学生がキャッシングの利用中に就職した場合は?

キャッシングは学生でも利用できます。そして、その利用中に卒業をして就職をした場合にはどうしたらいいのかと言えば、そのことを利用しているキャッシング会社までなるべく早く連絡してください。

学生の場合、収入源がアルバイトのことがほとんどなので、比較的低額の限度額での利用になります。平均して毎月5万円の収入があるケースでは、年収に換算すると約60万円となり、その1/3の20万円が限度額の上限です。

ですが、就職をして社会人になると、アルバイトで稼いでいた金額と比べてかなり収入が増えるので、就職をしたという連絡によって限度額が増額される可能性が非常に高いです。学生時代に1年以上利用していて、その間にきちんと返済を行っていた場合、一気に50万円まで増額されることも珍しくありません。

また、この連絡は何も限度額を増額する為だけでないので、速やかに行ってください。キャッシング会社に届け出ている情報が変更になった場合にはそれをできるだけ早く連絡することが大切です。一度契約をした後も、キャッシング会社側は信用情報のチェックや、場合によっては職場の確認などを行っています。その際に登録されている情報とは違うことが発覚すると、いい印象を持たれないだけでなく、しばらく追加での融資が受けられなくなってしまったり、限度額が減らされてしまうなど、これからのキャッシングの利用に影響してしまうことがあります。

特にこの学生から社会人になったという場合は大きな登録情報の変更になるので、就職先の会社に勤務を始めた段階ですぐにその連絡を行いましょう。