今レイクが借入のチャンス!その理由とは?

新生銀行のカードローンであるレイクが、2018年3月を持って新規貸付を停止し新会社に移行すると発表されました。これをみると儲かっていなかったのかと思われるかもしれませんが、営業利益は伸びています。では儲かっているのに何故辞めるのかと不可解さは残ります。この背景には現在銀行カードローンに対する風当たりの強さが考えられます。

今年も自己破産者数が続伸し、これは銀行カードローンが原因だと金融庁から名指しで指摘を受けています。最初は指導のみだったのが立ち入り調査まで入るようになり、この辺りで見切りを付けようと経営陣が考えたものと推察できるのです。

新生銀行はレイクを辞めると発表したのに、今もテレビCMは放送しています。これは来年の3月まで貸せるだけ貸して新会社に移行しようと目論んでいるのが分かります。レイクは銀行カードローンなので総量規制の対象外です。年収の3分の1までしか借りられないという制限がないので、今が最大のチャンスだと言えるのです。

今レイクは最後の稼ぎ時だと新規貸付に力を入れていると推察できます。ですからなるべく多くの金額を借りたい審査にちょっと不安のある方に、レイクは絶好の借入のチャンスだと言えるのです。