キャッシングの審査に通らない理由はなにか

キャッシングを利用したい人が必ず受けなくてはならないのがキャッシング業者の審査です。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

もちろんキャッシング業者によって審査が厳しいとか甘いとかの違いはありますが、どのような業者にキャッシングを申し込んでも審査に通らないという人がいます。

キャッシングの審査で最も重要視されるのが、個人信用情報です。その個人信用情報で事故情報と呼ばれるものが記載されているような場合には審査に通らない可能性が高くなって今います。事故情報とは遅延や返済に不能などの情報です。それに銀行のキャッシングを除いて総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れができなくなる制度に引っかかっていれば無条件で審査に通過することはできません。

個人信用情報に瑕疵がないとすれば、次に審査で重要視されるのはキャッシングを申し込んだ人の返済能力の問題です。具体的に言えば毎月安定した収入があり、融資しても融資のお金を返済する能力がその人にあるかどうかを審査します。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなりますし、返済能力がないということになれば審査の通過はおぼつかなくなるでしょう。