レイクのカードローンは年収に関係なく借入可能

2010年に総量規制の法律が施行されてからというもの、年収の3分の1を超える借入が不可能となってしまったため、利便性の高いローンとして人気のあったカードローンは非常に利用しにくくなってしまいました。

しかしこの総量規制の法律の対象となるのは、消費者金融系カードローン等でり、銀行のカードローンは対象外という大きな特徴があります。かつては大手消費者金融として名を馳せたレイクのカードローンは現在では新生銀行グループの銀行系カードローンとなっているので、レイクのカードローンならば総量規制を受けないので、年収に関係なく借り入れができるというメリットがあるのです。

レイクのカードローンは銀行系カードローンになったとはいえ、かつてのような利便性を失ったわけではありません。

インターネットや無人契約機から申込みをすれば、最短で即日借り入れができますし、契約の際には新生銀行の口座開設をする必要もありません。

また申込時の利用限度額を低めにして申込みをすれば、収入証明書類の提出も不要となり、運転免許証さえ用意すれば契約が可能となっているのです。

レイクのカードローンは消費者金融系カードローン並の利便性がありつつ、総量規制対象外という大きなメリットの有る、非常に便利なカードローンとなっているのです。

カードレスのデメリットとは?長期連休で不便なことも!

銀行や消費者金融のキャッシング契約の中には、カードレスで利用できるものがあります。融資は、銀行口座へ振り込みで行われ、スマートフォンやパソコンから手軽に利用可能です。また、ローンカードを周りに見られる心配もないのがメリットと言えます。

今では、インターネットバンキングに対応し、24時間365日利用できる銀行や消費者金融もあります。ですが、カードレスは便利や安心感を得られるものの、注意しなければ必要な現金を調達出来ないというデメリットもあります。

特に注意が必要なのは、振込先となると金融機関の営業日です。長期連休などで銀行が休業日になると、急な出費に対応できなくなります。また、銀行毎に手続きの締め切り時間もあるため、都市銀行や地方銀行を利用している方には、カードレスでのキャッシングはデメリットの方が大きくなります。

そこで、カードレスでも必要に応じて、短時間でローンカードを発行できる会社を選択するのがおすすめです。これならば、出張や旅行先で提携ATMが所有する銀行口座に対応しない場合でも、無人契約機を探さば問題が解決出来ます。

また、大手消費者金融であれば、銀行よりも休業日が少ないため、年末年始でも不便さがありません。

学生がキャッシングの利用中に就職した場合は?

キャッシングは学生でも利用できます。そして、その利用中に卒業をして就職をした場合にはどうしたらいいのかと言えば、そのことを利用しているキャッシング会社までなるべく早く連絡してください。

学生の場合、収入源がアルバイトのことがほとんどなので、比較的低額の限度額での利用になります。平均して毎月5万円の収入があるケースでは、年収に換算すると約60万円となり、その1/3の20万円が限度額の上限です。

ですが、就職をして社会人になると、アルバイトで稼いでいた金額と比べてかなり収入が増えるので、就職をしたという連絡によって限度額が増額される可能性が非常に高いです。学生時代に1年以上利用していて、その間にきちんと返済を行っていた場合、一気に50万円まで増額されることも珍しくありません。

また、この連絡は何も限度額を増額する為だけでないので、速やかに行ってください。キャッシング会社に届け出ている情報が変更になった場合にはそれをできるだけ早く連絡することが大切です。一度契約をした後も、キャッシング会社側は信用情報のチェックや、場合によっては職場の確認などを行っています。その際に登録されている情報とは違うことが発覚すると、いい印象を持たれないだけでなく、しばらく追加での融資が受けられなくなってしまったり、限度額が減らされてしまうなど、これからのキャッシングの利用に影響してしまうことがあります。

特にこの学生から社会人になったという場合は大きな登録情報の変更になるので、就職先の会社に勤務を始めた段階ですぐにその連絡を行いましょう。

初めてキャッシングを利用するならレイク

お金が必要でキャッシングをしたいと思った時に、初めてであればどこで借りるか悩むと思います。

そういった人にお勧めしたいのが、レイクでお金を借りることです。

レイクがお勧めな理由としては、いくつかあります。

まず初めて借りる人に対して無利息で貸してくれる期間があることです。30日間借り入れの全額無利息、5万円までであれば180日間無利息という二つの

コースがあるのですが、自分でどちらかを選んで借り入れすることができます。

利息により返済額が多くなるので、無利息期間があることは非常に助かります。

すぐにお金が借りたいという人にとっても、即日にお金を貸してもらえるというメリットがあります。

お店まで足を運ぶ必要はなく、インターネットから申し込みをして、審査に通った場合には、その日のうちに指定の金融機関の口座に

お金が振り込まれます。

また返済時に色々な方法で返済できるところも魅力です。

提携しているATMやコンビニATMから返済もできますし、手数料はかかりません。

WEBで返済をする、金融機関から引き落としで返済するなど、自分の都合に合わせて選ぶことができるので、

便利です。

このようにレイクには、たくさんの良さがあり、初めての人は特にレイクがお勧めです。

【アルバイト キャッシング】アルバイトをしていれば学生でもキャッシングはしてもよい?

キャッシングと聞くと働いている人つまり社会人がちょっとお金が必要になった時にするものという印象がありますが、実はソいうケース以外にも広く使われています。

たとえば、主婦だったり学生でもOKです。

学生の場合は、継続的な週に入があることが借り入れをする上での条件になることが多いです。

アルバイトでしっかり稼いでいればキャッシングを利用することが可能です。

学生のキャッシングはあんまり、しないほうがいいと思いますがそれでも

ある程度の年齢ですので、自分の判断で必要と感じるときにはその選択肢を選ぶことは

間違いではないですし、これから必要になる金銭感覚を勉強するために自分で何とかできる範囲で利用するとこは

勉強にもなるのでいいかもしれません。

アルバイトのキャッシングの場合は、続いていることを証明することが必要みたいで

今までこれで働いていましたということよりも毎月これくらいの金額がコンスタントに振り込まれます、という風に言うことのほうが大切みたいです。

これはマンションを借りるときにもそうみたいですね。

こういう何かを借りるときにその人の返すために未来が見えるかということがポイントになるみたいです。

アルバイトといえど継続的な収入がある場合は、社会人と同じサービスを受けることが可能になります。

キャッシングの審査に通らない理由はなにか

キャッシングを利用したい人が必ず受けなくてはならないのがキャッシング業者の審査です。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

もちろんキャッシング業者によって審査が厳しいとか甘いとかの違いはありますが、どのような業者にキャッシングを申し込んでも審査に通らないという人がいます。

キャッシングの審査で最も重要視されるのが、個人信用情報です。その個人信用情報で事故情報と呼ばれるものが記載されているような場合には審査に通らない可能性が高くなって今います。事故情報とは遅延や返済に不能などの情報です。それに銀行のキャッシングを除いて総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れができなくなる制度に引っかかっていれば無条件で審査に通過することはできません。

個人信用情報に瑕疵がないとすれば、次に審査で重要視されるのはキャッシングを申し込んだ人の返済能力の問題です。具体的に言えば毎月安定した収入があり、融資しても融資のお金を返済する能力がその人にあるかどうかを審査します。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなりますし、返済能力がないということになれば審査の通過はおぼつかなくなるでしょう。

消費者金融の審査とは?

消費者金融でお金を借りる時には確実に審査をされることになります。審査をされることによって、お金を貸してよいのか、ということを見られることになります。見られるところ、審査をされるところはほぼ同じようなことになります。審査というのは、まずは収入が見られることになります。

つまりは、どのくらい稼いでいるのか、ということです。そして、他にどのくらいお金を借りているのか、ということも重要になります。当然、借りていない人も多いでしょう。それならば問題はないです。稼いでいる、というのはかなり重要な要素であり、返済能力にダイレクトに影響することになるからです。

後は年齢なども前提条件になります。消費者金融では20歳以上であること、というのが最低条件になっています。これは契約行為などが確たるものとしてできないからです。上限に関してはそこまで定まっているわけではないでしょうが65歳程度が多くなっています。

年齢によって駄目、よし、ということが消費者金融にもあるわけです。これも審査における重要なポイントになるので覚えておきましょう。消費者金融ではキャッシングですから保証人有無などは関係ないですから、それは気にしないことです。

最近よく聞く銀行のカードローンの問題点とは?

テレビや新聞などで扱われることも多い、銀行のカードローンの問題点とは一体何なのでしょうか。

これは一言で表現すると、利用者側の意識の問題だと言うことができます。カードローンは主に銀行や消費者金融から提供されていますが、消費者金融のカードローンには総量規制という規制が設けられています。この総量規制とは収入による借り入れ制限で、年収の1/3を融資の上限と定めています。

総量規制は消費者金融などのノンバンクと呼ばれる貸金業者に対する規定なので、銀行のカードローンには適用されません。よって、審査次第では年収の1/3を超える借り入れを行うことが可能です。この借り入れ制限が無いことが問題となっているのです。

年収の1/3という上限は、そこまでなら無理なく返済ができるだろうという意味で設けられています。ですが、中にはそれを超えた借り入れを行っても問題なく返済できる人もいるでしょう。そのような人には総量規制という法的な借り入れ制限のない銀行のカードローンは大きな味方となりますが、制限されないことで自分の返済能力を超えた借り入れを行ってしまう人も少なくないのです。

先にも書きましたが、これは利用する側の意識で回避することのできる問題です。例え年収の1/3を超える借り入れが可能だとしても、きちんと返済できる範囲までに留めて利用しなくてはいけません。

最近では銀行側もこの問題に対して、高額の利用者には年収を証明できる書類の提出を義務付けるという対策を行うようになりました。総量規制とは無縁の銀行のカードローンでは以前は特に年収を気にする必要はなかったので、100万円や200万円といった高額の融資になっても収入の確認を行っていませんでした。

よって、今では年収に対して無理のない範囲までの融資しか行わなくなったということもあり、今後はこの問題も治まってくるものと思われますが、銀行のカードローンを利用する際には一応気に留めておいた方がいいでしょう。カードローンは無理のない範囲で利用することが一番大切です。

気になる限度額について

初めてキャッシングサービスを利用するにあたっての「気になる点」として限度額を挙げる方も多いかと思われます。例え審査に通ったとしても、希望する額を融資していただけない事には、話が先に進まないからです。で、その限度額ですが多くの場合、初めてのご利用ならば、10万円から20万円といったあたりが相場になってくるそうです。

コレを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれですが「生活費が足りなくなった」とか「旅行費用が足りない」みたいな、急場をしのぐうえでのキャッシング利用ならば、十分な額と言えるのではないでしょうか。さすがに、ウン百万円もの融資を必要としている人からすると、物足りないと感じるかもしれませんが・・。

しかしながら、キャッシングサービスを利用する人というのは、そこまで高額な融資を期待していないと思うんですよね。実際、私も以前にキャッシングを利用したことがありますが、当面の生活費を賄うことが出来ればそれで十分だったので、10万円という限度額には心から満足することが出来ました。

おかげさまで生活を立て直すことが出来ましたし、本当に利用して良かったと思っています。このように、初めてキャッシングを利用する際には、10万円から20万円といった額が相場になってくるので、それを念頭に申し込みに臨んでくださいね。

自宅を担保にするローンは総量規制対象外ではない?

お金を借りるときには担保を出すというケースもあります。この場合多くは不動産になると思いますが、不動産の中でも自分が今住んでいる家を担保にしてしまうと、総量規制の対象外になってしまうのです。不動産を担保にする場合は基本的には、総量規制の対象にはならないのです。

それは担保があるため、返済に困っても不動産を売却してお金に換えて返済ができるため、総量規制の目的である、返済が困るほどの借りすぎという意義には反しないからです。したがって、そういった担保によるローンなどは総量規制対象外になるということです。

でも、例外があって、自宅など誰かが住んでいる家というのは、そこをとられると、借金は返せても生活の拠点がなくなるわけですから、大問題じゃないですか?だから、そこはさすがに看過できないということで、例外を設けて、人が住んでいる状態の不動産に関しては総量規制の対象にするということになっているのです。

したがって、不動産などを担保にして、今後お金を借りる機会もあるかもしれないですけど、そのときには総量規制の問題がかかわってくる場合もあるので、是非気をつけてほしいですし、こういった細かい例外も知っておきましょう。

消費者金融なら即日融資を受けられる可能性があります

消費者金融なら即日融資を受けられる可能性があります。キャッシングをしようと考えたらまずは銀行系を検討すると思います。それもそのはず一般的に銀行系は金利が低いケースが多いからです。しかも今までの取引の内容によっては金利の引き下げも要求できる場合もあるからです。

しかし一方で銀行の審査は厳しくしかも時間がかかることが多く、必要書類もたくさんあることも考えられます。それまで待つことができる人はいいですが、急にまとまったお金が必要になり、しかもすぐに必要という切羽詰まった状態のときは消費者金融会社に問い合わせてみましょう。

消費者金融会社の審査はスピード審査のところが多く、審査にさえパスすれば、即日決済、即日融資というパターンも考えられるからです。お金を支払う期限が差し迫った状態のときの人間の心理状態は非常に悪いものです。ですから即日融資で支払い期限に間に合うなら消費者金融会社を利用するというのもいい作戦なのです。

いったん支払いが終わってしまえば心理状態も落ち着くので、そこから考えて返済の方法を考えていけばいいのです。とりあえず即日融資が受けられたということは消費者金融会社も貸し倒れの心配がなかったということなのです。

プロミスでキャッシングをするのに向いている人に挙げられている理由は?

プロミスでキャッシングをするのに向いている人は初めての人、急いでいる人、来店不要で借りたい人、他の人に内緒にしたい人となっています。そこでなぜこのような人がプロミスでキャッシングをするのに向いているのか見ていく事にしましょう。

・無利息サービスがあるから

プロミスは無利息サービスを提供していて初回借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。初回限定のサービスになるので初めて利用する人は向いています。

・申し込みをしてから1時間で借入可能

消費者金融はどの業者も即日融資に対応していますが、プロミスは申し込みをしてから1時間で借り入れする事が出来ます。融資スピードが優れているので急いでいる人も利用するのに向いています。

・WEB完結で手続きが出来る

プロミスは申し込みから借り入れまでの手続きをWEB完結する事が出来ます。それで店舗や自動契約機に出向く必要がなくなるので来店不要で借りたい人も利用するのに向いています。

・カードレスで郵送物なし

プロミスはWEB完結で手続きをすると振込キャッシングで借り入れする事が出来るのでカードレスになります。また明細書もWEB明細になるので郵送物も一切なくなります。それで他の人に内緒にしたい人も利用するのに向いています。

アイフルATMより提携ATMを利用する人の方が多い2つの理由

アイフルの借入方法の中にATMがありますが、利用する事が出来るのはアイフルATMとコンビニなどに設置されているATMになります。アイフルATM利用手数料が無料ですが、提携ATMは1回利用するごとに1万円以下なら108円、1万円以上なら216円の利用手数料が発生してしまいます。利用手数料が無料の方がメリットになるのでアイフルATMを利用する人が多いのではないかと思ってしまいますが、提携ATMを利用する人の方が多いのが現状です。そこでなぜアイフルで借り入れをする時に提携ATMを利用する人の方が多いのか理由を挙げていく事にしましょう。

・どこにいても借り入れする事が出来る

アイフルATMは設置場所が限定されているので場所によっては設置されていない事もあります。しかし提携ATMはコンビニに設置されているのでどこにいても借り入れする事が出来ます。特に早くお金を借りたい人はATMを探す時間に手間をかけたくないので提携ATMを利用する事が多いです。

・周囲の視線を気にしたくない

アイフルATMを利用しているとお金を借りる事が分かってしまうので周囲の視線を気にしてしまいます。しかし提携ATMを利用している時はお金を借りているとは分からないので周囲の視線を気にする必要がなくなります。特にお金を借りている時は周囲の視線を気にしてしまうものなので心理的な問題で提携ATMを利用する事が多いです。

アルバイトがキャッシングの審査に通る時でも勤続年数の方が重要

キャッシングの審査では収入そのものよりも勤続年数が大切と言われることがあります。

いくら多くのお金を稼いでいても、勤続年数が短いと今後も同様の収入になるか?は分かりませんから。

そして、それはアルバイトでも同じであり、アルバイトも勤続年数が長い方が絶対に有利です。

アルバイトに関しては正社員とは違った視点で見られていると思っている人がいるかもしれませんが、根本的には一緒です。

きちんと返済が可能か?どうかを判断しているので、収入の安定性を基準にしている面が大きいです。

だからこそ、収入の額よりは勤続年数が長い方が審査に通る可能性はより高くなるはずです。

アルバイトでキャッシングを利用を考えている人は今やっているアルバイトを少しでも長く続けてから申し込むと良いと思います。

アイフルの教育ローンの基本情報など

アイフルでは借りたお金を自由に使えるキャッシングサービスに加えて、子どもの教育資金などをお得に借りることができる教育ローンの提供も行っています。アイフルの教育ローンの詳細を確認していきましょう。

まず気になる貸付条件ですが、2019年4月8日時点で融資限度額は100万円、実質年率は9.8%から12.0%となっています。金利の上限がキャッシングよりも大幅に引き下げられている点に大きな特徴があります。

なお借りたお金の使いみちは契約者本人もしくは契約者の子どもの学費や学用品の購入代金、塾やクラブ活動費などに利用可能です。契約の際には本人確認書類に資金使途証明書類が必要となります。

またネットや無人契約コーナーからの申込みには対応していないので気をつけましょう。

WEBサービスで見る大手の消費者金融と中小の違い

消費者金融にはCMで見るような大手の会社だけでなく、地域に密着した中小の会社も多く存在しています。

銀行と比較すると金利面で高めに設定されている消費者金融ですが、上限金利が決められているため、大手も中小も金利面においてそこまで違いがあるわけではありません。

ただし使いやすさの面で見ると違いが見てとれることもあり、その一つがWEBサービスです。

最近では中小の消費者金融でも公式ホームページが制作されていたりWEB申し込みなどができるところも増えていますが、大手ではWEBからの申し込みに加え、インターネットバンキングを利用した借入や返済に対応しているため利便性を考えたときに大手の方が使いやすいと言えます。

転職前にプロミスでキャッシング

一年ほど前にプロミスでキャッシングをしました。理由は転職活動をするため。当時ブラック企業で働いていたので転職を考えていたのですが、お給料が少なくて余裕が無かったんですよね。転職活動ってやっぱり交通費とかスーツを新調したりとか色々お金もかかります。そのためお金が必要で困っていたので本当に助かりました。面接の交通費にもちょっと躊躇してしまうくらいでしたから。

それに、事前にカードを作っておけばいざという時のキャッシングにも使うことができます。実際、転職には成功したのですがタイミング的に給料日が遠くなってしまったんですよね。その時生活費に困ってしまってカードがあって助かりました。転職活動を考えている方にはとてもおすすめです。

近辺のリサイクルショップは毛嫌いせずにチェーン店でも行って見て下さい。

リサイクルショップが好きで色々と行っています。それこそチェーン店でも無い様な店でも興味を持って入ってしまいます。

かなり保管状態の良くない店もあるし、総じてセンスのない店もあります。

その中で最近行って断然、商品が綺麗で金額もかなり安いと感じたのはセカンドストリートです。色んな店舗もありますが、初めて行った店でした。

恐らく店長の意識であったり、コンセプトを重視しているのではないかと感じられます。

セカンドストリートでは比較的状態のいいスニーカー(メーカー)が1500円も出せば買う事が出来ます。私は900円でスニーカーを購入しました。

他にもスカートやカーディガン等これからのシーズンの物が300円から販売しています。

ブランドの物は数千円や一万円近くの値段が付いていますが、それ以外の商品は500円を出せばいい物が買える店の品ぞろえでした。

セカンドストリートはあちこちにあるので、他の店であまりいい印象が無かったとしても、初めての所は入ってみると新しい発見があるでしょう。

普通に新品で買うよりも断然安く購入出来る上にゲオ系列になるのでポンタポイントも貯まります。100円で1ポイントですので、服や靴を買えばそれなりの値段になるので、お得に貯める事が出来ます。

節約したお金で投資する簡単お金の錬成術

「お金の節約や貯蓄の話なのになんで投資なの?」と思われる方がいるかもしれませんが、今一度、節約と貯蓄の目的を考えてみましょう。これらに共通することはお金を貯めること、つまり”お金を増やすこと”だということができます。

確かに節約した結果、貯蓄できるようになり現在の生活より豊かな生活ができるかもしれません。しかし、節約であれば切り詰めることを継続しなければならない、貯蓄であれば節約したことで生まれたお金を貯蓄するしかない。これだとどちらも今あるお金の無駄を省くことしかできないのでいつか限界がきます。

何より長期的な節約というのは自身の活動の制約にもつながってしまうので精神衛生上、あまり良くないです。ここで私が言いたいことは「その節約して貯蓄したお金を増やしてみませんか?」ということです。例えば節約して貯蓄したお金100万円を銀行に1年預けたところで年利0.01%くらいなので100万100円と全く増えません。

しかし、投資信託など年利3~5%のファンドに100万円預けた場合は1年で103万?105万と普通預金に預けることに比べ300倍以上の成果を出すことができます。以上のことから私は節約し貯蓄したお金を投資に使うことを推奨します。最後までお読み頂きありがとうございました。

即日キャッシングは早めの時間帯にネットから申し込む

いますぐにお金が欲しい状況になってしまった、そんなときには即日でのキャッシングサービスを利用することができるでしょう。

銀行のカードローンでは審査に時間がかかり即日で対応することが難しいために、即日となると消費者金融業者を利用するのが一番です。ただ夜10時とかに申し込んでその日の夜12時までに融資を受けたいというのは無理な要求であり、時間に余裕をもって申し込むことが必要です。

ネットからの申し込みが最も早くてスピーディですので、できれば午前中あるいは午後の早い時間までには申し込みを済ませて契約をする、これができれば、即日キャッシングが可能です。必要な書類の提出や、申し込む時に不備がないように、また個人情報入力に関して偽りの情報を書かないなどに注意すれば、問題なく即日キャッシングを受けることができるでしょう。

コツコツしかない

コンビニで毎日ペットボトルを購入すれば、約150円。

お茶を家で作って持ち歩けば、毎日その金額が貯まります。

コーヒーもそうですよね。内勤の人なら、インスタントコーヒーを会社に置いておけば、毎日コンビニでコーヒーを買うよりもずっと安くすみます。

用もないのに、習慣でコンビニに立ち寄らない。

これだけでも、日々小銭がたまります。

あとは、割引券などをフル活用しましょう。

必要なものがあっても、今日買わなくても良いものは、割引券が使える日や、ポイントが多く貯まる日まで待ちましょう。

スマホに買うものリストを作っておき、お買得な日を逃さないようにすると良いですよ。

冷暖房や電気をこまめに消すことも、結構効果があります。家族がそれぞれの部屋でエアコンを使用するのではなく、部屋を限ってエアコンを使用すると、冷暖房費が大幅に節約できますね。

日々の少しずつの出費を意識して抑えることは、そんなにストレスになることではないはずです。

チリも積もれば山となり。

その分、使うときには使う。欲しいものは買う。

そのメリハリを大切にすれば、毎日の節約も無理なく、ストレスを溜めずに、続けることができるのではないでしょうか。

節約とは、いっとき頑張っても効果はあまりなく、コツコツと続けることが大切なのだと思います。

貯金ができやすい銀行預金の利用の仕方

皆様が持ってらっしゃる銀行の総合口座。普通預金と定期預金が一冊になった便利な口座ですが、それにあと一つ、あまり知られていない口座を開設すると、お金が貯まりやすくなります。それは貯蓄預金口座です。銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行、ろうきんなどで一般金融機関で扱っています。

貯蓄預金口座は普通預金と同じく、いつでも預け入れができて、いつでも引き出すことができ、キャッシュカードも作れます。ただし、公共料金等の引き落としはできません。預金金額が一定額以上になると、利息の優遇があります。

では、その貯蓄預金口座をどのように利用するかといいますと、まず、お給料が入ったら、毎月決めた額の積立金を預金し、給料日前に残った金額をさらに預金して、給料日前の普通預金は、ほぼ0円の状態にしておきます。毎月決めた額の積立金+生活費を使った後の残った金額が貯蓄預金口座に預け入れしていきます

こうすることによって、給料日前の預け入れを増やすために生活費の見直し、節約を積極的にしていくようになるでしょう。

万が一、何か突発的な出金があっても貯蓄預金口座はいつでも引き出すことができるので安心です。

金融機関によっては、普通預金口座から貯蓄預金口座へ自動的に移す「スイング」サービスも行っていますので、上手に利用すれば手間も省けます。

皆様も、いつも利用している金融機関に貯蓄預金口座について、問い合わせて見ると良いでしょう。

節約のコツは小さなことから始めること

欲しい物があったり、生活が苦しかったりなどの様々な理由から節約を始める方は多いかと思います。しかし、節約を始めた人の中にはいろんな本や情報を集めて節約を始めても長続きしないという人もいるかと思います。そこで今回は私自身が行った節約の中で、特に簡単で楽に行えるものをご紹介したいと思います。

まず1つ目は使わない家電のコンセントを抜いておくというものです。基本的な節約としてTV番組などで紹介されたこともあるのでご存知の方も多いかと思いますが、これは数ある節約術の中でも特に簡単ですぐに行えるものになります。具体例としては、電気炊飯器をご飯を炊くときにしか使わない場合は使うとき以外コンセントを抜いておくといったものになります。

次に簡単な節約術はトイレの水を小で流すというものです。一部のトイレにはない場合もありますが、基本的にトイレの水には大小があります。大小の水の量は結構違いがあるので、大量に水を流す必要があるとき以外は基本的に小を使用することで水道料金を節約することができます。

また、これも少し気を付けるだけで良いので非常に簡単です。ただ慣れてしまえば無意識で行えるのですが、小で流す習慣がつくまでに時間がかかるのが難点ともいえます。とりあえず長続きしないという人はこの2つから始めてみてはいかがでしょうか。

個人間キャッシングという方法について

キャッシングというのは基本的に消費者金融や銀行といったところから借り入れをしますが、個人間でも当然借り入れができます。

親戚や家族といったところが主流ですが、中には見知らぬ他人同士でもお金を借入できる掲示板みたいなものがあったりもします。

基本的に消費者金融などでお金を借入できないときには有効に利用できる可能性もあるでしょう。

ですが、個人間ですので、当然リスクも大きいです。見知らぬ他人ですから貸しても返済されないこともありますが、貸主側も危険な存在だったりするようなケースもあります。

違法な金利を取り立てに来たりして、トラブルになるケースもあるようです。

また、個人情報を取られて闇金融に情報が渡されたり、詐欺にあうケースもあるので十分に注意しましょう。

アイフルの事業サポートプラン(無担保ローン)の特徴やメリット

大手消費者金融のアイフルでは経営者を支援する事業サポートプランというローンの取り扱いもあります。事業サポートプラン(無担保ローン)の詳細やメリットを紹介していきます。

・貸付条件

2018年12月11日時点で融資限度額は500万円まで、実質年率は3.0%から18.0%となっています。借りたお金は事業性資金として活用ができ、個人事業主でも法人でも契約可能です。

・総量規制対象外

事業サポートプラン(無担保ローン)は消費者金融のローンですが、事業性融資に該当するため、総量規制対象外となっています。

・WEB申込みに対応

アイフルの店頭窓口で申し込みができるのはもちろん、WEBから24時間申し込みが可能となっています。

SMBCモビットで借り入れするメリット

大手消費者金融会社はいくつかありますが、その中でもモビットで借り入れを行うメリットを見ていきます。

①職場に電話連絡がない

これはモビットを使用する最大のメリットともいえます。

一定の条件を満たせば、WEB完結の申し込みの場合に電話連絡と郵送物がなくなります。ほとんど人が借入をしていることを他人に知られたくありません。モビットなら会社の人にばれるリスクもなく安心して利用できます。

②ATMの手数料がかからない

モビットカードを使う際、三井住友銀行のATMで取引をすれば手数料は一切かかりません。

③借入れ最大限度額が高い

モビットの限度額は最大で800万円と業界内でも高いです。審査次第ではありますが、他社と比べても貸付可能額も高くなっています。

三井住友銀行カードローンの体験談

私が三井住友銀行カードローンを利用しようと思ったきっかけは、5年ほど前でありますが、当時、他社の銀行系カードローンの中でも金利がとても低く、そこが魅力的なポイントでありました。その他、100万円以下の借り入れの場合は、所得証明書の提出が不要であったためでありました。

それで、まずインターネットから、必要事項を記入して送りますと、翌日、銀行から電話がありまして、私の事に関する詳細情報と、本人確認をしてきました。それに答えて承認を待つのでありますが、その他、所得証明書の代わりになるもので、請求書や領収書のコピーがあれば、FAXで良いので送ってくださいとのことでありましたので、そのようにしました。

数日後、承認が下りましたとの回答がありましたので、私は嬉しく思い、カードが送られてきてから、早速利用させてもらいました。

今すぐにお金が必要な人にオススメです。

自分へ今年の初め頃に兄弟の姉と妹がほぼ同時期に結婚するということがありました。自分はフリーターで稼ぎが低かったため、毎月貯金などしてなかったので結婚式の祝い金や着ていく礼服を買うお金が全然ありませんでした。親に迷惑はかけたくなかったのでプロミスのカードローンにネットから申し込みました。審査はすぐに通ってお金を借りることができました。

親族や会社の人たちなど色々な人にバレたくなかったのですが、審査時に配達物などの設定などが出来るため誰にもバレずに借りることができました。オペレーターの方も親切で色々な細かい説明など丁寧にしてくれたため、安心して色々相談出来ました。結果、今はローンも返し終わって普通に生活してますが返し終わった後も配達物など何もないため、一切誰にもバレずに行けたので本当に感謝しています。

プロミスでキャッシングをする前に押さえておきたい点は?

プロミスは消費者金融の中でもサービス面が一番優れているという声がよく聞かれます。三井住友銀行グループの傘下に入っているのでお金を借りる時の不安もありません。キャッシングをするならプロミスを選ぶという人も多いですが、利用する前に押さえておきたい点もあるので見ていきましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。年収によって多額の借り入れが出来ない事もあるので利用する前に押さえておく必要があります。

またプロミスは毎月1回以上の収入を得ている事が利用条件となっています。該当していないと審査が否決になってしまうので利用する前に押さえておきましょう。

キャッシングのお得な借り方について

キャッシングをしたことがある方もない方も朗報があります。キャッシングを行うにあたり、どうしても金利や遺族と言うものが付き物ではありますが、それを少しでも相殺できるようなお得なキャンペーンやお得なキャッシングの方法があることをご存知でしょうか?

1つは消費者金融が行っているキャンペーンで、「初めての利用の方は最大で90日間金利がかからない」と言うキャンペンを行っている消費者金融からキャッシングを申し込むと言うことが良いとされています。他社でいつでも利用履歴があっても、初めて利用する消費者金融では金利がかからずに借りることができるのです。

そしてもう一つは、消費者金融がポイントサイトなどに広告を載せている場合があり、そのポイントサイトをつたって利用するとポイントがキャッシュバックされると言うキャンペーンを行っています。

私はその方法で3000円分のポイントがキャッシュバックされました。金利がかからずにかつお得に利用するのであればこの2つの方法をぜひ行っていただきたいと思います。