楽天銀行の不動産担保ローンについて

まとまったお金をお得に借りることができる手段として、使用していない不動産を有している人におすすめしたいのが不動産担保ローンとなります。

不動産担保ローンは審査に多くの時間を要したり、審査書類の準備などが面倒な上に審査が通りにくいというイメージを持つ人も少なくないのかもしれませんが、楽天銀行の不動産担保ローンならば、インターネットから手軽に申し込みができますし、比較的審査も早く通りやすいローンとなっているので、新規申し込みはもちろん、他社から借り入れがある人の借り換えローンとしてもおすすめができます。

楽天銀行の不動産担保ローンは、5年毎に見直しがある固定制の金利システムとなっていて、2016年10月現在の金利は年3.54%?9.44%と業界最安水準となっています。

また利用限度額についても100万円から3000万円までと非常に高額な借入にも対応しているので、巨額の資金が必要になった時にはぜひ利用することをおすすめします。

自損事故の痛い出費にキャッシングを利用

先日、車をぶつけてしまいました。

幸い自損事故だったので、自分の車の修理代だけで済んで良かったです。

しかし、自動車保険は、新車で購入したので車両保険には入っていましたが、免責5万円。

微妙に5万円足らずで、自己負担になる金額でした。

ちょうど友人の結婚式が2件続いて、寿貧乏な状態でもあり、キャッシングを利用することにしました。

キャッシングのシステムや利息については、既にキャッシング経験のある友人に聞いていました。

念の為、ネットのキャッシング比較サイトも見てみましたが、友人の情報通りだったので、アコムの無人契約機にて申し込みをしました。

予想通り、スムーズに手続きが完了し、即日融資してもらえることになりました。

車の修理代もすぐに支払えて、あとは借りたお金を返すだけです。

カードローンなのでコンビニから支払えるし、最低支払い額は決まっていますが上限はないので、給料日には返済が完了しました。

支払いが完了してもカード自体は持っていて良いので、突然の急な出費に備えて、大事に保管しておこうと思います。

友人からのアドバイスが無ければ、カードローンやキャッシングという言葉を不安に思っていたかもしれませんが、意外と気軽に借りたり返したり出来るので、便利でした。

プロミスのレディースキャッシングの特徴

日本を代表する消費者金融の一社であるプロミスは、男性はもちろん、女性にも優しいキャッシング商品の取扱をしており、初めてキャッシングを利用しようとしている女性でも安心して利用できる「レディースキャッシング」という商品があります。このレディースキャッシングの特徴について詳しく解説します。

・女性専用ダイヤルの利用が可能

女性オペレーターが応対をしてくれる専用のフリーダイヤルが設けられているのが、レディースキャッシングの一番の特徴となっています。専任の女性スタッフに相談しながら申し込みができる仕組みとなっているのです。

・パートやアルバイト、学生でも申込可能

20歳上69歳以下で安定した収入がさえあれば、申し込みが可能となっています。もちろんパートをしている主婦やアルバイトをしている学生でも申込可能です。

・使いやすい金利設定

レディースキャッシングの金利は最大でも年17.8%となっています。一般的な消費者金融のキャッシング商品の最大金利は18.0%なので、お得にキャッシングができるのです。

即日融資のサービスの質

昔は即日融資といっても、そこそこの時間がかかったことが多かったです。もちろん、即日を謳っている以上はその日の内に貸してくれるのであれば、問題なく審査がされるわけですが、それでも何時間かかかったことも多くありました。

しかし、最近では即日サービスの質が高くなっていることもあり、本当に数十分を、下手をすると30分以内に合否が出ることがあります。

いくつかの理由がありますが、実は住所の調べ方による速度アップもありました。

これは今住んでいる住所、会社の場所などを調べる必要があるわけですが、これを簡単にできるようになったからです。

それこそ、インターネットで簡単に確認できるので極めて楽ができるようになったのは確かです。

昔は地図帳で確認していたほどですが、現在はすぐに現在の情報を見ることができます。

それでいくらか情報を確認できるようになりました。端的にいってしまうと調べるためのツールができたので審査の為の時間が短縮できるようになったわけです。

とにかく、個人の貸し付けとはいえ、即日に融資をする、というのはなかなか難しい判断を求められることが多いですが、業界の過当競争によってサービスの質はどんどんよくなっているといえます。

審査はそれほど甘くない

消費者金融は大手のアコムやプロミスなどが有名ですが中には中小企業の消費者金融もあります。大手よりもサービスの充実度という点では見劣りしてしまいますが、審査にかかる時間や厳しさなどは実際どうなのでしょうか?

中小企業の消費者金融の審査は担当者がするのですが、融資の可否を最終的に決めるのは店長です。担当者が審査してその情報を店長に伝えて店長が判断するという形になります。そのため大手の消費者金融より審査が甘そうだなと感じてしまう事もありますが審査に落ちてしまう可能性も十分あります。

審査の前に収入なし、他社から年収の3分の1以上の金額を借入、専業主婦などに該当している人は申し込みが不可となっていますので当然審査を受ける事は出来ません。次にパートやアルバイトの人で働いている日数が10日以下の場合は申し込み可能でも安定した注入があるとは言えないので返済能力に疑問を持たれてしまって審査で落とされてしまう可能性が高いです。

これだけを見ると大手消費者金融とそれほど変わらないような気もします。中小企業の消費者金融でもお金を貸すという事には変わらないので審査もそれほど甘くはありません。そのためいい加減な気持ちで中小企業の消費者金融に申し込む事だけは控えましょう。

金利のかからないキャッシングがある

株価が上がった、景気指数が上がったと言われてもそんな実感ができる人はそんなにおらず、ボーナスが出ないという企業もかなりの数があるという昨今ですから、多くの人がカツカツの家計でやりくりをしています。

急に結婚式があったり、また年末年始など出費がかさむ時期にはとても困ることがあります。

そんなとき、カードローンのキャッシング、という手もあります。

実は消費者金融などで、多くの会社で一ヶ月間金利が無料のキャッシングができるようになっています。

もちろん、引き続き利用者を増やすためのキャンペーンの側面が強いので、金利無料は初回利用に限る、ということがほとんどなのですが、それでも一ヶ月金利がかからないなら次の給料日がちゃんとあるのなら、そこまでしのげればいいのですから簡単です。また企業によっては半年近く金利が無料ということもあり、いまも危ないがこの先の時期にも危ない時期があるという場合は、長期的に考えて多めに借りるという選択肢もあります。

ただ、期間がすぎれば金利はかかりますし、手元にお金があると使ってしまうという人はやはりそういうやり方は危ないので、ちゃんと使い方を考えられる人だという自覚がある場合に有効です。

キャッシングは一人暮らしより実家に住んでいる方が審査に通りやすい?

キャッシングの審査で持ち家か?賃貸か?というのが1つ重要になるというのは知っているかもしれませんが、賃貸と持ち家ということ以外で両親の実家に住んでいるというパターンもあると思います。多くの場合は未婚者になると思いますが、今は働いていても実家に住む人は多いので珍しくないです。

そして、この実家に住んでいるというパターンは賃貸に住んでいるケースよりも審査に通りやすくなる可能性があります。それは単純な理由で、実家に住んでいる方がお金がかからないということが言えます。まず家賃がかかりません。これがとても大きいです。あとはケースバイケースで、食費やガス、水道、光熱費や通信費などもかからないケースがあるかもしれません。通常であれば、実家に住んでいる方がお金がかからないので、借りたお金を返しやすいのではないか?という理屈になるのです。

また、実家に住んでいれば、両親との関係も良いでしょうから、もしものときには両親からもお金を出してもらえるのではないか?と思われるというのもあるでしょう。したがって、実家に住んでいる人の方がキャッシング会社の人間としては、貸しやすい条件と言えると思いますし、安心して貸せる相手になるのです。

無人コーナーに行ったはずが?

当時私はプロミスからお金を借入していました。ある日の仕事帰りのこと私は少しお金に余裕が出来たので家に帰る前にプロミスの無人契約コーナーに行ってお金を返すことにしました。

普段は毎月1回の銀行口座からの引き落としだし、最初にプロミスと契約した時に使った契約コーナーと帰り道の方向にあるの契約コーナーは違っていたので私が今までそこを使った事はありませんでした。帰り道確かこの辺りにお店があったよな。という場所に向かいました。

いつもの帰り道とは違うので少し遠回りをして行く事になります。が、確かこの辺りにあるよなと思い辺りを見回してもプロミスの店舗も看板もありません。私はどういうことか分からなくなり急いで自分のスマートフォンを取り出してプロミスのサイトに行き店舗一覧表を見ました。

すると私の記憶にあったはずのプロミスの契約コーナーは一覧表にありませんでした。画面をスクロールしたら「閉鎖店舗の紹介」のお知らせがありました。それをクリックしたら、私の目の前にあるはずの店舗の住所が書いてありました。私は結局そのまま夜道を帰りました。休みの日にでも駅前の契約コーナーでも行こうかとか思いましたが面倒だと思ってそのままにしました

学生がキャッシングで借りられるのはいくらくらい?

大学生でもキャッシングを利用することはできます。

学費や就活費用では一気にまとまった金額が必要となってきますので、キャッシングを利用することを検討している学生も多いのではないでしょうか。

20歳以上で、アルバイトや派遣社員等で定期的な収入を得ていればキャッシングを利用することは可能ですが、その借入額には限度があります。

まずは「総量規制」。これは「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という貸金業法で決められた仕組みです。そのためアルバイトで年に150万円稼いでいたとしても、50万円以上借りるのは法律的に無理です。

しかしかといって50万円を貸してくれるかというと、そういうわけではありません。なぜなら学生には「きちんと貸したお金を返してくれる」という信頼が薄いからです。もしかしたら逃げられるかもしれない、滞納されるかもしれない、ということでキャッシング業者もお金を貸すことに慎重になっています。

そのため年収150万円だったとしても、学生であれば30万円ほどしか借りられないというのが現状かもしれません。例外として学生でも初回から50万円などまとまった金額を借りることができるキャッシング業者もあるそうですが、違法な金利を要求されたりと、怪しい業者が多いので、そうした業者でのキャッシング利用は控えるようにしましょう。

キャッシングを利用したい学生が抑えておきたい2つポイント

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。答えから言うと、できます。しかし、キャッシングはいわゆる無担保ローンのため、ある一定の条件がないと学生は利用することができません。では、キャッシングを利用したい学生が抑えておきたいのはどんなポイントなんでしょうか。

まず、大切なのは年齢です。年齢は20歳以上であることです。日本の場合には20歳以上が成年となるからです。ですので、大学生でも18歳などの場合には借りることができません。しかし、親の同意書があれば、未成年でも借り入れることができます。

もうひとつのポイントは、収入です。学生といえども、収入がないとキャッシングを利用することはできません。もちろん、学生なので正社員として働くことはできません。しかし、アルバイトやパートでもいいので、安定した収入を得ているのであれば、借り入れることができます。とはいえ、キャッシングには総量規制があります。総量規制とは年収の三分の一を超えるお金を貸し出すことはできないという規制です。そのため、年収によってキャッシングを利用できる限度額が決まってくるわけです。ですので、自分の年収に応じて、借入額の限度を判断し、申し込みをすることが大切です。

このように、学生でも上記の2つのポイントを抑えているとキャッシングを利用することが可能です。ぜひ、学生だからとあきらめないで、自分の状況が条件にかなうのであれば、申し込んでみてください。