人になるにつれて出費は増え収入とは裏腹にお金は減っていくばかり。

そんなときクレジットカードという存在を知り、不安ではありましたが、

契約をする決意をしました。最初は少額から利用し、いつしか高額へとなり、

その返済は何年もかかるというほどになりました。

そんな時、海外旅行に目覚めそこでキャッシング機能を利用するようになりました。はじめはとても不安でしたが、自分の使った金額を把握していれば、そんなに不安になる事はなかったんですね。

キャッシングは多額の場合は利子など支払いに不利になるという考えもありますが、私は少額であればキャッシングをうまく利用し、個々の生活に役立てればよいのではないかと思います。特に海外に行かれる場合は日本で作ったクレジットカードでも現地のATMで利用すると現地通貨がそのまま出金出来るので本当に便利だと思います。あくまでも自分自身の使う金額を把握しておくのが前提ですが。

カードローンでのおまとめローン!無駄な利息支払いになることも!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的は原則的に自由ということからおまとめローンにも利用可能です。金利の高い消費者金融のキャッシングであれば、銀行カードローンでおまとめローンをする事で金利が下がり、総返済額は同じ返済期間であれば減少します。

ですが、カードローンでのおまとめローンでは、本来不要な利息が発生する可能があります。それは、おまとめローン時に利息込みの金額でまとめる場合です。結果、利息に利息が上乗せされてしまい無駄が生じてしまいます。そのため、カードローンでおまとめローンをする際は、利息だけは分離した方がお得になります。少額のおまとめローンであれば、発生する利息は少ないものの、限度額上限で借り入れしている分については要注意です。

消費者金融カードローンより銀行カードローンの方がおすすめ

カードローンには大きく分けて二種類あり、「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」と分けられます。普通に借りるなら銀行カードローンの方がおすすめです。複数の借り入れやブラックリストに載ってしまっている人には消費者金融カードの方が良いでしょう。

なぜ普通に借りるなら銀行カードローンの方がいいかというとまずは「上限金利が低い」ことがあげられます。初めて金融機関からカードローンを利用する時は、大概の場合、上限金利が用いられます。そのため、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンより上限金利が1.5%から2%くらいまで低く設定されているところが多いので、普通に借りるなら銀行カードローンの方が良いでしょう。

プロミスがアコムと比較して優れている点と劣っている点は?

プロミスはアコムに比べて優れている点が多いです。まず上限金利の設定を比較してみるとアコムは18%ですが、プロミスは17.8%なのでお得にお金を借りる事が出来ます。次に無利息サービスの適用開始時期を比較してみるとアコムは契約日の翌日からになっていますが、プロミスは初回借入日の翌日からになっています。

それで契約完了した後に慌ててお金を借りる必要もありません。このようにプロミスはアコムより優れている点が目立ちますが、劣っている部分もあるのでしっかり把握しておく必要があります。

アコムは限度額が最大800万円までになっていますが、プロミスは限度額が最大で500万円までになっています。限度額の設定が低いので多額の借り入れをする時に問題が発生してしまう可能性があります。借入希望額が多い時はプロミスを利用する時に注意しましょう。

銀行系カードローンが自主規制強化をする背景とは?

近年、即日融資の取りやめや、総量規制の意識、CMの数の制限といった感じで銀行がカードローンを行わないようにすることが進められています。

こういったことが進んでいる背景には、自己破産の件数が若干ですが増えた原因がカードローンにあるのではないかといわれていることです。

カードローンは貸金業法のような強烈な規制はありません。 ですので、自由にやりやすい部分があり、

総量規制以上のお金をかしたり、低い金利で勧誘したりと多くの顧客を手に入れつつ、返済が難しくなるくらいのお金も貸してきました。

そういったことによって、業界全体のイメージが悪くなることを恐れて、これからはできる限り悪いイメージをなくすために

従来のサービスよりも悪くはなりますが、健全性を取ることとなったのです。

プロミスのアプリローンが便利です

プロミスではこの秋から新アプリ「アプリローン」の提供を開始しています。旧アプリはほぼ契約専用でしたが、アプリローンは借入や返済までスマホ1つでできる大変便利なものです。

まず旧アプリは契約はWebでできるものの、平日の夕方以降や土日祝日に即日融資を受けるには、どうしても自動契約機でカードを受け取る手間がかかりました。これがアプリローンで契約すると、いつでもWeb完結で契約が完了します。

なぜならアプリローンで契約すると、カードレスとなります。お近くのセブンイレブンやイトーヨーカ堂などにあるセブン銀行ATMに行けば、スマホの簡単な操作でお金が借りられます。もちろん契約した日から時間を気にすることなく借りられるので、大変便利です。

今レイクが借入のチャンス!その理由とは?

新生銀行のカードローンであるレイクが、2018年3月を持って新規貸付を停止し新会社に移行すると発表されました。これをみると儲かっていなかったのかと思われるかもしれませんが、営業利益は伸びています。では儲かっているのに何故辞めるのかと不可解さは残ります。この背景には現在銀行カードローンに対する風当たりの強さが考えられます。

今年も自己破産者数が続伸し、これは銀行カードローンが原因だと金融庁から名指しで指摘を受けています。最初は指導のみだったのが立ち入り調査まで入るようになり、この辺りで見切りを付けようと経営陣が考えたものと推察できるのです。

新生銀行はレイクを辞めると発表したのに、今もテレビCMは放送しています。これは来年の3月まで貸せるだけ貸して新会社に移行しようと目論んでいるのが分かります。レイクは銀行カードローンなので総量規制の対象外です。年収の3分の1までしか借りられないという制限がないので、今が最大のチャンスだと言えるのです。

今レイクは最後の稼ぎ時だと新規貸付に力を入れていると推察できます。ですからなるべく多くの金額を借りたい審査にちょっと不安のある方に、レイクは絶好の借入のチャンスだと言えるのです。

レイクのキャッシング

レイクといえば、テレビでCMを流しており、誰もが一度は耳にしたことがある会社名です。レイクは元々は消費者金融としてキャッシングを行っていましたが、依はは新生銀行の銀行カードローンです。ですから消費者金融の良いところと銀行カードローンの良いところの両方を利用できます。初めての利用の方であれば、5万円まで180日間利息0円もしくは、限度額にかかわらず30日間利息0円のどちらかを利用できます。

うまく利用すれば、利息をまったく支払わないで完済することが可能です。ですからレイクのキャッシングカードは、万が一のために作っておいても損のないカードと言えます。セブンバンクで借り入れ、返済ができ、もちろんATM手数料は0円です。

利用者は、会社員はもちろんのこと、審査に通りにくいと言われている主婦やパート、アルバイトであっても、安定した収入があれば利用できます。利用できるかどうか心配な場合は、お借り入れ診断を利用するといいでしょう。無記名で4つの項目を入力するだけで簡単に審査結果がでます。

またネットで申込みをすれば、最大100万円までの審査結果をネットで確認することができます。もちろん来店不要で、その日のうちに指定口座へ振り込みが可能です。

ほぼ横並びの消費者金融はなにを決め手にする?

キャッシングをする際にはどの金融機関を利用するか迷ってしまう場合もあります。

とくに消費者金融は大手であれば利息もほぼ横並びでコンビニATMやネット利用もできるため、サービス面において大きな差異はないように感じます。

返済額を少しでも抑えたいという方は、無人契約機の設置場所で選んでみることも良いかもしれません。

コンビニATMは24時間いつでも利用できるというメリットがあるものの、利用するたびに手数料が発生してしまいます。

その反面、無人契約機などに設置されている専用ATMは、借り入れや返済時に手数料を無料にしている会社が多いのです、

24時間いつでもというわけにはいきませんが、比較的遅い時間まで利用できるので、近所や行動範囲の中に無人契約機がある場合にはその金融機関を選んでみることで手数料を節約することができます。

レイクのカードローンは年収に関係なく借入可能

2010年に総量規制の法律が施行されてからというもの、年収の3分の1を超える借入が不可能となってしまったため、利便性の高いローンとして人気のあったカードローンは非常に利用しにくくなってしまいました。

しかしこの総量規制の法律の対象となるのは、消費者金融系カードローン等でり、銀行のカードローンは対象外という大きな特徴があります。かつては大手消費者金融として名を馳せたレイクのカードローンは現在では新生銀行グループの銀行系カードローンとなっているので、レイクのカードローンならば総量規制を受けないので、年収に関係なく借り入れができるというメリットがあるのです。

レイクのカードローンは銀行系カードローンになったとはいえ、かつてのような利便性を失ったわけではありません。

インターネットや無人契約機から申込みをすれば、最短で即日借り入れができますし、契約の際には新生銀行の口座開設をする必要もありません。

また申込時の利用限度額を低めにして申込みをすれば、収入証明書類の提出も不要となり、運転免許証さえ用意すれば契約が可能となっているのです。

レイクのカードローンは消費者金融系カードローン並の利便性がありつつ、総量規制対象外という大きなメリットの有る、非常に便利なカードローンとなっているのです。

カードレスのデメリットとは?長期連休で不便なことも!

銀行や消費者金融のキャッシング契約の中には、カードレスで利用できるものがあります。融資は、銀行口座へ振り込みで行われ、スマートフォンやパソコンから手軽に利用可能です。また、ローンカードを周りに見られる心配もないのがメリットと言えます。

今では、インターネットバンキングに対応し、24時間365日利用できる銀行や消費者金融もあります。ですが、カードレスは便利や安心感を得られるものの、注意しなければ必要な現金を調達出来ないというデメリットもあります。

特に注意が必要なのは、振込先となると金融機関の営業日です。長期連休などで銀行が休業日になると、急な出費に対応できなくなります。また、銀行毎に手続きの締め切り時間もあるため、都市銀行や地方銀行を利用している方には、カードレスでのキャッシングはデメリットの方が大きくなります。

そこで、カードレスでも必要に応じて、短時間でローンカードを発行できる会社を選択するのがおすすめです。これならば、出張や旅行先で提携ATMが所有する銀行口座に対応しない場合でも、無人契約機を探さば問題が解決出来ます。

また、大手消費者金融であれば、銀行よりも休業日が少ないため、年末年始でも不便さがありません。

学生がキャッシングの利用中に就職した場合は?

キャッシングは学生でも利用できます。そして、その利用中に卒業をして就職をした場合にはどうしたらいいのかと言えば、そのことを利用しているキャッシング会社までなるべく早く連絡してください。

学生の場合、収入源がアルバイトのことがほとんどなので、比較的低額の限度額での利用になります。平均して毎月5万円の収入があるケースでは、年収に換算すると約60万円となり、その1/3の20万円が限度額の上限です。

ですが、就職をして社会人になると、アルバイトで稼いでいた金額と比べてかなり収入が増えるので、就職をしたという連絡によって限度額が増額される可能性が非常に高いです。学生時代に1年以上利用していて、その間にきちんと返済を行っていた場合、一気に50万円まで増額されることも珍しくありません。

また、この連絡は何も限度額を増額する為だけでないので、速やかに行ってください。キャッシング会社に届け出ている情報が変更になった場合にはそれをできるだけ早く連絡することが大切です。一度契約をした後も、キャッシング会社側は信用情報のチェックや、場合によっては職場の確認などを行っています。その際に登録されている情報とは違うことが発覚すると、いい印象を持たれないだけでなく、しばらく追加での融資が受けられなくなってしまったり、限度額が減らされてしまうなど、これからのキャッシングの利用に影響してしまうことがあります。

特にこの学生から社会人になったという場合は大きな登録情報の変更になるので、就職先の会社に勤務を始めた段階ですぐにその連絡を行いましょう。

初めてキャッシングを利用するならレイク

お金が必要でキャッシングをしたいと思った時に、初めてであればどこで借りるか悩むと思います。

そういった人にお勧めしたいのが、レイクでお金を借りることです。

レイクがお勧めな理由としては、いくつかあります。

まず初めて借りる人に対して無利息で貸してくれる期間があることです。30日間借り入れの全額無利息、5万円までであれば180日間無利息という二つの

コースがあるのですが、自分でどちらかを選んで借り入れすることができます。

利息により返済額が多くなるので、無利息期間があることは非常に助かります。

すぐにお金が借りたいという人にとっても、即日にお金を貸してもらえるというメリットがあります。

お店まで足を運ぶ必要はなく、インターネットから申し込みをして、審査に通った場合には、その日のうちに指定の金融機関の口座に

お金が振り込まれます。

また返済時に色々な方法で返済できるところも魅力です。

提携しているATMやコンビニATMから返済もできますし、手数料はかかりません。

WEBで返済をする、金融機関から引き落としで返済するなど、自分の都合に合わせて選ぶことができるので、

便利です。

このようにレイクには、たくさんの良さがあり、初めての人は特にレイクがお勧めです。

【アルバイト キャッシング】アルバイトをしていれば学生でもキャッシングはしてもよい?

キャッシングと聞くと働いている人つまり社会人がちょっとお金が必要になった時にするものという印象がありますが、実はソいうケース以外にも広く使われています。

たとえば、主婦だったり学生でもOKです。

学生の場合は、継続的な週に入があることが借り入れをする上での条件になることが多いです。

アルバイトでしっかり稼いでいればキャッシングを利用することが可能です。

学生のキャッシングはあんまり、しないほうがいいと思いますがそれでも

ある程度の年齢ですので、自分の判断で必要と感じるときにはその選択肢を選ぶことは

間違いではないですし、これから必要になる金銭感覚を勉強するために自分で何とかできる範囲で利用するとこは

勉強にもなるのでいいかもしれません。

アルバイトのキャッシングの場合は、続いていることを証明することが必要みたいで

今までこれで働いていましたということよりも毎月これくらいの金額がコンスタントに振り込まれます、という風に言うことのほうが大切みたいです。

これはマンションを借りるときにもそうみたいですね。

こういう何かを借りるときにその人の返すために未来が見えるかということがポイントになるみたいです。

アルバイトといえど継続的な収入がある場合は、社会人と同じサービスを受けることが可能になります。

キャッシングの審査に通らない理由はなにか

キャッシングを利用したい人が必ず受けなくてはならないのがキャッシング業者の審査です。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

もちろんキャッシング業者によって審査が厳しいとか甘いとかの違いはありますが、どのような業者にキャッシングを申し込んでも審査に通らないという人がいます。

キャッシングの審査で最も重要視されるのが、個人信用情報です。その個人信用情報で事故情報と呼ばれるものが記載されているような場合には審査に通らない可能性が高くなって今います。事故情報とは遅延や返済に不能などの情報です。それに銀行のキャッシングを除いて総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れができなくなる制度に引っかかっていれば無条件で審査に通過することはできません。

個人信用情報に瑕疵がないとすれば、次に審査で重要視されるのはキャッシングを申し込んだ人の返済能力の問題です。具体的に言えば毎月安定した収入があり、融資しても融資のお金を返済する能力がその人にあるかどうかを審査します。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなりますし、返済能力がないということになれば審査の通過はおぼつかなくなるでしょう。

消費者金融の審査とは?

消費者金融でお金を借りる時には確実に審査をされることになります。審査をされることによって、お金を貸してよいのか、ということを見られることになります。見られるところ、審査をされるところはほぼ同じようなことになります。審査というのは、まずは収入が見られることになります。

つまりは、どのくらい稼いでいるのか、ということです。そして、他にどのくらいお金を借りているのか、ということも重要になります。当然、借りていない人も多いでしょう。それならば問題はないです。稼いでいる、というのはかなり重要な要素であり、返済能力にダイレクトに影響することになるからです。

後は年齢なども前提条件になります。消費者金融では20歳以上であること、というのが最低条件になっています。これは契約行為などが確たるものとしてできないからです。上限に関してはそこまで定まっているわけではないでしょうが65歳程度が多くなっています。

年齢によって駄目、よし、ということが消費者金融にもあるわけです。これも審査における重要なポイントになるので覚えておきましょう。消費者金融ではキャッシングですから保証人有無などは関係ないですから、それは気にしないことです。

最近よく聞く銀行のカードローンの問題点とは?

テレビや新聞などで扱われることも多い、銀行のカードローンの問題点とは一体何なのでしょうか。

これは一言で表現すると、利用者側の意識の問題だと言うことができます。カードローンは主に銀行や消費者金融から提供されていますが、消費者金融のカードローンには総量規制という規制が設けられています。この総量規制とは収入による借り入れ制限で、年収の1/3を融資の上限と定めています。

総量規制は消費者金融などのノンバンクと呼ばれる貸金業者に対する規定なので、銀行のカードローンには適用されません。よって、審査次第では年収の1/3を超える借り入れを行うことが可能です。この借り入れ制限が無いことが問題となっているのです。

年収の1/3という上限は、そこまでなら無理なく返済ができるだろうという意味で設けられています。ですが、中にはそれを超えた借り入れを行っても問題なく返済できる人もいるでしょう。そのような人には総量規制という法的な借り入れ制限のない銀行のカードローンは大きな味方となりますが、制限されないことで自分の返済能力を超えた借り入れを行ってしまう人も少なくないのです。

先にも書きましたが、これは利用する側の意識で回避することのできる問題です。例え年収の1/3を超える借り入れが可能だとしても、きちんと返済できる範囲までに留めて利用しなくてはいけません。

最近では銀行側もこの問題に対して、高額の利用者には年収を証明できる書類の提出を義務付けるという対策を行うようになりました。総量規制とは無縁の銀行のカードローンでは以前は特に年収を気にする必要はなかったので、100万円や200万円といった高額の融資になっても収入の確認を行っていませんでした。

よって、今では年収に対して無理のない範囲までの融資しか行わなくなったということもあり、今後はこの問題も治まってくるものと思われますが、銀行のカードローンを利用する際には一応気に留めておいた方がいいでしょう。カードローンは無理のない範囲で利用することが一番大切です。

気になる限度額について

初めてキャッシングサービスを利用するにあたっての「気になる点」として限度額を挙げる方も多いかと思われます。例え審査に通ったとしても、希望する額を融資していただけない事には、話が先に進まないからです。で、その限度額ですが多くの場合、初めてのご利用ならば、10万円から20万円といったあたりが相場になってくるそうです。

コレを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれですが「生活費が足りなくなった」とか「旅行費用が足りない」みたいな、急場をしのぐうえでのキャッシング利用ならば、十分な額と言えるのではないでしょうか。さすがに、ウン百万円もの融資を必要としている人からすると、物足りないと感じるかもしれませんが・・。

しかしながら、キャッシングサービスを利用する人というのは、そこまで高額な融資を期待していないと思うんですよね。実際、私も以前にキャッシングを利用したことがありますが、当面の生活費を賄うことが出来ればそれで十分だったので、10万円という限度額には心から満足することが出来ました。

おかげさまで生活を立て直すことが出来ましたし、本当に利用して良かったと思っています。このように、初めてキャッシングを利用する際には、10万円から20万円といった額が相場になってくるので、それを念頭に申し込みに臨んでくださいね。