キャッシングの初回利用時の利息は決まっている

あなたがあるキャッシング業者を初めて利用する場合には適用される金利が決まっており、それに利用額を乗じた金額が利息になる、と言えばビックリするでしょうか。すべてのキャッシング利用者に当てはまるわけではありませんが、ほとんどに当てはまります。

キャッシング業者が提示する金利には最低金利から最高金利まで幅がありますが、そのキャッシング業者を初めて利用する場合に適用されるのは最高金利であることがほとんどだからです。例えば、金利が5%から18%というキャッシング業者があるとすれば、初めてその業者でキャッシングを利用する場合の金利はほぼ18%になるということです。キャッシングの金額を年率18%に乗じれば支払わなければならない利息額は計算できるのです。

銀行カードローンを利用してお金を借りる理由は?

銀行カードローンは審査回答が遅いので即日融資を受けるのが難しい事が多いです。即日融資を受けたい人は不都合になってしまいますが、それでも銀行カードローンを利用する人は多いです。そこでなぜ銀行カードローンを利用してお金を借りるのか理由を見ていく事にしましょう。

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されているので借り入れした時に利息が多く加算されてしまいます。特に多額の借り入れをした時は返済するのが大変になってしまいます。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されているので加算される利息が少なくなります。返済する時に大変になるリスクを回避する事が出来るので銀行カードローンを利用してお金を借りる人が多いです。

バカには出来ない最低借入額とATM利用手数料!

カードローンは、銀行ATMや消費者金融の専用ATMのほか、コンビニATMでも利用が可能です。そのため、日本全国どこでも借り入れや返済ができ、出張先や旅行先で手元に現金が無いという場合でも安心して利用が可能です。しかし、カードローンを契約する際には、借入時の最低借入額とATM利用手数料に注意が必要です。

例えば、必要以上の借入額となると無駄な利息が発生し、負担が増えてしまいます。また、ATMも同様であり、1000円単位での借り入れとなると手数料に無駄を感じてしまうこともあります。そのため、カードローンを契約する際は、最低借入額が1000円単位であること、ATM利用手数料が無料であるということに注目するのがおすすめです。1000円単位の借り入れであれば、必要以上に利息を払う必要がなく、ATM利用手数料が無料であれば少額の借り入れを気にする必要がありません。

カードローンはどれが良いのか

カードローン利用を検討した時に、どのカードローンが良いのかということは多くの人が悩むポイントかと思います。なにせたくさんのカードローンがありますから、初めての場合悩まれるのも無理はないと考えられるのではないでしょうか。ですのでこれからカードローンを選ぶ時に役に立つアドバイスをしていきたいと思います。

カードローンを選ぶ時には、特徴を比較すると選びやすいです。利息の安さを重視するのか、審査の速さを重視するのか、きっと人によって重視するポイントは異なります。特徴をそれぞれ比較していくことで、自分が重視するポイントをおさえているカードローンを選び出すことができるでしょう。この方法であれば難しいことは何もありませんし、どなたも例え初めてであったとしてもとても簡単にカードローン選びができると言えるのではないでしょうか。

多くの人たちにとってこれらのことが参考になり、良いカードローン選びができれば幸いです。

プロミスは最短即日でお金を借りられる

キャッシングは慣れていない人でも非常に簡単に手続きができるので多くの人が気軽に利用しています。誰でもすぐにお金を借りれるのですが、きちんと複数の業者の特色を比較してから申し込んだ方が無難です。消費者金融から融資を受ける時にはお金を手にするまで数日ほどかかります。

急にお金が必要になった時になるべく時間をかけずにキャッシングをしたい人はプロミスを利用するといいです。プロミスは最短即日でお金を借りられるのが大きなメリットです。また、消費者金融はよくキャンペーンをしているのでお得に借りられるチャンスはないか調べた方がいいです。

キャッシングを賢く活用すれば、生活がしやすくなるので積極的に利用するべきです。

プロミスのおとくらぶでお得にキャッシング

大手消費者金融であるプロミスには実はキャッシング以外にも利用することで得られる特典があります。それは「おとくらぶ」というもので、特別年会費などかからずに利用することができ、ピザーラやドミノピザ、ナポリの窯などの飲食店が割引価格で食べれたり、お台場の大江戸温泉やよみうりランド、第一ホテル東京シーフォートなども割引価格で利用することができるとてもお得な特典になっています。

おとくらぶはプロミス会員なら誰でも利用することができ、登録方法も簡単で公式サイトからIDを入力してログインしたら、おとくらぶの新規登録から手続きを進めるだけですぐに利用することができます。ただし前回の借り入れから半年以上経っている場合などは再度利用するまでは特典を受けられなかったりもするので確認が必要です。

総量規制に引っ掛かって借りられないときには銀行カードローンを

どうしてもお金が必要になったという場合、その金額が比較的少額であるならば消費者金融のキャッシングは借入先として最も便利です。即日融資を受けられるというのが消費者金融のキャッシングのウリとなっており、そのウリ通りにその日のうちにお金を借りることができるからです。

ただし、消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りようとするときには総量規制による貸付制限に注意をしておく必要があります。総量規制による貸付制限は消費者金融や信販会社、クレジット会社からの借入時に適用されますが、総量規制が適用される借り入れでは最大でも年収の三分の一までしかお金を借りることができない決まりになっているからです。

そのため、自分の年収の三分の一を超える金額を借りたいと思ったときには、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込んだほうがいいかもしれません。

即日や小額融資でフリーターの人が陥りやすい罠

フリーターの人ですと、収入が基本敵意安定的ではありませんので、ちょっと働く時間が減ってしまうと

収入が減ってしまうような危険性というのも大きいと思います。

そんな方が、光熱費や生活費のために小額融資や即日融資を利用すると結構危ないものです。

フリーター方が月に手に入れられる収入は10万円台くらいがやっとといった感じです。

そこからの支出を考えるとほとんどお金は残らないでしょう。

そこに基本的な生活に必要なお金をとられるとなるとどうなるでしょう? 慢性的に

収益構造が赤字になりやすい環境が出来やすくなるのです。

そうなると、やはり普段の収入と支出から考えるとかなり返済が厳しい環境におかれやすいと思います。

ですので、生活費や光熱費に困ったときには、徹底的に節約してキャッシングしないようにしましょう。

おまとめローンに積極的なところとは?

おまとめローンとなると、かなり借金がいっぱいになっているレベルですが、積極的に手を出すところも結構あります。

例えば地方銀行です。地方銀行は大手の銀行に顧客を取られている傾向がありますから、

おまとめローンとなると、大手ではおまとめできなかった人を拾えるチャンスでもありますから、おまとめローンを利用するチャンスではあります。

消費者金融も意外に積極的で、顧客が増えるチャンスでありますから審査は意外に甘くなっているといえます。

消費者金融も、近年おまとめローン専門のサービスを展開するなど、結構積極的な部分からもうかがえるでしょう。

その他にもネット銀行もおまとめローンには積極的です。ネット銀行は新興が多いですから、顧客獲得に積極性を発揮しているのです。

プロミスの新規の契約者に対してのサービスが増えました!

プロミスと新規に契約を行うと、30日間の無利息サービスが受けられるのは有名ですが、それに加えて最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドカードのプレゼントが始まりました。

この三井住友VISAプリペイドカードとは、残高の分だけクレジットカードと同様に利用できるプリペイドカードです。チャージが行えるので、残高使い切ってしまってもカード自体はそのまま利用できます。

最初に1,000円がチャージされたカードがプレゼントされ、そして、このカードをプロミスの振込キャッシングの振込先(借り入れがチャージになります)として指定すると、更に1,000円分のチャーンが無料で受けられ、合計2,000円分となります。

既にプロミスと契約をしている人も、2017年5月以降の契約者に限り、契約日から2ヶ月以内であれば会員サイトから申込みを行うと、同様にこのプレゼントを受けることができます。対象の方は急いで申込みを行って是非このカードをもらってください。