事実上はすべてのキャッシングで総量規制があることになる

金融業者は大きく分けて銀行法の適用をうける銀行と貸金業法の適用を受ける銀行以外に分けることができます。貸金業者としては、消費者金融を上げることができます。多重債務者問題から、2010年の改正貸金業法の施行によって総量規制が導入されましたが、銀行は総量規制対象外となっていました。

しかし、2017年に表面化した銀行カードローンの過剰融資問題によって、全国銀行協会の主導による自主規制が呼びかけられました。これは自主規制という言葉になっていますが、ほとんど強制的な規制と変わらないと言っていいでしょう。これによって、銀行法には条文として書かれていないものの、銀行にも総量規制が導入されたと解釈していいと思われます。