最近よく聞く銀行のカードローンの問題点とは?

テレビや新聞などで扱われることも多い、銀行のカードローンの問題点とは一体何なのでしょうか。

これは一言で表現すると、利用者側の意識の問題だと言うことができます。カードローンは主に銀行や消費者金融から提供されていますが、消費者金融のカードローンには総量規制という規制が設けられています。この総量規制とは収入による借り入れ制限で、年収の1/3を融資の上限と定めています。

総量規制は消費者金融などのノンバンクと呼ばれる貸金業者に対する規定なので、銀行のカードローンには適用されません。よって、審査次第では年収の1/3を超える借り入れを行うことが可能です。この借り入れ制限が無いことが問題となっているのです。

年収の1/3という上限は、そこまでなら無理なく返済ができるだろうという意味で設けられています。ですが、中にはそれを超えた借り入れを行っても問題なく返済できる人もいるでしょう。そのような人には総量規制という法的な借り入れ制限のない銀行のカードローンは大きな味方となりますが、制限されないことで自分の返済能力を超えた借り入れを行ってしまう人も少なくないのです。

先にも書きましたが、これは利用する側の意識で回避することのできる問題です。例え年収の1/3を超える借り入れが可能だとしても、きちんと返済できる範囲までに留めて利用しなくてはいけません。

最近では銀行側もこの問題に対して、高額の利用者には年収を証明できる書類の提出を義務付けるという対策を行うようになりました。総量規制とは無縁の銀行のカードローンでは以前は特に年収を気にする必要はなかったので、100万円や200万円といった高額の融資になっても収入の確認を行っていませんでした。

よって、今では年収に対して無理のない範囲までの融資しか行わなくなったということもあり、今後はこの問題も治まってくるものと思われますが、銀行のカードローンを利用する際には一応気に留めておいた方がいいでしょう。カードローンは無理のない範囲で利用することが一番大切です。