貯金ができやすい銀行預金の利用の仕方

皆様が持ってらっしゃる銀行の総合口座。普通預金と定期預金が一冊になった便利な口座ですが、それにあと一つ、あまり知られていない口座を開設すると、お金が貯まりやすくなります。それは貯蓄預金口座です。銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行、ろうきんなどで一般金融機関で扱っています。

貯蓄預金口座は普通預金と同じく、いつでも預け入れができて、いつでも引き出すことができ、キャッシュカードも作れます。ただし、公共料金等の引き落としはできません。預金金額が一定額以上になると、利息の優遇があります。

では、その貯蓄預金口座をどのように利用するかといいますと、まず、お給料が入ったら、毎月決めた額の積立金を預金し、給料日前に残った金額をさらに預金して、給料日前の普通預金は、ほぼ0円の状態にしておきます。毎月決めた額の積立金+生活費を使った後の残った金額が貯蓄預金口座に預け入れしていきます

こうすることによって、給料日前の預け入れを増やすために生活費の見直し、節約を積極的にしていくようになるでしょう。

万が一、何か突発的な出金があっても貯蓄預金口座はいつでも引き出すことができるので安心です。

金融機関によっては、普通預金口座から貯蓄預金口座へ自動的に移す「スイング」サービスも行っていますので、上手に利用すれば手間も省けます。

皆様も、いつも利用している金融機関に貯蓄預金口座について、問い合わせて見ると良いでしょう。