カードローンは短期返済で支払う利息を抑えよう

カードローンの返済方法は、リボ払いが一般的です。

毎月の返済額は消費者金融では最終借り入れ時の借り入れ残高によって決まり、銀行カードローンでは前月末日の借り入れ残高によって決まるのが一般的です。

そして消費者金融の毎月の返済額は2,3000円から、銀行カードローンでは1万円からとなるのが一般的です。

つまり消費者金融では毎月の返済額が少ない代わりに、返済期間が長引く傾向にあります。

ただでさえ金利が高めの消費者金融だけに、消費者金融が定めた最低の返済額のみ返済してもなかなか元本は減りません。

そこで約定返済日以外にも例え1,2000円でも余分に返済することをオススメします。

本当は一括で返済することが理想ですが、それが困難でも毎月多めに返済するのがカードローンを上手に使うコツです。