キャッシングは人間社会に必要なシステムだから存続している

だいぶ以前に格言めいた本を読んでいたら、借金をして奢るタイプの人と付き合ってはいけないと書かれていて、そんなものかなと思ったことがありました。覚えているということは、どこかで意識している言葉だということです。

しかし、それがいざ自分の番になると、格言の通りには行かないものだということも経験しました。急速に親しくなった彼女からせがまれてた夏の旅行計画。先立つものが足りないのでペンディングにしようか迷いました。

断腸の思い出それをすれば間違いなく彼女は去る。悩みに悩んで格言の教えを翻し、キャッシングの審査を申し込むと、即日振り込んでもらえました。すると気持ちにゆとりが出来、もちろん彼女を旅行に連れて行きました。今は上手くいっています。

キャッシングという社会システムが存在するのは、人間に必要だからです。ありがたいものだと思います。