プロミスでキャッシングをする前に押さえておきたい点は?

プロミスは消費者金融の中でもサービス面が一番優れているという声がよく聞かれます。三井住友銀行グループの傘下に入っているのでお金を借りる時の不安もありません。キャッシングをするならプロミスを選ぶという人も多いですが、利用する前に押さえておきたい点もあるので見ていきましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。年収によって多額の借り入れが出来ない事もあるので利用する前に押さえておく必要があります。

またプロミスは毎月1回以上の収入を得ている事が利用条件となっています。該当していないと審査が否決になってしまうので利用する前に押さえておきましょう。

キャッシングのお得な借り方について

キャッシングをしたことがある方もない方も朗報があります。キャッシングを行うにあたり、どうしても金利や遺族と言うものが付き物ではありますが、それを少しでも相殺できるようなお得なキャンペーンやお得なキャッシングの方法があることをご存知でしょうか?

1つは消費者金融が行っているキャンペーンで、「初めての利用の方は最大で90日間金利がかからない」と言うキャンペンを行っている消費者金融からキャッシングを申し込むと言うことが良いとされています。他社でいつでも利用履歴があっても、初めて利用する消費者金融では金利がかからずに借りることができるのです。

そしてもう一つは、消費者金融がポイントサイトなどに広告を載せている場合があり、そのポイントサイトをつたって利用するとポイントがキャッシュバックされると言うキャンペーンを行っています。

私はその方法で3000円分のポイントがキャッシュバックされました。金利がかからずにかつお得に利用するのであればこの2つの方法をぜひ行っていただきたいと思います。

J.Score(ジェイスコア)のスコアレンディングの魅力

スコアレンディングの魅力はAIスコアにより年率・限度額が決まることで、自分にとって最適な借り方が見つかります。J.Score(ジェイスコア)が提供するサービスで、利用者の夢をサポートするために誕生しました。年率は0.9%~12.0%と低く、限度額は10万円~1000万円です。消費者金融で10万円を借りると18.0%の金利になることが多いので、少なくとも6.0%も低金利で借入できるのです。

AIスコアはJ.Scoreの公式サイトで無料診断すればわかりますし、デモスコア体験も用意されています。借入はパソコンやスマホでネット完結できるので、すぐにお金を調達したい場合で有利です。AIスコアがアップすればより好待遇で借入できる可能性があるので、現在の自分にマッチングした利用が実現します。

アイフルのおまとめMAXの特徴や商品概要は

アイフルでは同社のキャッシングサービスの利用経験があり、他社からも借り入れをしている人に対して債務を一本化して返済負担の軽減ができるおまとめMAXというおまとめローンの取り扱いがあります。おまとめMAXの概要や特徴を確認しましょう。

まず貸付条件ですが2018年9月4日時点で融資限度額が最高で800万円まで実質年率が3.0%から17.5%となっています。なおこの商品は貸金業法に基づくおまとめローン商品に該当するため、借入総額が年収の3分の1を超えていても利用できます(総量規制対象外)。

申込方法はアイフルの店舗に来店して相談しながら契約できる他、専用のフリーダイヤルで電話から問い合わせをすることも可能となっています。

金利の低さで選ぶならジェイスコア

少しでも低い金利でお金を借りたいと考えるのであれば、J.Score(ジェイスコア)がおすすめです。ジェイスコアは年率0.8%から12.0%と、銀行系のカードローンよりも更に低い金利が採用されています。

そのため、利息は少しでも少ない方が良い、お得にお金を借りたいと考えるのであればジェイスコアを選んでおいて損がありません。

そんなジェイスコアでは、いくつかの質問に答えることで適用される金利や可能な限度額の上限などを事前に知ることができます。そのため、本当に低い金利で借りることができるかなどの不安を感じず、申込み手続きができると人気になっています。

そんなジェイスコアの金利に興味を持っているのであれば、アカウント作成から始めてみると良いでしょう。

カードローンとはどのようなものか

一言にカードローンといっても具体的にどんなサービスであるのか、と言うことを明確に理解している人というのはそんなに多くないです。では、どのような物であるのか、と言うことですが簡単にいえば決められた限度額までを何度も繰り返し借りる事ができるサービス、と言うことになります。当然、金融サービスです。

例えばカードローンのカードを発行してもらうときに貴方にはいくら万円まで貸すことができます、と言うことが決められます。その範囲内であれば借りて、そして返すということを繰り返す事ができるようになっていますから、いざと言う時にお金をすぐに工面する事が容易になるサービスである、と言えるわけです。これがよい点といえるでしょう。

キャッシングは人間社会に必要なシステムだから存続している

だいぶ以前に格言めいた本を読んでいたら、借金をして奢るタイプの人と付き合ってはいけないと書かれていて、そんなものかなと思ったことがありました。覚えているということは、どこかで意識している言葉だということです。

しかし、それがいざ自分の番になると、格言の通りには行かないものだということも経験しました。急速に親しくなった彼女からせがまれてた夏の旅行計画。先立つものが足りないのでペンディングにしようか迷いました。

断腸の思い出それをすれば間違いなく彼女は去る。悩みに悩んで格言の教えを翻し、キャッシングの審査を申し込むと、即日振り込んでもらえました。すると気持ちにゆとりが出来、もちろん彼女を旅行に連れて行きました。今は上手くいっています。

キャッシングという社会システムが存在するのは、人間に必要だからです。ありがたいものだと思います。

三井住友銀行のカードローンの申し込みと承認

私は以前、三井住友銀行のカードローンの申請とその承認を受けましたが、その時の事をお話しします。まず、私は、インターネットで、三井住友銀行がカードローンの利用の募集をしているのを知りまして、申込をすることにしました。

パソコンの画面から、必要事項を記入いたしまして、申込をしました。すると、翌日、三井住友銀行から連絡がありまして、もう少し、詳しい内容を知りたいとのことでありました。

それと、申込額が、100万円以上でありましたので、所得証明書の代わりになるようなものがないか、尋ねてきました。そこで、私は、行っている事業の請求書のコピーをファックスで送ることにしました。ファックスを受け取った三井住友銀行に職員は、これでOKであると言いまして。

その後、カードローンの借り入れの承認が下りました。私は、喜びまして、そのカードローンのカードが家に届きますと、早速、利用させてもらいました。

アコムとは一番大きい

消費者金融の中で最も大きいとされているのがアコムです。ある意味で老舗であるといえます。しかし、最近では銀行との提携なども行っているので単体としての消費者金融ではないともいえるようになってきてしまっているのですが、それでも色々とメリットがあるところではあります。

無利息期間などもしっかりとありますから、お金を借りる先としてはなかなかお勧めできる要素があるといえのは間違いない部分になりますから、それは覚えておくとよいでしょう。何処で借りるべきであるのか、というのは金利などから考えることです。アコムの場合は決して際立ってよいというわけではないのですが、それでも問題ないレベルではありますから、心配することはないでしょう。

アコムカードの乗り換えに挑戦

国内の大手消費者金融の中で知名度が高いのはアコムですが、三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているので、大手企業ならではの安心感が魅力的ですね。

 筆者がアコムと初めて契約したのは、去年の2月で発行したカードはショッピングにも使える「ACマスターカード」でした。

 カードを発行してから間もなくは、ショッピングにも使えて便利かなと思いましたが、筆者はクレジットカードでショッピングする時はポイントも稼ぐことをモットーにしているため、次第にそのカードは使わなくなりました。

 なぜならば、ショッピングを利用してもポイントが付かない点に嫌気が刺してしまったからです。それが主な理由で、そのカードを先月に解約したばかりです。

 ですが、アコムカードの魅力は、1000円単位で融資を受けることができる点ではないでしょうか。例えば、急にお金を使う用事ができた場合はとても役に立ちます。

 それはさておき、「ACマスターカード」を解約してから、直ぐに「ローンカード」に乗り換えられるのか、検証の意味でポイントサイトを通して申し込みました。

 先ずは、インターネットからWEBで申請をしました。その後間もなくACセンターから連絡が来たので、その後の手続きは翌日に自動契約機に行きその後の手続きを進めました。

 コンタクトセンターとやり取りしている時に聞かれたことは、カードを発行する目的と身近にいる家族の名前を尋ねられたりしました。その他には、免許書・銀行のキャッシュカード・収入証明書の提示と、顔認証が主な内容でした。

 手続きの段階でコンタクトセンターからは、混み合っているので審査にやや時間が掛かりますと言われましたが、審査に要した時間は正味30~40分程度でした。

 コンタクトセンターとやり取りしている時に、以前にACマスターカードを契約していた歴がありますよねと言われたので、以外と審査はスムーズに進みました。

 そして、自動契約機のメリットは、WEB申込でありがちな入力ミスをその場で直せるのです。

 ちなみに、筆者は恥ずかしいながらも氏名のふりがなの入力を間違えていたことに気づきました。

 WEBは、自宅に居ながらでも手続きができるので便利ではありますが、万が一入力ミスがあったりすると、審査に多くの時間を要したりするのです。また、申込みの時に添付する身分証明書などの写りが不鮮明なため審査に時間が掛かってしまうデメリットもあるのです。

 ちなみに、ACマスターカードを解約してから短期間のカードの乗り換えは問題がありませんでした。