リスクの少ないおまとめローン方法って何か?

複数ある返済先を一本化する方法として、おまとめローンや借り換えローンといったものがあります。本来は、貸金業法に基づくローンとなり、纏められるのは貸金業者のみになっていました。しかし、近年では銀行カードローンやフリーローンでのおまとめも可能になっており、消費者金融に比べ総返済額を減らせる可能性があります。

ですが、おまとめローンで返済が苦しくなり、自己破産や任意整理を行う方は少なくはありません。むしろ、誤った返済方法や返済計画により、毎月の返済に余裕が出来るものの、総返済額が苦しくなる他、住宅ローンや自動車ローンなどのローン契約が出来なくなってしまい、生活に行き詰まるケースもあります。

では、おまとめローンを利用する際、このようなリスクを如何に低減すれば良いのか気になります。ずばり。注意しなければならないのが、返済期間が自動的に延長されてしまうことです。消費者金融のキャッシングローンは、自主規制により返済期間を5年に設定しているものが多くあります。そのため、返済額もこの期間で完済できるように決まっています。つまり、おまとめローンで失敗しないためには、毎月の返済額を減らさず、元々の返済期間で完済してしまうことです。

返済額の減額は、返済期間を長くするだけでなく、総返済額が増える原因になります。そして、金利が1%や2%下がったとしても、返済期間が2倍になってしまえばおまとめローンをした意味が無くなります。結果としておまとめローンは、複数の返済先に入金する手間の削減と将来的な返済額の減額がメリットと考えることが重要です。

安易に毎月の返済額が下がるといった商品の謳い文句は、消費者を陥れる罠とも言えるため、信じないことがポイントです。

キャッシングの様々な申込み方法

キャッシングを利用しようと思った際、申込み方法はどのようなものがあるのか知りたいと思ったこともあるかと思います。以前はキャッシングを行っている店舗へ実際に出向き手続きを行うといったイメージがありましたが、現在では様々な申込み方法が存在しています。
例えばWebから申し込む方法です。キャッシング会社の公式サイトへ行き、入力フォームに必要項目を入力することで申込みが完了するため、時間を選ばずスムーズに行うことが可能です。Webならば24時間受け付けているというところも少なくなく、更に融資までウェブ上で完結できるサービスを行っていることもあります。

ネットが苦手という場合には電話や郵送での申込みも可能です。勿論従来通り来店での申込みも可能なため、自分に合わせた方法を選択すると良いでしょう。キャッシング会社によっては対応していない申込み方法もあるため、事前に確認しておくと安心です。
ちなみにクレジットカードのキャッシングサービスを利用したいけれど、事前にキャッシング利用枠が設定可能なカードに申し込まなかった場合には、インターネット上で申し込むことが可能です。電話や郵送に対応しているクレジットカード会社もあるため、キャッシング同様自分の状況に合わせて選択すると良いでしょう。
キャッシングの申込みは簡単に行えるため、事前に返済計画をしっかり練ってから利用を検討したいものですね。

キャッシングの利息って高いもの?

キャッシングを利用すると、高額な利息を支払わなければいけないというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、利息というのは、利用の仕方によって大きく変わってくるもので、賢い利用法を覚えておけば、意外と少ない利息で済むことになります。

利息を大きく左右するのが、借入金額と完済までの期間です。

金利に関しては、消費者金融の場合は18.0%となっていることが多く、大きな差がないことが殆どです。

それに対して、借入金額と完済までの期間は人によって大きく異なり、支払う利息にも大きな差が出てくることになります。

借入金が多くなればなる程、支払う利息は多く必要になる為、借入をする時には、本当に必要な金額だけを借りるようにすれば、それだけでも利息の節約に繋がります。

更に、借入期間が長くなれば、支払う利息も多くなる為、借りた後は一括返済や繰り上げ返済を利用して、早く返すようにすることで、支払う利息を少なく抑えることができます。

便利だからと、必要以上にお金を借りたり、完済をする前に何度も借入を繰り返していれば、支払う利息が高額になってしまう原因となります。

キャッシングを賢くお得に利用したいなら、支払う利息を少なくする方法を覚えておくことがおすすめです。

最近のキャッシングの本人確認は簡単

消費者金融にしても、銀行カードローンにしても、使えるようにすのなら、必ず審査に通らなければなりません。

この審査は、身元確認はもとより、融資後の返済能力もきちんと全てリサーチするための審査であることは言う間でもありません。

その中で本人確認のステップで抵抗を感じる人も少なくありません。

最近は、プライバシー保護の考え方が浸透しているからかもしれません。

特に消費者金融の受付に行って、確認されることは大変な抵抗なのかもしれません。

運転免許証や健康保険証や収入証明書の提出を求められることもあります。

しかし、その時に体面による提出ではなく、インターネットによる提出も可能なのです。

スマートフォンが普及している今では、それを使っての申請でも可能なので、抵抗は少なくなると思います。

おまとめローンで毎月の心配を最小限に

毎月の生活費や、たまに学費が少し足りず、何枚か持っているカードのキャッシング枠を使ってやりくりしていました。お金はきちんと返済できているのですが、別の会社からいくつも借りている状態だったので、どの日にいくら返済するのか、ちゃんと振り込めてるか、心配になる日々でした。

それに、何度もATMに足を運ぶのも、だんだんと面倒くさくなってきて……。この状態をどうにかできないかと悩んでいたところ、知人がおまとめローンを使ったという話を聞いたんです。何社からも借りて、その都度返済するより、一括借入して、一本にまとめたほうが返済が楽になるという話でした。たしかに、今借りている分をどこか1社のローンで纏めてしまえば、月々の返済はその1社にだけすればいいので、返済の度にATMまで行かなくていいので楽になります。

それに、全体の額は変わらないけれど、1つに纏めるので1社当たりの借入額が大きくなり、その分金利が下がるので、返済総額も少なくなってお得になります。それは良いことを聴いたと早速ネットで各社のおまとめローンについて調べてみました。

私の場合、最大5%も金利が安くなるところが見つかり、そこに借り換えすることにしました。これで今はもう毎月何度もある返済に悩まされず、月一度の返済で済んでいるので、とても満足しています。

カードローンの返済が遅れそうな時にすべきこと

カードローンの返済ができないと分かった時、パニックにならずにまずは金融機関に電話してその旨を伝えて謝りましょう。許してもらえるかは分かりませんが、初めての遅延なら次回返済とまとめて返済することを認めるてくれるかもしれません。一番やってはいけなことは、遅延した翌日にかかってくる電話に出なかったり、しばらくすると督促状が送られて来るのを無視することです。一般的に3ヶ月以上の遅延から信用情報機関にその旨の登録がされます。しかしあまりに悪質だと判断されると、一発でブラックリスト入りされる可能性も否定できないのです。この記録は完済後5年記録されるので、その間一切のローンが組めなくなると覚悟しておいてください。

ブラックリスト入りを避けるには、借金を借金して返済する必要があります。なんだか自転車操業的で聞こえは悪いですが、なんとしてもブラックリスト入りを避ける必要があるのです。借金を借金で返済するには、融資スピードが何より重要です。すでに2,3社から借入ている方は、大手金融機関では借りられない可能性が高いです。ですから即日融資が可能ないわゆる街金を利用するのがベターです。10万円程度しか借りられないでしょうが、その回の返済分だけでも借りられたら十分です。

キャッシングを使うルールを作っている

キャッシングは必要な時は使っています。
アコムやレイクなどの消費者金融は初めて借り入れしてくれた人だけ30日までに返済したら無利子で貸してもらえるので助かっています。
使用用途としては、冠婚葬祭、警察関係の罰金の支払い、税金関係の支払いでよく使います。
キャッシングする時は自分なりのルールを作って借りる方がいいと思います。
例えば、遊びで必要なお金はキャッシングしない。
なぜならクセになるとお金がない時でもキャッシングで出したらいいやと思って、気づいた時に多額になっていたら返せなくなるからです。
あとは金利を払うのは高くて嫌なので次の給料には全額返済することです。
続けてキャッシングしないといけない時は1社に絞って使うことにしています。
その方が返済がわかりやすいからです。

なぜわざわざ本人確認が行われるか

キャッシングでは、必ずと言って良いほど本人確認が行われます。いわゆる身分証明書などは、金融会社に提出する事になるでしょう。殆ど全ての会社で、それが行われていますね。

ところでわざわざ本人確認を行う目的ですが、成り済ましなどを防ぐ為です。別人による申込などが生じると、大変な事態が起こり得るからです。

例えばAさんという方が申込をしてきたとの情報を受信したとします。ところがAさんでなく、全く別のBさんが申込をする事例もあり得るのです。当然それは、大変な事になるでしょう。

上記の本人確認を行う意図は、それを防ぐ為です。本人がきちんと身分証明書を提示しているか否かを確認する訳ですね。金融業者としては、リスク管理などをきちんと行っている訳です。

楽天銀行スーパーローンの2つのメリット

楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答されると宣伝されていますが、実際は混雑の影響などで数日かかってしまう事が多いです。それによりお金を借りる事が出来るのも数日後になってしまうのでデメリットに感じてしまう人も中にはいます。しかし楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになる点もあるので口コミでの評判が高いカードローンです。そこで楽天銀行スーパーローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・ネット上ですべての手続きをする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので店頭窓口などはありません。それにより手続きはすべてネット上で行う事になります。ホームページで申込手続きをして審査が可決されると契約する事が出来ます。借り入れも振込キャッシングを利用する事になるので来店不要でお金を借りる事が出来ます。

・金利が低く設定されている

消費者金融は上限金利が18%と高い設定になっているので返済する時の負担が大きくなってしまいます。しかし楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%で設定されていて消費者金融よりも低くなっています。返済する時も負担が軽減されるのでメリットに感じる人も多いです。

キャッシングにおけるATMのメリットとデメリット

急な出費やお金が足りない場合でも、キャッシングを利用してピンチを乗り越える事が可能です。非常に便利なサービスなので、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。キャッシングの利用を考えた場合にATMは非常に重要な役割を持っています。

現在では日本全国コンビニなどでもATMが利用できる環境が整っていますが、キャッシングを利用する場合はもちろん、返済する場合もATMを利用することができるので非常に便利です。しかしATMにはメリットだけではなく、デメリットもあるので、どのような特徴になっているのかサービス内容を十分に調べた上で、利用することが大切ではないでしょうか。

ATMのメリットを考えると、24時間いつでも利用できることが挙げられます。日中の返済ができない場合や、夜中にお金が必要になった場合でもATMを利用することによって、サービスを受けることが可能です。しかし時間外の場合は手数料が発生してしまう場合があり、そのことを十分に検討して利用する必要があるでしょう。

手数料こそがATMのデメリットになりますが、どのような時に手数料が発生するのか把握した上で利用することをお勧めします。使い方によっては非常に便利なATMなので、ATMの特徴をしっかりと把握してキャッシングを活用していきましょう。