カードローンでキャッシングするために必要な書類

現在ではたくさんの消費者金融がありますが、どこで申し込むにしても必ず審査がありそれに通らないと融資を受けることはできません。

では、いざ実際に利用しようと申し込む場合にいくつか必要になってくる書類があります。

確実に必要なものとして本人確認用の書類です。他人の身分証を使い本人になりすまして利用することを防ぐ意味で必ず必要になってきます。これは免許証があれば免許証だけでOKのところが多いです。免許証の代わりにパスポートでも可能のところも多いです。保険証や住民票ですと2種類必要になる場合もあります。外国人の方ですと在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書なども本人確認で有効になります。顔写真が証明書の場合は複数提出を求められることもありますが、公共料金の領収証などの提出でOKの場合も多いので、詳しくは事前に各金融機関に確認するようにしましょう。

もう一つ、収入証明書というものが必要になる場合があります。これは各金融機関によりけりなのですが、融資するにあたって返済能力がちゃんとあるかどうかの確認として利用限度額が高額になると提出を求められる場合が多いです。基本的にカードローンでは借入が50万円を超える場合か、他社の借り入れ総額と希望額が100万円を超える場合は提出が義務付けられています。収入証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などになりますので、こちらも必要な場合は各金融機関に確認してから提出するようにしましょう。