カードローンの返済遅延で一括返済請求もあり得る!

銀行や消費者金融のカードローンを利用中、うっかりミスや予想外の出費でその月の返済が苦しくなるリスクは少なからずあります。

返済遅延となった場合、カードローンの利用が停止し、約定返済額と遅延損害金を返済すれば問題無いと考えがちです。

しかし、多くのカードローンに於ける取引規約には、返済が遅れた場合は全額返済義務を負うという厳しい項目が定められています。

短期間の遅延であれば問題無い、3ヶ月以上経過しなければ個人信用情報に事故情報は残らないなどの情報がインターネット上に溢れているものの、実際には返済遅延発生後、次回の約定返済日までに遅延損害金を含む金額の返済をしなければ全額一括返済となるため、実質的には1ヶ月以内で大きなダメージを受けることになります。

そのため、返済が遅れた際は速やかに窓口やフリーダイヤルヘ連絡を行い、返済に関する指示や判断を受けることが重要です。